炭水化物を控える食事を推奨しているわけではありません!

スクリーンショット 2016-08-04 8.22.46

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

このブログの記事を色々と見てくださっている読者さんから、

『結局、炭水化物を控える食事を推奨されているんですよね?』

LINE@にメッセージを頂きました。

色々な切り口で、ダイエットやボディメイクをする際の食事についてお話をさせていただいています。

そのため、今回のメッセージを頂いた読者さんのようなイメージを持たれることもあるかもしれません。

僕がパーソナルトレーニングでも、メルマガでも、このブログでもお伝えしていることは、

『カラダに不要なモノばかり食べてないで、本当に必要なモノを食べましょう!』

ってことです。

今日はダイエットやボディメイクをする際の食事について大切にしている事をお話したいと思います!

ダイエットやボディメイクの指導をさせて頂く際に最も大切にしていること

僕が、ダイエットやボディメイクの指導をさせて頂く際に最も大切にしていることは、

『クライアントの思考(マインド)を変える!

ということです。

これだけ聞くとマインドコントロールされそうなイメージですが、そういうことではありません。

何度かお話していますが、

結果は以下のプロセスで成り立っていると考えています。

思考 → 行動 → 習慣 → 結果

つまり、得たい結果を手に入れるためには、行動を変えることや習慣を変えることよりも先に思考(マインド)を変えることが必要ということです。

ただ、マインドを変えるのは、言葉だけではありません。

実際にトレーニングをして頂いたり、ちょっとした食事内容の変化を通して、身体の変化を感じて頂き、クライアントが自発的に思考が変わるお手伝いをさせて頂くように意識しています!

具体的な方法はこちら!

最も大切なのは、クライアントの思考(マインド)の変化なのですが、そうした変化が起こるためには具体的な行動をしていただかなければなりません。

僕は運動指導者なので、具体的には以下の2つを通して色々なことをクライアントにお伝えしています。

・運動指導(主に筋トレ)
・食事指導

運動指導は、1対1のパーソナルトレーニングで筋トレを指導しています。

ダイエットやボディメイクが目的の場合には、食事の改善が成功のカギなので、食事指導に力を入れています。

食事のチェックポイントは主に以下の3つです。

1.食事の量(どのくらい食べているのか?)
2.食事の質(何を食べているのか?)
3.食事のタイミング(いつ食べているのか?)

これらをそれぞれ見させて頂きながら、食事の改善をしていただいています。

体重を落としたいなら、まずこれをチェック!

2014.09.02

食事指導で1番伝えたいこと

ダイエットやボディメイクをする際の食事で、量が多い、つまり食べ過ぎは論外です!

まずは食べる量をコントロールすることから始めていただきます。

でも、僕のクライアントは、とても多い人のケースってあまりは多くありません。

最も多いのは、食事の質(何を食べているのか?)に問題を抱えているクライアントです。

質が悪いと言うと感じが悪く聞こえますが、要するに冒頭でお話した

『カラダに不要なモノばかり食べて、本当に必要なモノが食べられていない

ということです。

栄養状態を良くすることで、身体が引き締まるだけでなく、多くの不調の原因が軽減する可能性が高いです。

そのため、まずは身体に必要なモノが何なのか?を説明させていただくのです。

身体に必要なモノとは?

身体に必要なモノとは、たんぱく質、糖質(ブドウ糖)、脂質、ビタミン、ミネラルです!

『おい!5大栄養素全部じゃん!』って思った方いますよね?

そうです。

いわゆる5大栄養素は人間に全て必要な栄養です。

問題はそれぞれの割合がどのくらいであるかということです。

必要な栄養素の割合をしっかりと理解して、質の良い栄養素を摂るように心がけることが重要なのです。

というと、ザックリし過ぎでなにをしたら良いか分からなくなってしまうので、まずは身体を構成している大切な栄養素

たんぱく質を必要量取りましょう!という事をお伝えしているのです。

たんぱく質が必要量摂れた上で、

摂り過ぎている炭水化物(特に砂糖)
質の良くない脂質
足りていないビタミンやミネラル

などについて、改善をするようにお話させて頂いています。

人はひとそれぞれ違うから万人に通用する方法はありません!

人はみな違います。

性格もそうですが、身体の中も誰ひとりとして同じような状態の人はいないとあるドクターはおっしゃっていました。

でも、それだと身も蓋もない話になってしまうので、このブログでは出来るだけ再現性の高い、まずは基本(ベース)となる考え方をお伝えするように意識をしています。

文字の情報なので、どうしても読んでくださる方の知識量、興味・関心、感情などによって、印象が違ってしまうのですが、僕が常にダイエットやボディメイクをする際の食事について大切にしている事、意識していることをお話させて頂きました!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
スクリーンショット 2016-08-04 8.22.46

3 件のコメント

  • こんにちは。
    またまたコメントさせて頂きます。

    ダイエットにおいての食事の重要性は、今は充分に理解していますが、始めた当初はどうすれば良いのか手探りでした。
    でも、意外とシンプルで、まずタンパク質を何で摂るかを決めます。私の場合、1食から20〜30g摂りたいので、例えば鰹のタタキのカルパッチョを150gと決めるとなかなかのボリュームなので、残りの食べれる量って限られますよね。
    後は、バランスを考えて野菜や海藻、炭水化物、サラダのような冷たいものだけでは無くて、温かいものって感じで考えると、あまり食事で苦労することは無いです。
    あ、作るのは大変デスけど…笑
    皆さん、すごく大変とおっしゃいますが、慣れてくればタンパク質を決めて、後はバランスを考えると何となくいい感じになります。←この何となくいい感じが難しいんでしょうけど。
    慣れると楽しい食生活です。
    食事を改善する前より、美味しく食事が摂れています。

    • 白くまさん
      いつもコメント、ありがとうございます!
      食事の重要性が理解できていても、実際になにかをやるとなると初めは手探りですよね。
      そうなんです。
      タンパク質を何で摂るかを決めてもらうと、あとはすんなりと色々なものが決まってくるんですよね!
      優先順位を決め、それに従って食べ物を選ぶ。
      これに慣れてしまえば、そんなに大変じゃないんですよね!
      さすが、実践されている方のコメントは重みがありますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。