行動できない最も大きな理由はこれだ!

portrait-317041_640-600x401

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

行動しない人に共通する口癖の話を書かせていただいたのですが、かなりの反響でした。

行動しない人に共通する口癖とは?

2016.07.08

『いつやるの?今でしょ!』が流行った時だけでなく、行動をしたいけど、なかなか実行に移せないという人がいつの時代もいるということなのかもしれません。

そういう僕も「これやらないといけないな。。。」って思いながら、数日過ごしていることがよくあります。

まだまだ改善をする点はあるのですが、それでも独立してからはかなり行動をしている方だと言って頂けています。

でも、独立してすぐに行動できたわけではありません。

行動が出来るようになったのは、先輩方から様々な事を教えていただいて、僕の考え方が変わったからです。

その教えの中で感じたことは、行動できない最も大きな理由は、

『失敗したくないから』

という感情が出てくるからだと考えています。

今日は、行動できない最も大きな理由についてお話したいと思います!

行動できない最も大きな理由は失敗したくないから

先ほどもお話したように行動できない最も大きな理由は『失敗したくないから』という感情が出てくるからだと僕は考えています。

これを無くしなさいってことは、個人的には無理だと思っています。

失敗したくないっていうのは、本来人間に備わった本能ではないかと考えているからです。

というのも、人間は自然界で考えるとそんなに強い生物ではありませんでした。

その生物が文明によって、地球にいる生物の頂点に上り詰めようとしたわけです。

そうなると当然失敗は出来ない。

なぜなら、失敗は『死』を意味するからです。

人間には他の動物と違い知性があるので、学習をすることによって、その失敗を防ぎ、進化することでここまでの地位を気づいてきました。

そう考えると『失敗したくない』『失敗できない』という感情が生まれるのは自然なことなのではないかと思うのです。

行動できる自分になる方法

『失敗したくない』という感情が生まれるのは、自然なことだから、行動しなくてもいいや!とはなりませんよね?

行動しない人に共通する口癖の記事への反響がそれを物語っていると思います。

では、どうしたら、行動ができるようになるのでしょうか?

まずは、感情を受け入れるということだと思います。

失敗したくないと思うことは自然なことで、感じてもいい感情なのだと。

その上で、失敗の捉え方を変えることだと思います。

僕が先輩方から様々な事を教えていただいて、変化が起こった部分は失敗への考え方です。

感情を受け入れて行動する

失敗したくないと思う感情が自然なことだと思えたら、次は、失敗の捉え方を変えるということです。

多くの行動できない人は、先ほどもお話したように『失敗=死』という捉え方をしています。

失敗をすると一生が終わってしまう。。。みたいな事を想像しているのです。

そんなことはありません。

多くの成功している先輩方にお話を聞くと「マジっすか!?」って思う失敗や修羅場を経験されて、今のポジションを気づき上げていらっしゃる方がほとんどです。

その方々は、失敗はすべて成功への過程の「必要な経験」だと捉えていらっしゃいます。

松下幸之助さんも以下のように言われています。

失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
成功するところまで続ければ、それは成功になる。

つまり1度の失敗で行動することを終わらさなければ、それは失敗にはならないのだと考えているのです。

失敗をおいしいって思えるか?

これは僕が独立当初に師匠に言われたことですが、

『失敗をした時に、これ、おいしいじゃん!』

って思えるかってことです。

失敗した時は苦しい気持ちや悲しい気持ちになりますが、それも時間とともに薄れてきます。

その失敗を克服して成功した時に、人にその失敗を話すことが出来るというのは、その人の魅力に繋がると言われたのです。

初めは言われている意味がわかりませんでしたが、自分が失敗をしてそれを人に話せるようになったら、その意味が分かりました。

人は他人の自慢話や成功話を聞きたいのではありません。

挫折や失敗したことを聞きたいのです。

他人の不幸は蜜の味ってやつですね。(笑)

そう思えるようになったら、失敗した時には、この経験をどうやって克服して、そしてネタにできるかなって考える事ができるようなりました。

こう考えていると、失敗している事、忘れちゃうんですよね。(笑)

失敗をおいしいとは思えない人へ

失敗をおいしいと思っている話をすると、多くの人が『安藤さんは変わっている』と思うようです。

この考え方が全て正しいということではありませんし、全ての人がこう考えられるとは思っていません。

お伝えしたいのは、

死ぬ以外はかすり傷

ってことです!

この考え方を持てるかどうかが重要なのです!

現代はすぐに死んでしまうような失敗をすることはほとんどありません。

小さな失敗なんて、時間が立てば治るかすり傷と同じなのです。

その一瞬や少しの間は痛みを伴いますが、気がついたらいつか消えて、キレイに治っているのです。

僕自身も独立当初に、一緒に仕事をしようと育てた女性トレーナーに裏切られたり、パートナーになろうと持ちかけられた人に騙されたりと色んな失敗をしました。

でも、独立して7年生き残っていますし、その失敗を糧に前に進んでいます。

どんな考え方でも良いのですが、失敗に対するメンタルブロックを解除できる考え方を手に入れてください!

それには、今自分の周りにいる人ではなく、僕みたいに変わっている人と接するのが良いと思います。

というのは、冗談ですが、僕のように先輩方から教えていただくのが1番だと思います。

前にもお話した具体的に人が変わるには、3つの方法のうちの

3番目、つきあう人を変える。

をするってことですね!

失敗なんてかすり傷!
失敗しても成功するところまで続ければ、成功になる!

ってマインドを持って、今日も楽しい1日を過ごしましょう!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
portrait-317041_640-600x401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。