ルールを守れない自分に自己嫌悪になる前にこれをやろう!

self-hate

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先日のBlogで85%の方が、年始に立てた目標を1月15日までに挫折するというデータがあることをご紹介しました。

年始に立てた目標を挫折しないで達成する方法

2016.01.15

年始に立てた目標を達成する方法をお伝えしようとBlogを書いたのですが、その後、LINE@に頂いたメッセージは、意外なものでした。

『私は、85%の人間です。。。』
『安藤さんみたいにストイックにはなれないです。。。』
『手順は分かっていても出来ないから困っているんですね!』

など、ネガティブなものが非常に多かったのです。

よくよく考えると、85%の人が該当するくらいの事なので、「出来ている」という人の方よりも「出来ていない」という人から意見がたくさん来るのは予測できたのに、気が付きませんでした。(苦笑)

メッセージを頂いた方々とやり取りをさせていただいて、ある共通点があることに気がついたので、今日は、それをお話したいと思います!

自分のやりたいことを明確に持っている人がスゴく多い!

今回、メッセージを頂いた方の多くとやり取りして、1番初めに感じたことは、

『自分のやりたいことを明確に持っている人がスゴく多い!』

ってことです。

皆さん、自分がやりたいことを持っているけど、思うように行動できなくて、悩まれていました。

そして、多くの方から出てきたのは、

『自分のやりたいことがあるのに行動できない自分がイヤ!』

というフレーズです。

自己嫌悪に陥ってしまうのは、あまりにもルールを守ろうとしすぎているから

『自分のやりたいことがあるのに行動できない自分がイヤ!』と感じている理由をお聞きすると

『ルールを守ることが出来ていないから』

という回答が最も多かったのです。

「僕よりもよっぽどみなさんの方がストイックでしょ?」って正直思いました。(笑)

なにかを始めるときは、最初に決めたルールを守る事は、重要です。

ダイエットをすると決めたら、

・◯月までに、◯◯kg落とす!
・毎日体重に乗る(お風呂に入る前)
・3時のおやつをやめる
・毎食、こぶし大のたんぱくを食べる

と目標とそれを達成するルールを決めます。

そして、それを守っていく。

まずはこれが基本になります。

ですが、時として、それを守れない時がありますよね?

例えば、

・どうしても断ることの出来ない先輩に飲みに誘われた
・取引先の方におみやげをもらい、その場で食べないと行けなかった
・試食が仕事で、それをやめることは出来ない

なんかがあるかと思います。

こうしたやむを得ない事情の時にルールを守れないのは、仕方ないと思いながらも、『自分は意志が弱いな。。。』と思ってしまい、その後、ドカ食いしてしまった。。。なんてケースはかなり多くあります。

これはルールを厳格に守ろうとしすぎているから起こっているのです。

毎回毎回、完璧にルールを守れる人はほとんどいない。。。

ボディメイクやダイエット目的のクライアントの多くが、初めにご説明する食事のルールを完璧にこなせません。

多くのクライアントが2回めのセッションの際に

『お酒を控えるのは難しかった。。。』
『夜食べ過ぎてしまった。。。』

など、ルール通りにいかなかったことをお話してくれます。

一度聞いただけで、ルールを完全に守れる人はいませんし、毎食毎食、完璧にルールを守れる人もいません。

でも、そういう方達が目標を達成できるのは、あることを知っているからです。

それは、

『リカバリー方法を知っている』

ということです。

『お酒を控えるのは難しかった。。。』
→お酒を飲むときに何を食べればよいか知っている

『夜食べ過ぎてしまった。。。』
→次の日の食事内容で帳尻を合わせる方法を知っている

起こってしまった事をなかったコトには出来ません。

起こってしまった事にどう対処するかで未来は変わります。

その対処法を知っているか、知らないかで、その後の行動の継続率は大きく違ってきます。

対処を知っていると『完璧に出来ていないけど、このままで大丈夫!』っ思えるんですよね!

そう思えて、行動を続けられれば、自分のやりたいことを達成することが出来るようになります!

リカバリー方法を知るために必要なこと。

ここまでお話して、リカバリー方法を知る必要性がおわかり頂けたかと思います。

では、リカバリー方法知るために必要なことは何なのでしょうか?

リカバリー方法を知るために必要なことは、

その方法を知っている人にアドバイスをもらう

ってことです。

結果が出ていない自分が1人でどれだけ考えても、有効な解決策は出てきません。

それよりもモンモンと考えて、ネガティブな感情が湧いてきて、行動できないとなるのがオチです。

僕も会社員時代はそうでした。

そして、行動できなくて、自己嫌悪。。。この繰り返しでした。

 

独立してからは、周りに優秀な方が沢山いてくださるので、相談しまくっています。(笑)

そうすることで、有効な解決策や対処法を教えてもらうことが出来ます。

対処法が分かれば、目の前の問題が解決されるので、どんどん前に進むことが出来て、行動が加速するので、良い循環が生まれます。

そうした良い循環を生むために専門家がいるのです。

専門家に問題点を解決するアドバイスをもらう

これがリカバリー方法を知るための最短距離です。

まずは専門家に相談してみてはいかがですか?

LINE@始めました!
友だち追加数

     
self-hate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。