トレーナーがブログなど記事を書けない理由と、書けるようになる対処法

laptop

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

「2016年は毎日ブログを書く!」と決めて、あと2ヵ月半でその期間も終わりを迎えます。

このままいくと、1年で365記事を書くことになります。(当たり前ですね。笑)

2016年はうるう年なので、366記事ということです。(TOSJIさん、コメントありがとうございます!)

2016年10月14日現在で、このブログの全記事数が539なので、実に半数以上が今年書かれたものになります。

こんな話をすると

『よく毎日そんなに書くことがありますね』

『ネタが尽きることはないんですか?』

などと言われることが多いです。

様々なことがブログを書いたことで起こりました。(これは1年毎日ブログを書けたら書こうと思っています。)

ブログは書く時間こそ取られますが、無料で始められますし、個人事業主が多いパーソナルトレーナーとはビジネスの面で相性の良いツールだと考えています。

それなのに、多くのパーソナルトレーナーが

『文章を書くのが苦手で。。。』

といって、ブログを継続的に書くことをしない場合がほとんどです。

これにはちゃんとした理由があるんですよね。

今日は、ブログなど記事を書けない理由と、書けるようになる対処法をお話したいと思います!

ブログ記事が書けない理由

ブログが書けない理由は人それぞれあります。

『書くことが無い』とか『読んでくれる人が少ない』とか『なにか言われるのが怖い』とか色々ありますよね?

でも、ブログなど記事が書けない理由は以下の4つがほとんどです。

  • 誰に向かって書いているのかが不明確
  • 書くだけの知識が無い
  • 書くだけの経験が無い
  • 書くためのスキルがない

誰に向かって書いているのかが不明確

ブログ記事を書けない理由の最も大きい部分はこれです。

こちらの記事ではダイエットを題材に書きました。

あなたがダイエットするのは、誰のため、何のため?

2016.09.22

これはダイエットに限らず、ブログ記事を書くときにも言えることです。

ブログに記事を書き、情報発信を『誰のため、何のためにするのか?』を明確にする必要があります。

これが明確でないと、すぐにブログのネタ切れになってしまいます。

このブログは、

  • ダイエットをしているけど、うまくいかない。。。
  • 巷にあふれるダイエット情報に右往左往してしまっている。。。

という人に向けて、平日情報発信をしています。

そして、週末はパーソナルトレーナーさん向けにビジネスのネタを書くようにしています。

今日はパーソナルトレーナーさん向けの記事ってことです。

パーソナルトレーナーさんが、ブログを書く目的はこちらの記事でも書いたように『集客』が主ではないでしょうか?

ブログで情報発信をしようと思っているけど、なかなか出来ない本当の理由

2016.01.23

目的は明確なのに、『誰に向けて書くのか?』が不明確場合は、まずはあなたが情報を届けたい人を明確に決めてください!

書くだけの知識が無い

『誰のため、何のために書くのか?』が明確になったのに、書けないという人は、『書くだけの知識が無い』という場合もあるかもしれません。

新人トレーナーの時は専門性を発揮した記事を書くだけの知識がないかもしれません。

そのためには、知識をつけることしか無いので、インプットをしてください。

覚えておいてほしいことは、専門性が高い記事を書くことが必ずしも正しいということでは無いのです。

先程もお話したように『誰のため、何のために書くのか?』ということによって、記事の内容などは変わってきます。

たとえば、自分のクライアントに向けて記事を書くのであれば、日記のような内容でも良いかもしれません。

新規クライアントを獲得したいなら、セッションの雰囲気が分かる記事を書いたほうが良いかもしれません。

そうなると、今の知識でも十分に記事を書くことが出来ますよね?

書くだけの経験が無い

書くだけの知識を得ようと思ったら、Googleで検索した内容を寄せ集めても記事を作ることは出来ます。

ただ、これだと文章に深みが出ないんですよね。。。

なぜなら、徹底的なリサーチをしても、その情報をまとめるだけだとただのコピペ記事だからです。

同じ内容やサービスを扱っていても、あなたらしい独自性のある深い記事を書くには、

経験

が必要です。

題材にしていることを自ら体験していることで、経験談やあなたらしい視点からの記事が書けるのです。

何かのダイエットネタを紹介する時は、実際に自分がやってみる

セミナーに実際に参加してみる

など実際にあなたが体験し、経験したことを元に記事を書いていくのです。

そのためには、行動を起こし、自ら色々と動く必要があります。

書くためのスキルがない

これも多くのパーソナルトレーナーさんが言われることです。

書くことは難しいことではありませんが、書く練習をしないと書けるようにはなりません。

そのために必要なことは、『インプット』と『アウトプット』です。

記事が書けないと行っているトレーナーさんの多くが読書をほとんどしていません。

本を読む、つまり文章や文字に触れる機会が少ないので、書けないのです。

「文章を読む」というインプットによって、文章の書き方が分かり、「記事を書く」というアウトプットが強化されるのです。

本は読んでいるけど。。。というあなたはこちらの記事を参考にしてみてください!

毎日ブログを書くためにやるべき5つのこと

2016.01.31

お恥ずかしい話ですが、僕が独立を考え始めて、8年前に最初に書いた記事がこちらです。

今読むと、「なんじゃ、こりゃ!」って思いますが、このくらいの書く力しかありませんでした。

それが文章を書いていく内に、色々な事を学び、文章がスラスラと書けるようになったのです。

文章を書くのは筋トレに似ていて、継続して続けるとスラスラと書けます。

怠けると段々と書く力が落ちてきて、スラスラと書けなくなります。

僕も2016年の最初の3ヵ月は毎日書くのが結構しんどいなって感じていました。

でも、毎日書いている内に色々と工夫をして、今では毎日記事を書くことが苦になることはありません。

まずは何でも良いので、毎日書いてみることです。

人に見せる自身が無いのなら、匿名でもいいので、まずはブログを開設して記事を書いていくことです。

いきなり100kgのベンチプレスが挙がらないように、長文の専門性の高い記事は書けないのですから(笑)

まとめ

パーソナルトレーナーさんがブログ記事をかけない理由と対処法をお伝えしました。

まずはあなたがブログ記事を書けない理由は以下の4つのどれかを考えてみてください。

  • 誰に向かって書いているのかが不明確
  • 書くだけの知識が無い
  • 書くだけの経験が無い
  • 書くためのスキルがない

その上で、それぞれに対処するための行動を具体的に起こしてください。

パーソナルトレーニングを1度受けただけでは身体が変わらないように、ブログを1記事書いただけではあなたに変化は起こりません。

まずは、3ヵ月毎日何かしらの記事を書いてみてください。

そうするとブログだけでなく、文字を書くということが格段に上手くなることに気がつきますよ!

12月3日(土)にブログを中心に情報発信をするためのセミナーを開催します!

詳細、お申込みは、以下のリンクをご覧ください!

Blog・SNSにあなたの知識をアウトプットすることで、セッション以外に月10万円売上を上げる方法

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
laptop

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。