コンビニのサラダチキンが美味しいのは、いろんなモノを添加しているから

4901010810008_main_l

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

コンビニで買えるダイエット食材で一躍有名になった『サラダチキン』

食べたことがあるっていう方も多いのではないでしょうか?

僕もサラダチキンが発売されて、すぐに購入して感じたことを記事にさせてもらいました。

ネットで話題のダイエット食品を食べて感じたこと。

2013.11.18

その時は、このチキンは成型肉じゃないかという疑問を持ったのですが、結果は違っていました。。。

ですが、ある方から、サラダチキンの事を聞いて、色々と謎が解けました。

今日は、コンビニのサラダチキンの事についてお話させていただきます!

なぜ、全ての胸肉が同じ重さなのか?

コンビニで売られているサラダチキンが全て同じ重さだということに、発売当初から疑問を感じていました。

その疑問を考えた末の結論が、『成型肉ではないか?』ということだったのですが、これは違ったとお話をさせて頂きました。

その答えがある方からの話で解決しました。

その答えとは、

『旨味の成分を後から添加しているから』

ということです。

簡単にいうと、茹でた胸肉に後から、注射のようなもので、旨味成分となる添加物などを充填しているそうです。

これによって、形が違う胸肉でも、均一の重さに調整できるのです。

余談ですが、2年前よりサラダチキンのサイズが10gサイズダウンしているそうです。。。

ただ茹でた胸肉と比べると味が全く違う!

記事を書いた2年半前に、サラダチキンを自社で作ろうと考えたことがあります。

そのサンプルとコンビニのサラダチキンを食べ比べて、味が全く違うことに驚きました!

どう違うかというと、コンビニのサラダチキンは、ポテトチップスのチキンコンソメの味がするのです。

サンプルのサラダチキンは茹でただけですから、鶏肉の味がほのかにするだけで、お世辞にも美味しいとはいえませんでした。

その一方で、コンビニのサラダチキンは、味がしっかりとついていて、美味しいと感じてしまう味付けになっていたのです!

旨味を後から充填することで、あの独特の柔らかさと食べて美味しいと感じる味になっていたのです。

添加物が悪いということではありません。

ここまでお話すると『添加物が沢山入っているなら、良くないですよね?』と考えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、僕はそういうことが言いたいわけではありません。

添加物は人類が飢えから逃れるために考えた知恵といえるものでもあります。

現代人の生活に合わせて、食物をある程度日持ちさせようと思ったら、必要になる部分ではあるからです。

添加物に過剰に反応している方は、こちらの記事をご覧頂ければと思います。

「~は食べてはいけない!」との煽りは不適切…添加物等での健康被害は起きていない

この記事で、色々な見方があることが分かって頂けたかと思います。

ダイエットに良いからと毎日毎日沢山のサラダチキンを食べているって人はそんなにいないと思います。

食べても週に数回と言ったところでしょう。

これは聞いた話ですが、毎日2個ずつコンビニのサラダチキンを食べ続けて、肌がキレイになったという女性もいるそうです。

たんぱく質を食べるとお肌がキレイになるって本当?

2016.05.30

食べる食べないは個人の自由です。

コンビニのサラダチキンがどのように作られているかを知って、食べないという選択をする方もいらっしゃると思います。

僕は添加物をある程度摂取するのは、仕方のないことだと考えているので、たまにコンビニのサラダチキンを食べることもあります。

食べる食べないは、個人の自由なので、そこは各個人の価値観で選んで頂ければ良いかと考えています。

添加物を絶対取りたくない!と思うのか?

手軽にたんぱく質が摂れていいじゃん!と思うのか?

は人それぞれですもんね。

僕はコンビニのサラダチキンの疑問点が解決して、スッキリしています。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
4901010810008_main_l

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。