ダイエットの食事管理にはジップロックコンテナーがオススメです!

333_1_Week_of_Lunches_in_1_Hour_Hero_2X

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

前にご紹介したインタビューの際にダイエットの食事管理の話になりました。

インタビュー動画が公開されました!

2016.02.18

その際に、インタビュアーのエリックさんが『週末にまとめて食事を作って、管理している』とお話をされていました。

「これはスゴく良いな!」と思ったので、早速実践をしてみました!

結論からいうと、この食事管理方法は、オススメです!

今日は、まとめて食事を作って、管理する事を実践した感想をシェアさせていただきたいと思います。

今回の食事管理方法

今回は、教えていただいたように、『まとめて食事を作って、管理する』という方法をそのまま実践しました。

今回使った道具はこちらです。

大、中、小とサイズがあるのですが、中が1番使い勝手が良かったです!

こちらのジップロック®コンテナーに、休みの日にまとめて料理をしたものを入れ、冷凍庫で保存する。

というのが今回行った食事方法です。

まとめて食事を作って、管理するメリット

まとめて食事を作って、管理するメリットは、以下の3つです。

『食事量と質の管理』
『時間の短縮』
『食費が安くなる』

食事量と質の管理

まとめて食事を作ることで、食事の量と質をコントロールすることが出来ます。

僕の場合は、まとめて炊いたお米をジップロック®コンテナーに詰め、おかず(鶏肉と少しの野菜)を別のコンテナーに入れるようにしました。

こうすることで、食事の質をコントロールすることが出来ます。

また、1回1回作った場合に生じる『作りすぎて沢山食べちゃった!』という現象も起こらず、食事量を一定にコントロールすることが出来ます。

これはダイエットをする場合に非常に有効だなと感じました。

ダイエットの大敵は、『何を食べたら良いか分からない』『食事量をコントロール出来ない』ですから。

時間の短縮

こちらは、エリックさんがおっしゃっていたのですが、食事の準備にかかる時間が大幅に短縮できます。

必要な分を冷凍庫からだして、レンジでチンするだけですから。(笑)

余った時間で、筋トレやランニングなど、エクササイズも出来ると思うと、ダイエットが更に効率よく出来そうです!

食費が安くなる

最近の僕は、朝食以外はほとんどが外食でした。

それが自炊に切り替わったようなものなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、食費が安くなりました。

いかに外食すると食費が高くなるのかを再確認しました。(苦笑)

身体のダイエットでは無いですが、家計のダイエットは出来そうです!

この3点が今回行ってみたメリットです。

まとめて食事を作って、管理するデメリット

まとめて食事を作って、管理するデメリットを僕はあまり感じないのですが、人によっては、以下の点をデメリットと感じるかもしれません。

容器がジップロックだと味気ない
電子レンジを使うのがイヤ

僕は容器をレンジでチンして、そのまま食べることに抵抗はないのですが、人によっては、『食事が味気ない。。。』と感じるかもしれません。

その場合は、洗い物が増えてしまいますが、容器を移し替えるしか無いかなと思っています。

また、『電子レンジを使うのがイヤ』という人には、そもそもこの方法は向かないですね。。。

食事を管理するのがダイエットの近道です

ジップロック®コンテナーで食事を管理することについてお話しましたが、これは食事を管理する1つの方法です。

方法はなんであれ、ダイエットで大切なのは、日々の食事の内容です!

食事を管理出来れば、方法は自分に合ったもので問題ないです。

『料理をする時間が無い』
『オフィスの周りにダイエットランチをする場所が無い』

などの問題がある場合は、こちらの方法がオススメです!

ランチの際は、ジップロック®コンテナーよりこちらが便利です。

こうしたものを上手に使って、食事管理の負担を軽くして、ダイエットを成功させちゃいましょう!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
333_1_Week_of_Lunches_in_1_Hour_Hero_2X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。