やはり市販の水素水には効果はありませんでした。。。

0b49127f-302e-4f0b-be10-2cc85889ad99

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

前にこんな記事を書かせて頂きました。

水素水に効果は無いけど、水を飲むのは良いことです!

この記事を書いた後、かなりの反響を頂いたのですが、やはり市販の水素水や水素水を作ると言われている装置には効果が無いことがニュースになりました。

「水素水を作る」とした2装置、人体への効果なし 国民生活センターが注意喚起

結論から言うと、謳われている程の効果はなかったということです。

この記事だけで、水素水の全てを否定することは出来ませんが、粗悪品が大量に出回っている可能性があるという証明ではないでしょうか?

水素水を飲むことが悪いということではないのですが、今回は今、僕が考えている事をお話したいと思います!

活性酸素除去能力の公的な評価方法や表示方法に関する基準はない

先程のご紹介した記事にも書かれているのですが、活性酸素除去能力の公的な評価方法や表示方法に関する基準は今のところ無いそうです。

各事業者ごとに独自に測定していることになります。

今回の調査では、

まず、事業者の検証方法で調べたところ、装置にかけた水には活性酸素を除去する能力はあったものの、事業者が広告などで主張する数値には達していなかった。

また、食品成分の活性酸素除去能力を評価する方法でテストをしたところ、どちらの装置も、活性酸素を除去する能力は確認できなかった。

と書かれているように評価方法が違うと、違う結果が出ています。

こうしたことを考えると『ウチは他の水素水とは違います!』と言われたら、要注意ですね!

水素水はアルカリイオン水と同じ?

また、先日、こんな記事も出ていました。

話題の「水素水」 かつてブームを巻き起こした「あの水」と同じだった…

こちらの記事では、水素水が過去に流行った『アルカリイオン水』と同じものだというのです。

キャッチャーなタイトルで衝撃を受けるのですが、よくよく記事を読むと

水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたものと同じタイプ

というものと、

水を電気分解するのでなく、濃度の高い水素水を水に溶け込ませるタイプ

のものがあるそうで、後者はアルカリイオン水とは別のものになります。

後者のタイプがあるとはいえ、ひとくくりに『水素水』と呼ばれるので、判別するのはなかなか難しいのが現状です。

水素水に効果がないかはまだ分かりません

ここまで書くと、『水素水には効果がなかったんだ。。。』と感じてしまいますよね?

水素水に効果がないかはまだ分からないというのが正直なところです。

誤解が無いように僕の見解をお話ししておくと

水素ガスに身体の活性酸素を除去したり、医学的に症状が改善した例があるのは事実です。

ただ、これは高濃度の水素ガスを直接患部に当てているなど水素水として飲んでいるモノはほとんどありません。

また、実験レベルでは高濃度の水素水が人体に良い効果が確認されているそうです。

ただ、研究段階で、これ水素水の効果と断定するだけの材料はまだ揃っていないとのことです。

ちなみに実験で使われている高濃度の水素水と同じものは、現段階では市販されていなくてあくまで実験用のものです。

以上のことから、

現時点では、人体に効果がある水素水は販売されていない。

市販の水素水を飲むのも水を飲むのも大して変わらない。

というのが、現時点での僕の見解です。

『水素水が身体に合っている!』という方は、飲み続けるのが良いと思いますし、『高いお金を払ってまで水素水を飲む必要は無い』という方は、飲まなくても良いと思います。

1つだけ言えることは、現代は1日の適量の水分を摂取出来ていない人がかなりいらっしゃいます。

それによって、代謝がうまく行われず、不調になっている人もいるのが現状です。

意識的に水を飲み始めることによって、身体の中で良い反応が出る可能性は十分あります。

水道水でも、ミネラルウォーターでも、アルカリイオン水でも、水素水でも良いので、自分の気に入っているお水を飲む習慣は続けてください!

水を飲むことは身体にいいことですから!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
0b49127f-302e-4f0b-be10-2cc85889ad99

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。