筋トレ後の食事をコンビニで選ぶならこれ!オススメ商品5選!

11-10-15_img17

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

筋トレをしたあとは、プロテインを飲んでいるという人も少なくないと思います。

筋トレをして、プロテインを飲むのも良いですが、食事が出来るなら、食事を摂ったほうがより体づくりには効果が高いです。

もし、あなたが運動後1時間以内に通常の食事ができる場合は、基本的にはプロテインなどの補食は必要ありません。

アスリートなど運動強度、運動量が多い人は除く

特に今はコンビニがいたるところにあり、簡単に食事を取ることが出来る環境が整っています。

今回は、筋トレ後の食事をコンビニで選ぶ時にオススメ商品をご紹介したいと思います!

オススメ商品はこちら!

筋トレ後にコンビニで食べるなら、オススメ商品はこちらです。

  1. 塩むすび
  2. ゆで卵
  3. サラダチキン
  4. ツナ缶
  5. バナナ

塩むすび

11020002219

筋トレ後はたんぱく質の補給もしたいのですが、筋トレで失った糖質(グリコーゲン)の補充もしたいところです。

また炭水化物を食べることで、インスリンが分泌され、筋肉の合成が促進されます。

筋肉をつけたいなら、トレーニング後におにぎりを食べましょう!

2016.06.29

糖質の補充にオススメなのが、『おにぎり』です。

コンビニの『塩むすび』は添加物も少なく、食べごたえもあり、オススメです!

僕が個人的に1番オススメなのは、セブン-イレブンの塩むすびです。(笑)

ゆで卵

paushtik-tatvo-se-bharpur-650x433

コンビニで手軽に食べられるたんぱく質の代表として、1番オススメなのは『ゆで卵』です!

たんぱく質が取れるだけでなく、黄身にはビタミン類も豊富なので、トレーニング後にはもってこいの食材です。

ゆで卵は、小腹が空いたときの間食としてもオススメですよ!

サラダチキン

d2550e5d

ダイエット時に使える食材として瞬く間に人気商品となった『サラダチキン』

低カロリーで高タンパク質なので、筋トレやダイエットの強い味方です!

1パック200円前後とお手頃な価格で手に入るのに、満足度も高いので人気ですよね。

サラダチキンについては、いくつか記事を書いたので、こちらを読んで頂き、上手く活用していきたいですね!

ダイエットの強い味方『コンビニサラダチキン』を食べるときに気をつけたいこと

2016.10.03

ツナ缶

enhanced-4136-1432853259-4

コンビニだけでなく、スーパーでも手軽に手に入る『ツナ缶』もオススメです!

脂質を気にする人は、ノンオイルのツナ缶を、そんなに脂質を気にしない方は、通常のツナ缶を食べてください。

サラダに乗せて、食べるなどたんぱく質を増やしたい時にも使える食材です。

ゆで卵やサラダチキンとは違い、常温で保存も出来るので、筋トレしている人の中には、デスクに入れているという人も少なくないようです。

バナナ

cg-uua2uyaadyjv

『塩むすびやゆで卵など固形のモノはちょっと。。。』という人には、バナナがオススメです!

今は、1本ずつ個包装で売っているコンビニがほとんどなので、1本食べてしまうのもアリです。

バナナを食べた後にしっかりとたんぱく質も補給するのも忘れないで下さいね!

コンビニも上手に使えば、身体づくりの強い味方です!

『コンビニの商品は身体に良くない。。。』ってことが言われますが、全ての商品が身体に悪いわけではありません。

うまく活用することで、身体づくりの強い味方にもなるのです。

ここでのポイントは、

目的のものだけを買って、サッと出てくる

ってことです。

コンビニは色々な商品があり、誘惑が非常に多いです。

僕も新商品のドリンクやアイスに目がいくこともあります。(笑)

その誘惑に負けないためにも、目的のモノを買って、すぐにコンビニをあとにしましょう!

そうすれば、コンビニもあなたの身体づくりの強い味方になってくれますよ!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     
11-10-15_img17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。