低糖質食を始める人必見!炭水化物と糖質は何が違うの?

image001

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

ダイエットをする際に、低炭水化物食・低糖質食をダイエット法に選ばれる方も少なくないと思います。

低糖質ダイエットを始めると【炭水化物】【糖質】などの言葉に敏感になりますよね。

ところが、実際にこの言葉の違いを聞いてみると、ご存知の方が意外と少なく、

『炭水化物=糖質』

と思われている場合が少なくありません。

実は【炭水化物】【糖質】という言葉が指しているものは違っています。

今日は、【炭水化物】【糖質】【糖類】の違いをお話したいと思います!

炭水化物と糖質と糖類の違い

まず初めに【炭水化物】【糖質】【糖類】が何を指しているのかをお話したいと思います。

炭水化物:糖質+食物繊維

糖質:多糖類+糖アルコール+その他

糖類:二糖類単糖類

というのがそれぞれの言葉が表しているのものです。

炭水化物とは

炭水化物とは、糖質と食物繊維で構成されたものになります。

普段の食事では、ほとんどこの形で摂取をしています。

野菜が炭水化物に含まれるのは、このためです。

糖質とは

糖質とは、炭水化物から食物繊維を引いたものを呼びます。

糖質は、多糖類・糖アルコール・その他(天然甘味料など)に分かれます。

多糖類には、デンプンやオリゴ糖などがあります。
糖アルコールには、キシリトールやエリスリトールなどがあります。
その他には、ステビアなどの天然甘味料があります。

糖類とは

糖類は、二糖類と単糖類の総称になります。

二糖類には、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖があり、それぞれは以下の単糖類の組み合わせになります。

砂糖・ショ糖(スクロース)=ブドウ糖(グルコース)+果糖(フルクトース)
乳糖(ラクトース)=ブドウ糖(グルコース)+ガラクトース
麦芽糖(マルトース)=ブドウ糖(グルコース)+ブドウ糖(グルコース)

単糖類:ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトース

最小単位の単糖に分解されないと体には吸収されません。

図解するとこうなります。

スクリーンショット 2016-01-14 11.24.46

炭水化物・糖質・糖類を完全カットしないほうが良いことが分かります。

【炭水化物】【糖質】【糖類】が何を指しているのか、お分かりいただけましたか?

『これを知って、どんな意味があるの?』と思った方もいると思いますが、これすごく重要なことなんです!

これによって色々なことが分かるのですが、炭水化物・糖質・糖類を完全カットしないほうが良いことが分かります。

脳のエネルギーはブドウ糖だけ

有名な話なので、ご存知の方も多いと思うのですが、脳はブドウ糖のみをエネルギーにしています。

炭水化物・糖質・糖類を完全にカットしてしまうとブドウ糖が摂取できないことが先程までの話からお分かり頂けると思います。

ブドウ糖がなければ、脳の働きが悪くなってしまいます。

そうならないために、緊急時には脂質からケトン体を作り、ブドウ糖の代わりにする働きが身体にはあるのですが、その働きも問題があることがわかってきています。

そのため、脳で消費される分の最低限のブドウ糖を摂取する必要があるのです。

これ以外にも【炭水化物】【糖質】【糖類】の違いを知っていると良いことがあるのですが、それは次のBlogで書きたいと思います。

糖質ゼロだからと安心してはいけない!ゼロ表示食品の正しい見方

2016.01.16

LINE@始めました!
友だち追加数

     
image001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。