ダイエットに効く運動ってなんですか?

diet-exercise

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

色々な方にお会いして、自分の仕事がパーソナルトレーナーであることをお伝えすると、必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

その質問は、

『ダイエットしたいんですけど、1番効く運動ってなんですか?』

という質問です。

このような質問を頂く場合には、まず身体を引き締めるには、運動よりも食事が重要であるということをご説明します。

また場合によっては、ダイエットの言葉の意味もお話します。

ダイエットとシェイプアップって何が違うの?

2013.07.24

その上で、どんな運動をするのが良いかという僕の考えを改めてお話するようにしています。

『体脂肪を落とすなら、有酸素運動でしょ?』

『いやいや、筋トレでしょ?』

『違うよ!筋トレと有酸素を両方やらないといけないでしょ!』

などなど色々な考え方があると思いますが、このような質問を頂いた場合の僕の回答を今日はご紹介したいと思います!

ダイエットに1番効く運動の答え

初めにこの質問の僕の答えをお話すると

『1番効く運動は人それぞれ違うので、どれが1番いいかは、今は分からない』

です。

『はっ?』

って思った方、多いですよね?

でも、これが答えです。

「脂肪燃焼には有酸素運動が良い」とか、「スタイルを良くしたいならヨガやピラティスが良い」とか運動に関する色々な情報を聞くと思います。

それも間違いではありませんし、運動することは非常に良いと僕も考えています。

ですが、運動を取り入れて、身体を引き締めることに成功するには、どの運動をするかよりも、もっと大切なことがあるんです。

どの運動をするかよりも、もっと大切なこと

運動を取り入れて、身体を引き締めることに成功するのに最も大切なことは、

その運動をずっと続ける事が出来る!

かどうかです。

運動を始めて挫折をしてしまう人の多くは、先ほどお話した「◯◯をするにはこの運動」という情報を聞いて、運動を始めます。

これもキッカケとしては悪くないのですが、始めてみて、あまり好きでないと続きません。

運動で身体に変化を起こそうと思ったら、ある程度の期間が必要になります。

そのため、その運動が大好きとは言わないまでも、ある程度続けられるくらいの好き、もしくは面白いなどの感情が必要だと考えています。

最も大切なことは、その運動を継続して行うことなのですから。

筋トレと食事改善よりもヨガで痩せたクライアント

ダイエット目的でいらっしゃったクライアントが、筋トレと食事の改善で肉体改造を始めました。

トレーニングを始めて、痩せ始めたのですが、なかなか思ったペースで体重を落とすことが出来ませんでした。

そんな時、たまたま友人の紹介でヨガを始めたら、ヨガにハマって、筋トレと食事改善だけをしていた時よりもずっと早いペースで身体が締まっていきました。

お話をお聞きすると、「ヨガをすることで、食事を変えた事の効果を感じる事が出来るようになりました!」とおっしゃっていました。

このクライアントには、筋トレも必要でしたが、自分の身体に向き合う事も必要だったのです。

筋トレだと意識が外(鏡に写っている自分)に向いてしまっていたのですが、ヨガをするときは鏡よりも自分の中に集中が出来るそうです。

このクライアントは自分の理想の体型を手に入れたので、今は、食事は自由にされていますが、週1回の筋トレと週2〜3回のヨガで体型を維持されています。

何が合うかはやってみないと分からない。

このように再現性が高く、効果がある運動をすることだけが、身体を引き締めるために良い運動とは言い切れません。

食べ物に好みがあるように、運動にも好みがあります。

その好みが分かって、続ける事が出来るどうかが重要になります。

 

その好みを知るには、まず実際に体験してみるしかありません。

その人の好みが分からない状態で、『この運動をすると絶対痩せますよ!』とは言えません。

そのため、僕は、『1番効く運動は人それぞれ違うので、どれが1番いいかは、今は分からない』とお応えしているのです。

継続は力なり。

自分に合った運動を見つけて、それをぜひ続けてみてください!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
diet-exercise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。