30日間スクワットチャレンジの次は、100日間「ポテト・ダイエット」?

delicious-diet-day

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。。

このブログで人気の記事の1つである『30日間スクワットチャレンジ』

30日スクワットチャレンジ、始めました!

2015.09.03

期間を決めることで、ゴールが決まり達成率が上がる効果が期待できます。

そんな30日間チャレンジを上回る期間でダイエットに挑戦した人がいます。

それがこちら。

豪男性が100日間の「ポテト・ダイエット」で31kgの減量に成功

この見出しを見た時に「スゴイ!」と思うと同時に、「この人の体重は何キロなんだろう?」と思いました。

記事をみて、出典元を見てみると「ヤッパリ。。。」という気持ちになりました。

今日は、こちらの記事について調べたことをお話したいと思います!

100日間ポテト・ダイエットとは?

100日間ポテト・ダイエットというメソッドがあるわけではありません。

今年1月に豪メルボルン在住のアンドリュー・フリンダーズ・テイラーさんが「僕はここから366日間、体質改善のためジャガイモとサツマイモしか食べない。運動も週に6日間はする」と宣言してそのダイエットをスタートさせました。

その途中経過の100日目に31kgの減量に成功したそうです。

この時の写真をFacebookページに載せたことから、話題になったそうです。

その時の写真がこちら。

たしかに痩せてはいますよね。。。

ただ、ここで着目してもらいたいのは、写真の下に書かれている体重です。

1日目は151.7kg、100日目が119.6kgで32.1kgの減量に成功しています。

確かにスゴイのですが、元の体重が多すぎですよね。。。

身長を調べようとFacebookページを拝見したのですが、見つけることが出来ませんでした。。。

4月10日には、「ポテト・ダイエットで減量に成功した。しかも健康数値がぐっと改善したよ」と書かれているのですが、これだけ体重があって、減量をすれば、数値が良くならない訳はありません。。。

ポテトだけで大丈夫なの?

記事の中には、「ポテト・ダイエット」について否定的な見解を示している医師もいると紹介されています。

その理由は、イモだけを摂取するのでは亜鉛、たんぱく質、カルシウム、鉄分などが絶対的に不足してくるからです。

おまけに週6回も運動をしているので、上記の栄養素以外に、ビタミンも偏りが出てくる可能性があります。

追記:気になる栄養分の補給は、ジャガイモからビタミンC、鉄分など、サツマイモからビタミンAといった、イモの種類を変えて摂取しているそうです。
またどうしても補給できない、かつ必要と判断したビタミンB12はサプリメントを利用して摂取しているとのことです。

大丈夫かどうか聞かれたら、「大丈夫ではないですね」と答えますね。

アンドリューさんは、痩せたとはいえ、まだ肥満なので、今はまだいいかもしれませんが、これが適正体重に近づいて来る時には、どのようなことが身体に起こってくるのか、非常に興味深いですね。

特殊な例だから、ニュースになる

今回の記事で『このダイエット法を試そう!』と思う方は少ないと思いますが、こうした類のニュースを見て、その方法にトライする人は結構いらっしゃいます。

ですが、ニュースになる方法は稀な例なので、ニュースになるのです。

今回の方は体重150kg超えです。

体重150kgを超えている日本人を探すだけでも大変ですよね?

こうした事を考えると、極めて稀なケースで、日本人には特に当てはまらないといえると思います。

見出しは、本文を読ませる為のものなので、どうしてもキャッチャーなものになりますが、ダイエット記事では、落ちた体重も重要ですが、実践者の元の体重は何キロなんだろう?というところに疑問を持つのが良いと思います。

あくまでも落ちる体重は相対的です。

同じ期間ダイエットをするなら、体重が多い人の方が落ちる体重も多くなる傾向にあります。

この点を気をつけて、ダイエット記事を見ていきたいですね!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
delicious-diet-day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。