あなたがダイエットするのは、誰のため、何のため?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-7-14-33

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

多くのクライアントのダイエット・シェイプアップのサポートをしてきました。

サポートをさせてもらう度に、結果が出る人と出ない人って何が違うんだろう?って考えています。

僕なりの答えは出てきているので、ブログに断片的ではありますが、ご紹介をさせていただいています。

これをまとめると『安藤さん、ストイックだわ〜』ってなりそうなので、今日も1つだけシェアをさせて頂きたいと思います。

今日はダイエットを成功させる心構えについてお話したいと思います!

ダイエットは誰のため、何のためにやるの?

ダイエットはメソッドや方法論よりも大切な事があります。

それは、このダイエットは、

誰のため、何のためにやるの?

ってことです。

多くの人が自分のためということが多いと思いますが、中には、旦那さんのため、子供のためなど家族など自分以外の人のために行なう方もいらっしゃいます。

そして、何のためにダイエットをするのか?

ここも重要です!

多くの人がこの部分を考えずになんとなく、『◯◯kg落としたいから、ダイエットする!』とダイエットを始めてしまいます。

そんなこと考える必要あるの?

『たかだかダイエットをするのにそんなこと考える必要あるの?』

って思った読者さんもいらっしゃるかと思います。

あなたが思っていることは、ごもっともだと思います。

誰のため、何のためにやるの?

をダイエットのために考えるのなんて、気合い入り過ぎな感じしますもんね。(笑)

これを考える理由は、ダイエットの成功率を上げるためです。

ダイエットの成功率が上がる理由

『誰のため、何のためにやるかを考えるのとダイエットの成功確率が上がる?』

ますます分からなくなってきたと思うので、ここで解説をさせていただきます。

ダイエットを始めて、最初から最後までなんの問題もなく、目標達成する人はほとんどいません。

目標達成をする間に、色々な問題が起こり、紆余曲折あって、最終的に目標達成をします。

色々な問題が起こった時の考え方で、ダイエットが成功するのか、失敗してしまうのかが決まります。

ダイエットに成功する人は、誰のため、何のためにやるの?が明確です。

そのため、少し問題が発生したり、うまく体重が落ちなくても、ブレることがありません。

例えば、結婚式のためにダイエットを開始したとして、

今までお世話になった両親に、キレイな自分の花嫁を見せて恩返しするためにダイエットをする!

と考えたら、目の前にあわれた問題を乗り切ることが出来ます。

ところが、ダイエットが失敗してしまう人は、このような考えが無いため、問題が起こると

  • 自分はやりたいと言ってないのに、トレーナーがやれって言われたからやっている
  • 食事の報告をしろって言われたから、とりあえずやっている
  • 効果が出ないから、別の方法を探そうかな?
  • 言われたことだけやればいいんでしょ?

などと考え、ダイエット方法や他人のせいにして、問題に向かっていこうとはしません。

もちろん、ストレスになってしまう場合もあるので、一旦問題を横において置くということはしますが、ずっと見ないふりは出来ません。

今まで経験をした中で、驚いた例は、

『別に私痩せたいと思っていないんですよね。』

って言われてしまったことです。

このクライアントはダイエットスタート時には、『痩せたい。5kg落としたい!』と言っていたのにです。

こうなると、身体を変えることはほぼ不可能です。

なぜなら、結果は以下のプロセスで成り立っているからです。

思考 → 行動 → 習慣 → 結果

自分には、目を向けず、やり方や他人に目が向いている思考をしている間は、行動や習慣を改善する思考にはなりません。

自分に改善点があるって思っていませんから。

今の身体はあなたのこれまでの歴史です!

少々厳しいことを言いますが、体重が増えたのも、体型が変わったのも、全てあなた自身のせいです。

だって、今のあなたの身体はこれまでの生活習慣、食習慣などのあなたの歴史そのものだからです。

何を食べ、どんな生活をして、どのくらい寝たかなどは、環境要因もありますが、あなた自身が選択をしてきているはずです。

その選択の積み重ねが今のあなたの身体を作り上げているのです。

それを変えられるのは、あなた自身です。

あくまでも僕らトレーナーはサポーターであり、あなたが望む身体を手に入れるためのお手伝いをしているのです。

その事を忘れてしまい、問題がすり替わってしまう人は、高確率でダイエットがうまくいきません。

それは、このダイエットは誰のため、何のためにやるの?という考え方がなく、目が他人や方法に向いているからです。

ダイエットが停滞している、上手くいっていないときこそ、

『そもそも今回のダイエットって、誰のため、何のためにやっていたんだっけ?』

って自問してみてください。

そうすると自ずとあなたが今やるべきことが見えてきますよ!

LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数
Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-7-14-33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。