会社員トレーナーから独立して7年間で学んだこと①

スクリーンショット 2016-08-21 9.16.56

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

最近気づいたことですが、会社員のトレーナーから独立をして丸7年が経過していました。

7年を日数で換算すると2,555日(1年365日換算です)かなり長いですよね。

でも、振り返るとあっという間だったなと言うのが正直な感想です。

(僕の経歴はこちらをご覧ください。)

1年目と2年目、3年目、会社を設立してからでそれぞれ色々なことを学び、色々な事を感じました。

今日は独立してから7年間で学んだことをシェアさせてもらいたいと思います!

独立当初は危機的な状況でした。。。

TOTAL Workoutでの約7年のキャリアを終えて、2009年の8月にいざ、独立をしたわけなのですが、この話をすると読者さんの中には、

『どんな準備をしたんだろう?安藤さんのことだから、しっかりと準備したんだろうな。』

と思って下さっている方もいると思います。

実は、ほとんど準備をしていませんでした。。。(苦笑)

なんせ、クライアントに退職することを伝えるときに、

「僕、なんとなくやれそうな気がするんですよね。根拠は無いんですけど。笑」

って言ってましたから。

経営者のクライアントからも『それなら、大丈夫!』なんて言われたので、なぜか安心していました。

全く準備をしていなかったかというとウソになります。

会社を辞めようと考え始めた時に、それまで社内で行われていることしか知らなかったので、「外を知ろう!」と思って、講習会に頻繁に行くようにはなりました。

でも、この講習会というのは、トレーニング技術やトレーニングメソッドの勉強会で、ビジネスの勉強会ではありませんでした。

それと、一応「会社を辞めようと思った時に読む本」みたいなものを読んで、6ヵ月間収入が無くても生活できる貯金だけしていた状況でした。

想像しているよりもずっと早くお金は無くなっていく。。。

6ヵ月間収入が無くても生活できる貯金をしていましたが、予定通りに進まないのが人生です。

整体師の資格を取りに行ったり、セミナーに参加したり、繋がりを作るために交流会に出かけたりとどんどんお金が出て行きました。

会社員時代の顧客を引きぬくことはせず、顧客ゼロから集客を始めたので、少しずつクライアントが増えてもなかなか収入は安定しませんでした。

おまけに、税金の支払など、独立前に考えていた1ヶ月の支出の額よりも遥かに多い金額が出ていき、みるみるうちに貯金がなくなってしまいました。。。

僕を救った2つの言葉

貯金がどんどん無くなると人間ってネガティブになるんですよね。

僕自身もだんだんと「あれ、これ結構ヤバイかも。。。」って心境になってきていました。

そんなときに、通っていた『てあて整体スクール』あら木先生から売れている整体師になる秘訣を聞きました。

その秘訣とは、

売れてる整体師のように振る舞うこと

でした。

その当時、右も左も分からない状態だったので、とりあえずあら木先生の教えを守ろうと思いました。

まず、売れてるパーソナルトレーナーさんを片っ端から検索して、そのトレーナーさんがどんなことをしているかを研究しました。

その後で、自分がなりたいと思ったパーソナルトレーナーさんのマネをするようにしました!

これで、状況は少しずつ良くなっていったのですが、まだまだ苦しい状態でした。

そんなある日、実家の母と電話で話すことがありました。

その時は、すでに貯金残高はかなり減り、いよいよ来月の生活費を心配するくらいになっていました。

そんな時に母から、

『あんた、やってダメなら名古屋に戻ってきたらいいやん!』

って言われたのです。

この時に「ありがたい」という気持ちよりも、「情けない。。。」という気持ちでいっぱいでした。

「親にこんなにも心配をかけている自分が情けない。。。」という気持ちが、僕の中のなにかに火をつけました!

今思えば、この時が『覚悟』が決まった瞬間だったと思います。

がむしゃらにやれることは全てやりました

その母の電話の後から、今、自分がやれることは全部やりました。

自分のことを再度見つめなおすこと
Blogを朝晩の2回毎日更新すること
毎週のメルマガ発行を発行すること
パーソナルトレーニングを知ってもらうためのオフラインの活動をすること

などなど、一旦やってみて、うまくいかないことは、上手くいっている人からアドバイスを貰い、すぐに実行しました。

その時には、通帳を見て、貯金額の心配をしている自分はもういませんでした。

とにかく今、自分がやれることを全部がむしゃらにやる。

上手くやろうとか、これをやると得できるかな?とかも考えずに、大量に行動することだけをしていました。

そんな風にがむしゃらにやっていたら、年が明けたら、驚くほどのトレーニングの問い合わせを頂き、あっという間に予約がいっぱいになったのです。

調べることも大切だけど、行動こそが最強!

今の時代は、何でも検索できる時代で、出来るだけ少ない労力で、最大限の結果を得ることが良いとされる時代です。

でも、ほとんどの人が最初は泥臭く、がむしゃらに仕事をしていた時期があるものです。

僕自身もそうでした。

今の僕を見て、「安藤さんの様に上手く出来ない。。。」という意見をもらうこともあります。

僕も初めから上手く出来たわけではありません。

独立を甘く考えて、楽観視していたし、危機的状況が来るまで、自分の出来る範囲の行動しかしていませんでした。

あら木先生と母の言葉で『覚悟』が決まり、失敗を恐れず、がむしゃらに大量に行動をすることが出来たから、今があると思っています。

まずは、覚悟を決めて、目の前の事に臨む!

これがスゴく重要だと考えています。

1つの記事で全て書こうと思ったのですが。長くなりそうなので、シリーズ物で書いていきますね!

会社員トレーナーから独立して7年間で学んだこと②

2016.08.26
LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
スクリーンショット 2016-08-21 9.16.56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。