短期ダイエット・ボディメイクモニターの半年後を見てください!

27-habits-before-after-151023182419-lva1-app6892-thumbnail-4

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

秋になったのですが、短期ダイエット・ボディメイクモニターの結果がネットで出ていて、

『秋だけど、2ヶ月で身体引き締めようかな?』

と思ったあなた。

ちょっと待って下さい!

どうしても、短期ダイエット・ボディメイクモニターの結果を見るとその変化から、トレーニングを始めようと意識が高まります。

2ヶ月で結果が出ることも大切ですが、もっと大切なことはその身体が維持されることです。

2ヶ月間のトレーニングのBefore・Afterを見ることも大切ですが、もっと大切なことは、そのモニターの人達が半年後、1年後どんな身体をしているかを見ることです。

半年後、1年後の身体を見て、引き締まった身体を維持しているなら、そのトレーニングは速効性だけでなく、持続性もあるということになります。

今日は、短期ダイエット・ボディメイクモニターの半年後を見て欲しい理由をお話したいと思います!

短期的に体重を落とすことは簡単!

短期間にダイエット・ボディメイクをするメソッドやジムは、糖質摂取を制限する方法を多く採用しています。

炭水化物を控えるとすぐに体重が落ちる理由はこちらに書かせて頂きました。

糖質制限を始めるとすぐに体重が落ちるのは、なぜ?

2016.01.30

簡単に言うと、身体の水分量が変化するからというのが理由です。

食事を変えることで、短期間に体重を落とすことは簡単です!

ただ、これは食事の内容を変えて起こした変化なので、食事をダイエットやトレーニング前に戻せば、身体は徐々に戻っていきます。

終了後、数ヶ月でもとに戻ってしまう。。。

多くの短期ダイエット・ボディメイクモニターの人が体重や体型がスタート時より増えてしまう、太ってしまうなんてことはよくあることです。

『◯◯ リバウンド』

と個人名で検索すれば、モニター直後の身体と現在の身体を対比している記事がたくさん見つかります。

その多くがいわゆるリバウンドをしている状態です。

それも半年も持たずに数ヶ月で。。。

メソッドを否定したいわけではありません。

このようにお話すると、短期ダイエット・ボディメイクのメソッドが悪いように聞こえるかもしれません。

僕自身、クライアントによっては、炭水化物を減らすことをお伝えしたりするので、炭水化物や糖質を減らすこと自体悪いメソッドだとは思っていません。

あくまでもそのクライアントに合っているか?ということが重要なのです。

先程の話に出たリバウンドしてしまった短期ダイエット・ボディメイクモニターの方々は、体験した方法やメソッドが長期的に見て、身体を維持することには向いていなかったということです。

もし、あなたが、ここ1番のイベントを控えていて、

『短期間に身体を絞って、このときだけ痩せればいい!』

って思っているなら、短期間なダイエットを採用するのもアリだと思います!

もし、あなたが

『身体を引き締めて、その後ずーと引き締まった身体を維持したい!』

と思っているなら、身体が引き締まるのはもちろん、引き締まった身体を維持する方法を教えてもらえるところに習いに行くのがオススメです!

ダイエットやボディメイクは様々な理論があります。

その理論それぞれがどうというより、どんなクライアントに使うのか?

クライアントのライフスタイルや思考パターンなどはどうか?

など様々な事を考慮して、最適な方法を選ぶ必要があるのです。

もし、あなたがパーソナルトレーナーと一緒にトレーニングするという方法を選ぶなら、短期間のBefore・Afterだけでなく、半年後、1年後にクライアントがどんな身体をしているかを見せてもらう事をオススメします!

短期間の結果

長期的な結果

両方があるのなら、そのトレーナーは、『身体を引き締めること』『引き締まった身体を維持する方法』を知っているということになります。

引き締まった身体を維持する方法は、身体を引き締めるとは別の要素が関わってきます。

それについては、また今度書きたいと思います。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
27-habits-before-after-151023182419-lva1-app6892-thumbnail-4

2 件のコメント

  • 安藤様、こんばんは。

    私は、短期集中の食事制限と筋トレで、ダイエットをしました。
    大切なのは、短期集中(短期で結果をだすのですから、ある意味極端なやり方。)をやりつつ、そのメソッドの核は何なのか?短期集中が終わった後、継続するために核の部分を理解していないと、どう生活として取り入れて行くのかが、分からずリバウンドしてしまいますよね。
    私は、有名な糖質カットダイエットのパーソナルトレーニングを最初しましたので、その間はみっちり管理もしていただけましたが、終わってからは自分の身体で日々実験です(笑)どの程度食事を崩す又は変えると週単位で見た時に体重が増加するのか?とか…。
    その繰り返しで、体重コントロールを1年位かけて学んだ気がします。糖質を抜きすぎると良くないことも良く分かりましたし、トレーニング前後のパフォーマンスを上げたり、回復を促したりする中での糖質の役割や、肌、髪、便通においての脂質の役割も何となく実感することで理解しました。
    たんぱく質については、必要量を摂るよう食生活を変えていましたので、問題無かったですが、糖質、脂質は少しずつ知識と経験を増やしながら、現在も模索中です。

    そして、1番はウエイトトレーニングの必要性とこれ程努力が確実に身体に現れることは、そうそうないなぁという喜びですね。

    食事と運動の両方をライフワークに出来て本当に良かったです。

    きっかけとして短期型の、ダイエットをされつつ、ココがゴールと思うのではなく、ダイエットメソッドの核をどのようにライフワークにするかが大切ですよね。

    • 白くまさん
      コメントありがとうございます!

      白くまさんは、短期集中の食事制限と筋トレでダイエットされたんですね!
      本当にそうですね。
      大切なことは、プログラムに集中するという視点とそのメソッドの核は何なのか?という本質を見極める視点。
      さらに継続するために必要なことを見る長期的な視点が必要ですよね!

      白くまさんのように、有名な糖質カットダイエットのパーソナルトレーニングを卒業後に、自分の身体を維持しようと日々実験する方が少ないんでしょうね。。。

      自分の身体を維持したいと考えるとそうなるのが必然かなとも思うのですが、短期での食事のストレスでそれどころではないのかもしれませんね。
      自分の生活の中にいかに取り入れるか、これが重要ですよね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。