ダイエッターが陥る7つの間違いを検証しました!

diet-check

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先日こんな記事を見つけました。
痩せない理由はこれだった!ダイエッターが陥る7つの間違い

こちらの記事の元々はこちらの海外サイトということです。
参考:7 Diet Mistakes Sabotaging Your Weight Loss

1:タンパク質不足の朝食
2:間食をする
3:アルコールのカロリーを忘れる
4:ランチはサラダ
5:夜は炭水化物を抜く
6:”悪い”食品を避ける
7:次々に目新しいダイエット法を試す

いくつ当てはまりましたか?

それぞれを検証していきたいと思います!

1:タンパク質不足の朝食

これは多くのダイエッターに当てはまっている!

『野菜を食べていればヘルシー』と思っている方が多いので、朝はスムージーだけというかたも多くいらっしゃると思います。
それが間違いだというのは、こちらのBlogでもお話しました。
1日分の野菜が摂れるという野菜ジュースのウソ。

タンパク質には体温を上昇させる作用があるので、特に冷え性がある方などは、野菜よりもタンパク質を食べるのがオススメです。

僕のオススメは、『ゆでたまご』です。

ゆでたまごは手軽に取れるタンパク質元として、非常に優秀です!

2:間食をする

これはダイエッターによって当てはまる、当てはまらないが変わります!

というのは、間食は朝食をしっかりと摂っていれば、あまり必要ないと考えているからです。
細かく分食したほうが良いという意見もありますが、そうした方法を考える前に、メインの3食の食事の質と量をいかにコントロールするかのほうが重要です!

それが出来てから間食の事を考えてもダイエットは十分成功します!

3:アルコールのカロリーを忘れる

これは多くのダイエッターに当てはまっている!

アルコールだけに限らず、飲み物の中にもカロリーがあることを忘れている人は多いようです。

『あんまり食べていないんです。でも体重が増えて。。。』

という方の多くは、間食をしているか、飲み物で過剰な糖質やカロリーを摂取している場合が少なくありません。

4:ランチはサラダ

これは多くのダイエッターに当てはまっている!

ご紹介した記事では、野菜がヘルシーでもサラダに入っているクルトン、ベーコン、大量のチーズ、クリーム系ドレッシングなどによって、カロリーが増え、ダイエットが成功しないと書かれています。

記事内の内容もそうですし、カロリーではなく栄養素の観点で見ると野菜は『糖質』なので、糖質を沢山摂取することになります。

更に言うと、サラダをヘルシーだと思って食べているダイエッターの多くは、1日に必要なタンパク質が足りていないので、カロリーの観点だけでなく、栄養素の観点から見ても結果が出にくいです。

5:夜は炭水化物を抜く

これはダイエッターによって当てはまる、当てはまらないが変わります!

こちらはダイエッターによると思います。
先程の野菜の話と繋がってきますが、人は知らず知らずのうちに炭水化物を多く摂取しています。

もし、夕食の前に1日の必要な炭水化物が摂取できているのなら、炭水化物を夜に抜くことは問題ないと思います。

記事ではカロリーについて書かれていますが、炭水化物は余れば脂肪になってしまうので、夜の炭水化物は控え目がオススメです!

6:”悪い”食品を避ける

これはダイエッターによって当てはまる、当てはまらないが変わります!

こちらもダイエッターによると思います。

その人の性格にもよりますし、ダイエット中であれば、そのダイエットをどのくらいの期間で達成したいかによっても変わってきます。

ご褒美として、ダイエットの時には食べらないほうが良い物を食べるとのは、ダイエットを継続したり、引き締まった身体を維持するために必要だと考えています。

だからといって、どの人もこの方法が当てはまるとは限りません。

多くのダイエッターはダイエット後の食事方法について悩んでいますし、これは食べてもいいよと言われると量のコントロールが聞かない人も多くいらっしゃいます。

そうした気持ちとうまく付き合うために、『ダイエット中には向かない自分の好きなもの』をうまく活用する方法を学んでいきたいですね!

7:次々に目新しいダイエット法を試す

これは多くのダイエッターに当てはまっている!

これはダイエットに限らないと思いますが、多くの方が今の方法より結果が出る方法があると聞くと、その方法を試してしまいがちです。

受験勉強でよく言われていますが、参考書をたくさん買う人より、1つの参考書を何度も繰り返しやっている人の方が、受験においては効果が高い場合が多いですよね?

それと同じで、ダイエットも一度やると決めた方法はある程度の期間をスタート時に設定して、その期間は何がなんでもやり切る事が重要になってきます!

 

いかがだったでしょうか?

頷いている方もそうでないかたもどちらもいらっしゃったのではないでしょうか?

 

パーソナルトレーニングを希望される方の多くが、ダイエッターの方々と同じで身体の引き締めや体重減少を目的としています。

クライアントのみなさんも上記7つのうち、複数の項目に該当をしている場合が多いです。
ですが、トレーニングを行うのと同時に食事に対する考え方もお伝えしていくので、身体を引き締まり、元の体型に戻らないようになっています。

何事も考え方や行動が変わることが重要ですね!

LINE@始めました!友だち追加数

     
diet-check

2 件のコメント

  • はじめまして。健診業務、特に2008年からは特定健診が始まり、保健指導をしています。
    自分自身が6年で20㎏増えた若かりし過去もあり、カロリーを気にしていた時はタンパク質すら怖くて減らしてたり、霜降り状態の体に過度の筋トレはかえって支障をきたしたり…
    確実に食べ過ぎてる健診者には、まず食事量の見直しをプランにあげることが多いのですが、成果が出る人と出ない人がいたり。
    数ある失敗を繰り返してきたからこそ、その人の生活背景含めて万人に効果のある減量ってむずかしいなって格闘中です。

    そんな中、体感からいろいろ探ってるうちに、体を緩めてあげることや、タンパク質も脂肪も摂るべき量や質があるんじゃなかってこの数年はまず自分自身が体感し、指導の方向性も変えてきたところ、成果が出る傾向が!

    健康は財産って思ってて、仕事も趣味も健康に関わることが多いので、人間のカラダっておもしろいなーって楽しくなってきました。

    そこに安藤さんのブログをみつけて、やっぱりそうだったんだ!とか、写真や図解を含めこのニュアンスは伝わりやすいなって思うことがたくさんあり、これからはパクリ指導をさせていただく予定です(笑)
    これからも楽しみにしています♪

    追伸
    昔、パーソナルトレーナーについてもらってたことがあるのですが、女にしてはパワーがある私に対して、筋トレで負荷ばかりアップされて、私も負けず嫌いなのでクソッてついていきました。
    すると、余計に体のコリがひどくなったりして…
    負荷をアップしていく事にトレーナーの達成感があるんじゃないの!?って感じ、緩めることと、ジムで時間をさかなくても日常での過ごし方で味方になることを編み出すことが趣味になっています。

    • いずびさん
      はじめまして。
      色々と試行錯誤されたんですね。
      おっしゃるとおりで、運動にしろ、食事にしろ、質を変えることで良い変化って生まれるんですよね!
      人間のカラダって、本当に面白いので、飽き性な僕も続けることができていると思います。(笑)
      このブログは、できるだけ簡単に伝わりやすさを重視しているので、どんどんパクリ指導をしてください。(笑)

      未だにそういう考えのパーソナルトレーナーがいるのが現状です。。。
      クライアントのことを考えて、最適なトレーニングやエクササイズなどの指導が提供できるトレーナーが
      増える世の中を作るためにこれからも頑張ります!

      コメント、ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。