脳が疲れると太りやすくなる?

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤です。

先日発売された雑誌Tarzanの表紙は、

 

こちらで、疲労について色々な事が書かれています。

 

 

疲労しない身体が欲しいと思ったことがある方もいるかと思いますが、

疲労を感じるということは実は、人間にとって非常に大切なことです。

 

なぜなら、疲労を感じなければ、どこかで身体に限界が来て、

ある日突然、倒れてしまったり、身体が動かなくなるということが起こります。

 

その前に身体を休めるために、疲労というのを感じるようになっています。

 

 

身体の疲労は感じたことがあるという方は多いと思いますが、

『脳が疲労している』と感じたことがある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

 

僕自身は「あまり脳が疲れたな」と感じたことはありません。(笑)

 

 

ですが、

現代人はかなりの確率で脳が疲れているそうです。

脳が疲れていると身体に様々な影響が出てきます。

 

その1つに太りやすくなるということが挙げられます。

 

『最近、一生懸命夜遅くまで仕事をして、

疲れを感じるのと身体がなんとなく太った気がする。。。』

 

という方は、夜遅くの食事が原因ではなく、脳疲労が原因かもしれません。

 

 

それを紐解くキーワードは

『自律神経』です。

 

脳と自律神経の関係をお話しながら、

脳疲労が太る原因になる理由をメルマガでお話したいと思います。

 

 

無料メルマガ登録はこちらから

 

『身体のプロが教える正しい身体の作り方・使い方』
お名前  (例)山田 太郎
Eメール
 このメルマガはバックナンバーを発行しておりませんので、お見逃しのないようお願いします。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。