トレーナーの資格を取得することに固執する必要はないけれど。。。

study-qualification

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先日、パーソナルトレーナーを目指している学生さんから、

『将来、パーソナルトレーナーとして独立したいと考えています。まずは、資格を習得しようと思っているのですが、オススメの資格はありますでしょうか?』

という質問を頂きました。

何か資格を取得してから活動を始めたいと考えるのは、パーソナルトレーナーの世界だけではないかもしれません。

多くの人が何かの資格を取ることで、お墨付きをもらって活動がしやすくなると考えているからです。

僕自身も独立当初はそう思っていました。

ですが、今、誤解を恐れず言えば、パーソナルトレーナーの資格はどれもそんなに大差はないと考えています。

更に言うと資格を取得しているからといって、パーソナルトレーナーとしての活動がうまくいくとも限りません。

今回は、パーソナルトレーナーの資格についてお話したいと思います。

クライアントから見れば、どれもほとんど大差がない!

先ほど、誤解を恐れず言えば、パーソナルトレーナーの資格はどれもそんなに大差はないと考えています。

とお話しました。

こんなことをなぜ、僕が言い切れるかというと、独立をしてから1度もトレーナーの資格について、クライアントから聞かれたことが無いからです。

名刺交換をして、『◯◯の資格をお持ちなんですね!』と言ってくれるのは、同業者の方々ばかりです。

今では、加圧やピラティスなど一般の方にも知られてきている名前が出ることはありますが、僕が取得をしているNSCAの資格を知っているクライアントは皆無です。

そして、現在日本で取得できるパーソナルトレーナーの資格はどれも民間資格なのも、大差が無いと言える要因の1つです。

クライアントが知りたいことは、自分に何をしてくれるのか?

クライアントがトレーナーの資格を聞くことはほとんどありませんが、クライアントが知りたいことがあります。

それは、

『このトレーナーは、自分の目標達成の為に何をしてくれるのか?』

これです。

このトレーナーがどのような方法で、自分の目標に向かって、一緒にトレーニングを進めてくれるかをクライアントは知りたいと思っています。

資格はこんな時に役立ちます。

クライアントに対して、資格はそんなに効果を発揮しませんが、だからと言って、取得をしなくても良いという話ではありません。

フィットネスクラブなどでパーソナルトレーナーとして活動しようと考えているなら、資格取得は必須です。

資格がないと、フィットネスクラブへの登録ができない場合がほとんどです。

これは、自分のトレーナーとしてのレベルを資格によって、テストすること無く、相手に伝えることができるからです。

このように仕事場を求める場合には、資格が必要になります。

また、僕のように勉強が苦手な人などは、資格取得を目標にすることで、トレーナーとして必要な知識の勉強が出来るという人もいるかもしれません。

資格取得はあくまでスタートです!

とここまで、資格についてお話しましたが、資格取得はあくまでスタートです。

その資格を取得するだけの最低レベルの技術が身についたに過ぎません。

ここから先に、自分がどれだけ経験と知識を付けていけるかにかかっています。

そのためには、机上の空論ではなく、現場に出て、パーソナルトレーニングのセッションをするしかありません。

また、資格を取得しても、パーソナルトレーナーとして稼いでいく方法を教えてくれる資格発行団体はほとんどありません。

ビジネスとして、パーソナルトレーナーをしていくのなら、それなりのビジネススキルを別のところで身につける必要があります。

資格取得は、あくまでもスタートです。

その先に、まだまだ学ばなければいけないことが沢山待っていますよ!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
study-qualification

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。