一年の計は元旦にあり。やりたいことリスト100を作りました!

jibun

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

「一年の計は元旦にあり」ということで今年も「やりたいことリスト100」を作りました!

このリストを作るきっかけを下さった、内藤忍さんも年始のBlogで記事を書かれています。

作るだけでも価値がある「今年やるべき100のリスト」

僕も全く同意見なので、今年も手帳についているノートに書きこみました!

2015年はジブン手帳をメインの手帳として使っていきます!

2014年の成績は?

2013年から始めたこの「やりたいことリスト100」ですが、2014年の成績はというと36個達成という結果でした。

2013年も打率は3割ちょっとでした。

これを「少ない。。。」と見るか、内藤さんがBlogでお話しているように野球の打率に例えて、「なかなか良いな」と見るかは人それぞれだと思います。

達成率に目を向けるのもいいのですが、やりたいことを100個挙げると自分が本当にやりたいことがより深く理解できるのが最大の利点ではないかと思っています。

更なる利点

自分が本当にやりたい目標が出来る事で、やるべきことが明確になるため、行動が起こしやすくなります。

パーソナルトレーニングを受けて頂く際には必ず、初回にカウンセリングさせてもらいます。

その際に目的・目標をお聞きします。

これと全く同じですね。

目標が無い状態でトレーニングを始めるのは、目的地を決めずに航海に出る舟と同じになってしまいます。

僕には合っていたので、今年も続けようと思いました。

なぜ、やりたいことリストなの?

参考にさせてもらっている内藤さんは「やるべきことリスト」としていますが、僕は、名前を「やりたいことリスト」に変えました。

これはやるべきことだとちょっと強く、続けられないと自分を責めてしまいそうだなと感じたからです。

これが僕がこのリストが続いている最大の要因かもしれません。

どんな項目があるの?

100個もやりたいことを出すのって意外と難しいです。

僕は、まずやりたいことをひたすら紙に書いていきます。

煮詰まったら、今まで書いたものを長期と短期のものに分類します。

そうすると長期、短期のバランスが分かり、そのバランスを見てからまた「やりたいこと」を考えると結構新しいのが浮かびます。

 

先ほどのお話したようにこのリストは「やりたいこと」のリストなので、どんなことでも書いてOKです。

Apple製品が好きなので、リストの中には、「新型iPhoneを買う」というものも入っていました。

これはもちろん達成済みです!(笑)

それ以外には、

毎日やり続けるもの(坐禅を毎朝する、読書を毎朝する)

毎週1回やるもの(メルマガを金曜日に発行する)

毎月1回やるもの(ひとり会議で振り返りをする)

など様々です。

その他にもゴルフでスコア100を切る(未達成)なども入っています。

もちろん、トレーニングや身体の事に関する目標も入っています!

達成率を上げるために必要なこと

2014年のリストを作った時も、2013年の反省を活かして、改善をしました。

その1つが

抽象度が高いリストは作らない(英語を話せるようになるなど)!

これは基本的なことと言えばそれまでなのですが、数値化や測定が出来る項目にする必要があります。

これを頭に入れて、2014年のリストを作成しましたが、未達成のものを検証すると、あることに気が付きました。

リストだけでは達成できないこともある

未達成のものは、達成したものに対してある傾向がありました。

それは、

『細分化が出来ていない。』

ということでした。

 

細分化出来ていないものの1つに『部屋の片付け』がありますが、これも◯月◯日までにキレイにすると書かれていますが、完全に達成できていません。

その要因として、部屋という場所が広すぎました。。。

これを更に細分化する必要があります。

例えば、部屋の片付けを分解すると

「玄関」、「キッチン」「お風呂場」「トイレ」「クローゼット」「リビング」「寝室」などに分けることが出来ると思います。

更にその1つひとつ『玄関』を分解していきます。

『土間』『郵便受け』『靴箱』などそれぞれに必要なことがあります。

これらの要素を全てキレイにすることが出来て、「玄関の片付け」が終わったということになります。

 

これを先ほどの「やりたいことリスト100」にいれるのではなく、細分化したものは別の紙に書くなど違う作業が必要だと感じました。

『そこまでやるのは。。。』と感じる方は、まず「やりたいことリスト100」だけでも作ってみてください!

まずはやってみることをオススメです!

     
jibun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。