体重を落としたいなら、まずこれをチェック!

問診票

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤です。

このところ、『体重を落としたいです。。。』という質問を何度か受けます。

体重を落としたいなら、まず初めにこれをチェックしてください!ということを今日はお話したいと思います。

体重を落としたいなら、運動するより食生活を改善するのが最も有効です。

そのため、チェック項目は食事になります。

チェックする項目はこの3つ!

食事のチェックポイントは主に以下の3つです。

 

1.食事の量(どのくらい食べているのか?)

2.食事の質(何を食べているのか?)

3.食事のタイミング(いつ食べているのか?)

 

食事の量、質、タイミングの中のどこに問題があるかをまずは把握することがスタートになります!

まず、1番初めに改善するのは、食事の量

食事の量(どのくらい食べているのか?)、食事の質(何を食べているのか?)、食事のタイミング(いつ食べているのか?)を把握してもらったら、まず改善したいのは、食事の量です。

いくら良いものを食べていたとしても、そもそも食べ過ぎていたら、体重は落ちません!

 

『体重が落ちない 。。。』と言われる方の多くは、食べ過ぎている場合が非常に多いです。

この際の食べ過ぎとは、周りの人と比べてどうかということよりも、自分のお腹の具合はどのくらいの割合なのかを自覚することが重要になります。

腹八分目で食べていたらいいのですが、お腹いっぱい食べているという方は、量を減らす必要がありますし、『どのくらいの割合食べたか分からない。』という方は、まずは自分の感覚を取り戻す必要があります。

次は食事の質

食事の量が腹八分目で適度にコントロール出来るようになったら、次は食事の質を改善していきます。

量と同様に「何を食べているのか?」という部分に意外と意識が向いていない人が、初めてトレーニングにいらっしゃるクライアントを含め、非常に多いと感じています。

 

例えば、『野菜を食べていれば、ヘルシー』という考え方がその1つです。

色々な見方があるのですが、体重を落とすということを目的と考えると野菜は「糖質」になります。

つまり、ごはんやパン、麺類と言った炭水化物と同じ栄養のカテゴリーに入るのです。

野菜はご飯などの主食類に比べれば、糖質は少ないですが、沢山食べれば糖質を沢山摂取していることになります。

 

こうした一般的なイメージを変えることも僕達トレーナーの役割の1つです。

そして、糖質の量を減らして、たんぱく質を摂る量を増やすことが体重を落とすことの最も近道になります。

最後は食事のタイミング

食事の量、質が改善できると、この時点でかなり体重は落ちているはずなのですが、更に改善をするなら、食べるタイミングを見てみるのが良いと思います。

なぜ、食事のタイミングが最後かというと変化させることが非常に難しい要素だからです。

食事のタイミングを変えるということは、ライフスタイルを変えることになる可能性が非常に高いです。

 

仕事上、夜遅く食事になってしまう人に、「夜遅く食べるのはやめましょう。」はイコール仕事を辞めましょう。と言っていることに近いです。

どうしてもタイミングを変えることが難しい場合は、先程の量と質の改善に力を入れて下さい。

 

そうは言っても、夜遅く食べていれば、BMAL1というホルモンの働きにより、朝や昼より脂肪はつきやすくなります。

また、食べる間隔が短い人は、血糖値が上がったままなので、同様に脂肪がつきやすくなります。(食事の間隔は最低4時間は空けたいです)

それを知った上で、ライフサイクルを見ながら、改善点を探して頂ければと思います。

1番大切な事は、自覚すること。

ここまで、チェックポイントを3つご説明してきたのですが、最も大切な事は、自分の食生活がどうなっているかを本人が自覚することです。

健康的な食事をしていても、体重を落とすという観点から見ると結果のでない食生活をしている方は少なくありません。

 

健康的の定義にもよりますが、僕は健康的な食生活と体重を落とす食生活は同じではありません。

体重を落とすには、体重を落とすための考え方を取り入れた食生活しなくてはなりません。

そのことを自分自身が自覚しないとどれだけ周りがアドバイスをしても、身体は変わりません。

 

そのためには、評価する基準が必要になるので、その基準として、

1.食事の量(どのくらい食べているのか?)

2.食事の質(何を食べているのか?)

3.食事のタイミング(いつ食べているのか?)

という観点でご自身の食生活を見なおしてみてはいかがでしょうか?

     
問診票

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。