有酸素をしない理由。

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤です。

先日のブログでトレーニングを始めたばかりの方には、有酸素運動をしないという話をしました。

 

『なぜ?』と思った方が多くいらっしゃるかと思います。

 

ダイエットやシェイプアップを目的とされている場合でも、

有酸素運動を初めにすることはほとんどありません。

理由は2つあります。

 

1つは、筋肉量が少ない状態で有酸素運動をしても効果が少ないからです。

 

筋肉からエネルギーが出るのですが、それが少ないという事は、

車で言うとエンジンが小さいという事です。

 

という事は、なかなかエネルギーが出ません。

 

そのため、筋肉量を増やす(車で言うとエンジンを大きくする)事をしてから、

有酸素運動をした方が効率よく脂肪燃焼が出来ます。

 

 

もう1つは、ウエイトトレーニングで鍛える筋肉は主に速筋と呼ばれる筋肉です。

この筋肉は、短距離の様な瞬発的な動きの際に主に働く筋肉です。

 

一方で、有酸素運動は、速筋ではなく遅筋を使います。

つまり、ウエイトトレーニングと有酸素運動では、使う筋肉が違うのです。

 

僕もウエイトトレーニングのみの場合と

ウエイトトレーニング+ランニングで身体を作った事がありますが、

ウエイトトレーニングのみの場合の方が、明らかにつく筋肉量が多いです。

 

ブログでは何回もお話ししていますが、まずは筋肉量を増やす事で、

エネルギーの出る身体にする為には、ウエイトトレーニングを中心にした方が効率がいいのです。

 

もちろん、今までランニングをされている方や筋トレをされていた方は、

始めから有酸素運動をする事もあります。

 

今回のお話は、あくまでトレーニングを始めたばかりの方や

トレーニングを久しぶりに行うという方が、パーソナルトレーニングを受けて頂く場合です。

 

何となく、提供させていただいているパーソナルトレーニングのイメージを

掴んで頂く事が出来たでしょうか?

 

もっと知りたいと思って下さった方は、こちらからご連絡頂けると嬉しいです。

『2013年は身体を変えたい!』という方のもとに伺います!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。