ダイエット中に体重が増えるのはどこまで許容範囲なのか?

depression-et-suralimentation-il-existerait-une-solution-pour-les-soigner-min

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

ダイエットをしていると体重計に乗る回数が増える!

というダイエッターの方もいらっしゃるではないでしょうか?

「体重はあまり気にしなくてもいいですよ。」とお伝えしても、気になってしまうのが体重ですよね?

では、実際に1日でどのくらい体重が増えるのは、許容範囲なのでしょうか?

女性なら0.8kg以内、男性なら1.2kg以内なら許容範囲だと考えています。

今日は、ダイエット中に体重が増えるのはどこまで許容範囲なのか?についてお話したいと思います!

体重が少しくらい増えるのは、問題ありません!

こちらの記事でも書きましたが、少しくらい体重が増えるのは、問題ありません!

参考:体重がちょっとくらい増えても全然大丈夫ですよ!

体重が増えるとすぐに『太った!』と思いがちですが、僕が定義をしている『太る』とは、

体脂肪が増える

って事です。

そう考えると、ほとんどの人が一時的な体重の増減で、体脂肪が増えているわけではないのです。

体重を1日に何回も測る人はそんなにいないと思いますが、朝と昼と夕方と夜で体重は変化しています。

人間の身体は普段の活動以外に、身体の中で様々なことが起こっています。

その影響で、体重が1日の間で変わる『日動変動』と呼ばれる現象が起こっているのです。

どのくらいまで体重が増えても大丈夫なのか?

『1日で体重が増えたり、減ったりするのは分かったけど、増えないにこしたことはない』というのが、本音だと思います。

そこで、どのくらいまで体重が増えても大丈夫なのか?ということをお話したいと思います。

ダイエット中であれば、女性なら0.8kg以内、男性なら1.2kg以内に体重の増加を抑えられえれば、許容範囲だと考えています。

女性と男性で基準が違うのは、筋肉量など男性の方が多い場合がほとんどだからです。

人間の体重の変化の中で、大きな影響を占めるのが、体水分量です。

人間は60%以上が水ですから、水分の増減で体重も増減します。

筋肉が多いほうが水を多く含みやすいので、男性を少し多めにしています。

あくまでこれは一般的な数値なので、筋肉量が標準よりも少ない人は、増加の数字がもう少し減る場合があります。

体重がずっと下がり続けるなんてあり得ない!

ダイエットの最初は体重が面白いように落ちていく場合が多いので、こんな想像をしてしまいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-9-00-13

でも、実際にこんな理想的な感じで体重が落ちることはありません。

多くの場合、

img_5047

こんな感じで上がったり、下がったりしながら、徐々に体重が落ちていくものです。

こうしたことから、ダイエット目的のクライアントには、毎日の体重を記録してもらい、全体を見て体重が落ちている傾向にあるかどうかを見てもらうようにしています。

ちなみに下のグラフは実際に体重の許容範囲を0.8kg以内にしている女性クライアントのグラフです。(白い点が朝の体重で、茶色の点が夜の体重です。)

このように、1日ごとで見ると増えてしまう日があっても、全体的に見て、数値が下がっていれば、そんなに1日の増加を気にする必要はありません!

まとめ

ダイエット中でも体重が増加することはよくあることなので、そんなに気にする必要はありません!

それよりも大切なことは自分の体重増加の許容範囲を知ることです。

今回は一般的な数値をご紹介しましたが、骨格や筋肉量などによって、許容範囲の数値は変わります。

ぜひ、あなたの許容範囲の増加量を探してみてください!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
depression-et-suralimentation-il-existerait-une-solution-pour-les-soigner-min

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。