ブログを3ヶ月間毎日書いて分かったこと、感じたこと

blog-writing

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

今日で3月も終わり、2016年も4分の1が終了しましたね。

2016年の第1クオーターが終わって、ブログを3ヶ月間、毎日書くことが出来ました。

3ヶ月で約90の記事を書いたわけですが、毎日書くことで分かったことや感じたことが沢山ありました。

第1Qで分かった事、感じた事を今日はシェアさせて頂きたいと思います!

毎日ブログを書くには、工夫が必要!

毎日ブログを書いているとお会いする方々に、『毎日よく書くことがあるよね』なんて言われます。

こちらの記事でもご紹介しましたが、毎日ブログを書くのには、『ブログを書くぞ!』という気合いだけでなく、ある程度の工夫が必要です。

毎日ブログを書くためにやるべき5つのこと

2016.01.31

こうした自分の型みたいなモノを発見できると、ブログを更新するのが継続しやすくなります。

この型が見つけられないうちは、結構キツイと感じますし、挫折する確率が結構高いと思います。

僕も1ヵ月半くらい経過した頃に、毎日更新することをキツイと感じていました。

ブログを書きたくない日ってどうしていますか?

2016.02.14

この記事を今見ると、自分にも言い聞かせるように書いてるなって思っちゃいますね。(笑)

型がないなら、上手くいっている人のマネをするしかない!

型が無い状態から、自分のオリジナルの型を作ることは非常に難しいです。

そのため、まずはうまくいっている人のマネをすることから始めるしかありません。

僕も毎日ブログを更新している人の記事や直接お話しをお聞きしたりして、自分の改善点を見つけるようにしていました。

この時に大切なことは、『まず、言われた通りにやってみる!』ってことです。

経験が増えれば増えるほど、人は言われたことをそのままやるのが、難しくなっていきます。

そこをあえて、自分の経験を入れずに言われた通りにやってみるのです。

そうすると、様々な気づきを得ることが出来、自分の得意不得意な事が見えてきます。

毎日ブログを書くうえで、最も大切なこと

ブログの書き方や運営の仕方のノウハウを学ぶことや型を覚えることは非常に重要です。

ですが、毎日ブログを書くうえで、最も大切なことは、

『ルーティン化(習慣化)』

することです。

ルーティン化(習慣化)出来るかどうかで毎日ブログを書けるかが8割決まります。

ルーティン化(習慣化)をするために、先ほどお話したノウハウや型を覚えることが必要なのです。

ルーティンを崩すのはすごく簡単

ルーティン化(習慣化)するには、ある程度の時間がかかります。

ですが、良いルーティンが崩れるのはあっという間です。

そして、それを元に戻そうと修正するのは、かなりパワーのいる作業です。

出来れば、ルーティンを崩さないようにしたいのですが、ルーティンが崩れるのはすごく簡単なんです。

この3ヶ月の間で僕も何度も経験しました。

その中で、「なぜ、ルーティンが崩れてしまうんだろう?」と考えました。

その答えも結構簡単で『やることが多すぎる』のです。

この部分は身体作りに非常に似ています。

それをかなり前に記事に書いていました。

引き締まった身体を手に入れる前にやるべき事

2014.12.26

何かを成し遂げるためには、『選択と集中』が必要なんですよね。

集中することが難しい時代だから、工夫が必要

スマホなどに絶えず情報が流れていて、1つの事に集中することが難しいのが現代です。

だからこそ、集中するための工夫も必要になります。

僕は、タイマーを使って時間というプレッシャーをかけることで集中するようにしています。

このタイマーは音が出せないところでも、光で終了時間を知らせてくれるので、重宝しています。

まとめ

ブログを毎日書くって、慣れてしまえば苦にならないのですが、ルーティン化(習慣化)するまではけっこう大変です。

ルーティン化(習慣化)するために、記事を書くことやブログの運営方法などのノウハウなどを学び、自分の型を作ることが必要です。

そのためには、入れるばかりでなく、何かを捨ててスペースを作ることも必要になります。

そして、出来たスペースで成果を上げるために、集中することが必要になります。

3ヵ月毎日ブログを書くことで、様々な気付きや学びがあり、それをシェアさせて頂きました。

2016年は4月からも毎日ブログを書きますので、これからもよろしくお願いします!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
blog-writing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。