あれから体力は衰えていませんか?

test01_img02

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

東日本大震災から丸3年が経ちました。

震災の時の事は今でも鮮明に覚えています。

ですが、人間の決意というのは、意外とすぐに忘れてしまうものですよね。

僕もすぐ忘れてしまいます。(苦笑)

 

あの日、関東では交通がマヒして、多くの方が何時間もかけて歩いて帰宅をされました。

もちろん、何時間歩いて帰宅するのは大変ですが、もっと大変だったのは、その後です。

翌日に激しい筋肉痛になった方も多かったようで、体力の低下を実感した方が多かったようです。

 

それが証拠に2011年は男性のクライアントからのご依頼を非常に多く頂きました。

『会社を経営したり、ビジネスする事は大切だけど、体力が無かったり、健康でないとどうにもならない。』

と感じられたのが1番大きな要因だとみなさん、口を揃えてお話されていました。

 

あれから3年が経ちましたが、その後も身体を鍛えて、体力をつけたり、健康でいられるような生活習慣を続けていますか?

自分の体力レベルをチェックしてみましょう!

体力レベルをチェックするのは、結構難しいのですが、日常生活で大切なのは、足の筋肉です。

足は、大きな筋肉であると同時に歩く事はもちろん、階段の昇り降りなど日常生活で切っても切り離せない部分です。

そのチェックとして簡単なものをご紹介します。

それは、『椅子から片足立ちをする』というものです。

こんな感じです。

椅子に浅く腰掛けて頂き、片足を挙げて、両手を図のように前に出すか、胸の前でクロスしてください。

これを10回連続で行ってみてください。

10回がかなりキツイというかたは、足の筋力は黄色信号がともっている可能性大です。

改善にはこのエクササイズがオススメです!

足の筋力アップには、『スクワット』が1番オススメです!

筋力に自信が無いという方は、写真のように何かに捕まって、やってみてください。

写真くらい深くしゃがんでやって頂きたいです!

これを毎日15〜20回やっていただくのが、第1歩と考えています。

他にもチェックしたい項目は沢山あります。

その他にも色々とチェックしていただきたい項目はあるのですが、足の筋力低下が様々な問題を引き起こすので、健康ということを考えるとまずは足の筋力をチェックするのが良いと思います。

筋肉は年齢と共に低下していきます。

これは運動をたくさんしているとかしていないとかにかかわらずです。

(もちろん、低下のスピードには差がありますが。。。)

そのため、定期的なチェックが必要になります。

震災の事を考える時間や防災に着いて考えるとともに、あの時から自分の体力レベルはどうなっているかを見なおしてみては、いかがでしょうか?

LINE@始めました!
友だち追加数

     
test01_img02

2 件のコメント

  • この運動、最近通い始めたジムでやっています。3か月ごとに体力テストがあり、その中の一番最初の種目になっています。それで生まれて初めてやったのでなかなか大変でした。そしてひと月が経とうとする今日、自宅の椅子で挑戦してみたところ、なんとか数をこなすことが出来ました。右足に軽いつった症状は出てしまいましたが(^_^;)定期的に自宅でこの運動をして次回はもっと数をこなせるように頑張ります。それからスクワットがいいとの記載があるので、スクワットも加えてみようと思います。貴重なご意見ありがとうございました。

    • あさのさん
      はじめまして。
      コメント、ありがとうございます!
      ジムでやられているんですね!
      3か月ごとに体力テストがあるって、なかなかすごいですね!
      何回か出来るようなられているってことは、かなり成長されているってことですね!
      右足に軽いつった症状が出るのは、筋力が付けば解消できるかと思っています。
      スクワットは良いエクササイズなので、ぜひ加えてみてください!
      頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。