たんぱく質を食べるとお肌がキレイになるって本当?

clear-skin2-e1372729077551

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

5月からメルマガ読者さん限定で、食事のサポートをさせてもらっています。

今回の参加者は全て女性なのですが、多くの参加者からこんな感想を頂きました。

「たんぱく質を意識して食べるようになって、お肌がキレイになりました!」

これって、気のせいですか?と聞かれたましたが、気のせいではありません。

たんぱく質をしっかりと食べるとお肌はキレイになります!

今日は、たんぱく質をしっかりと食べるとお肌がキレイになる理由をお話したいと思います!

お肌はたんぱく質で出来ている

肌をキレイにしようと、コラーゲンを一生懸命とっていたことがあるという読者さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

残念ながら、コラーゲンを口から食べてもお肌はキレイにはなりません。

もし、コラーゲンを食べてお肌がキレイになった人は、たんぱく質が足りていない可能性大です!

実は、コラーゲンはアミノ酸で構成されています。

そのため、食事でコラーゲンを食べると1度分解されて、アミノ酸となって、体内に吸収されます。

肉や魚、豆というたんぱく質も、食べると1度分解されて、アミノ酸となって、体内に吸収されるのです。

つまり、体内に吸収されるときは、すべてアミノ酸となって吸収されるのです。

そのアミノ酸が、色々な過程を経て、肌の再生に関わるのです。

お肌は、たんぱく質で出来ているのです。

たんぱく質を食べているのにお肌がキレイにならない理由

1日のうちでたんぱく質を食べていない人はほとんどいないと思います。

みんな、何かしらのたんぱく質(肉や魚、豆、乳製品など)を食べているので、たんぱく質は必ず摂取しているはずです。

それでは、なぜ、たんぱく質を食べているのに、お肌がキレイにならないのでしょうか?

それは、

『1日に必要なたんぱく質量が足りていないから』

というのが理由です。

実は、たんぱく質は、お肌の原料になるだけでなく、筋肉、髪の毛、爪、酵素、ホルモンなど人間を構成するほとんどのものに必要な栄養素です。

そのため、結構な量が1日必要になってきます。

その一つの目安が、体重のgくらいたんぱく質を食べるというものです。

例えば、体重が50kgの人は、1日50gのたんぱく質を食べるということです。

これは、鳥のささ身5本、卵(Mサイズ)なら10個食べないと摂取できない量です。

この量を1日に摂取できている人は以外にも少ないのです。

そのため、たんぱく質が肌の再生まで回らず、肌の再生がうまくいかないのです。

たんぱく質を意識して食べてるとお肌がキレイになる!

たんぱく質を意識した食生活をすることで、1日に必要なたんぱく質量がしっかりと取れ、肌の再生にたんぱく質が回ってくるようになるとお肌がどんどんキレイになってきます。

これは、たんぱく質の摂取量が増えることもあげられるのですが、無駄な糖質を取らなくなることも要因の1つに挙げられます。

また、食生活を改善する際に、ビタミンやミネラル類の摂取も同時に意識をして頂くのですが、これも要因の1つだと考えています。

たんぱく質を必要量しっかりと食べる食生活に変わると、お肌がキレイになるのは、肌の再生に必要なたんぱく質がちゃんと身体の中にあるからです。

手軽に取れるオススメの食材はこちら

たんぱく質を食べるとお肌がキレイになることはわかったけど、どんなたんぱく質を食べたらいいのか気になりますよね。

僕のオススメは『ゆでたまご』です。

昔は、「黄身を食べるとコレステロールが。。。」みたいなことを言われていましたが、それは過去の話です。

黄身をたくさん食べても問題ありません。

黄身の中には、肌の再生に必要なビタミン・ミネラル類がしっかりと含まれているので、ゆでたまごを食べるだけで十分です。

僕は、1日3〜4個のゆでたまごを食べています。

美容液を肌の上から塗るのもいいですが、肌の原料となるたんぱく質を摂って、身体の中からキレイな肌を作れるようにしてみてはいかがでしょうか?

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
clear-skin2-e1372729077551

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。