トレーナーに大切にされていると感じたことがありません

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先週、こんな記事を書きました。

今、目の前にいるクライアントを大切にしていますか?

こちらはパーソナルトレーナーさん向けに書いた記事なのですが、この記事を読んでくださった読者さんから、LINE@にメッセージを頂きました。

そのメッセージは、先程ご紹介した記事で書いた通りの事が現場で起こっているということを証明する内容でした。

今日は、パーソナルトレーナーとクライアントの関係について頂いたメッセージで考えたことをお話したいと思います!

LINE@に頂いたメッセージはこちら。

LINE@に頂いたメッセージはこちらです。(プライバシー保護のためアイコンにモザイクをかけています)

img_5030 img_5029

初めにこのメッセージを頂いた時は、「えっ!?僕のこと?」と思ったのですが、『はじめまして』と書いてあるので、おそらく直接お会いしたことの無い方だと思いました。

その後、このメッセージに返信をさせて頂き、1年ほど前からブログを読んでくださっている読者さんだとわかりました。

こんなメッセージを頂くということは、トレーナーからの扱いに大きな不満を抱えていらっしゃるのだと強く感じました。

今、3人目のパーソナルトレーナーさんとトレーニングをされているそうですが、

『詳しい理由は言えませんが、大切にされていると感じたことはありません。』

とその後のメッセージでも書かれていました。。。

パーソナルトレーナーの仕事を再度考えました

このメッセージを頂いてから、再度パーソナルトレーナーの仕事について考えました。

パーソナルトレーナーは、運動指導の専門家ですが、仕事を業種で分けると『サービス業』の側面が非常に強いと考えています。

そう考えると、指導技術だけでなく、メッセージにあるように接客について学ぶ必要があると感じています。

僕自身、会社員時代に、その部分を叩き込まれましたし、マナー研修も受けさせてもらいました。

独立してからも接客について継続的に学んでいます。

これは、『クライアントがより良い状態でトレーニングが出来るようにする』のがパーソナルトレーナーの1つの役割であると考えているからです。

ただ、職人的に運動処方が出来るだけでなく、クライアントのモチベーションなど感情面も考慮して、トレーニング指導が出来るのがパーソナルトレーナーの本当の姿ではないでしょうか?

ホスピタリティってことじゃないんですよね。。。

こういう話をすると、『要するにホスピタリティですよね?』って言う人がいますが、そういうことではありません。

一般的に知られている言葉にすると「ホスピタリティ」という言葉になるのかもしれませんが、本質的には

クライアントが心地よいと感じる環境を提供できているか?

ってことです。

ホスピタリティを人が人に対して行なういわゆる『おもてなし』だと思い、それをテクニックだと考えてしまうと、上手くいきません。

なぜなら、クライアントが心地よいと感じる環境はひとそれぞれ違うからです。

本当の意味で、クライアントがなにを求めているのか?

今、目の前のクライアントに必要なものは何なのか?

ということを一生懸命考えることもその1つだと考えています。

時には、クライアントにキツイ言葉や苦言を言うことも必要かもしれません。

先生と生徒の関係だけではない

パーソナルトレーナーとクライアントの関係は、トレーニング中は『先生と生徒』の関係かもしれません。

ですが、見方を変えると『サービスを提供する側と提供される側』という見方もできます。

これは、お客さまだから、ペコペコしなさいということではありません。

物事は色々な側面があり、その側面それぞれで色々な見方が出来るということです。

1時間のパーソナルトレーニングだけでなく、あなたが提供するサービス全体を俯瞰してみた時に、クライアントが満足していない部分があるのなら、その部分を強化するのは当たり前なのではないでしょうか?

そういう視点で、ビジネスとしてパーソナルトレーニングを見る目が必要なのだと、このメッセージを頂いてから改めて感じました。

知りたい事があるなら、質問すればいいじゃん!

ここまで読んでいるトレーナーさんで、

『知りたいことがあるなら、質問すればいいじゃん!』

『聞かないのはクライアント側にも問題があるのでは?』

なんて思っているかもしれません。

確かに、そういう見方も出来ますよね?

でも、よくよく考えてください。

なぜ、あなたのクライアントは、決して安くないお金を払って、あなたに個別指導を受けているのでしょうか?

それは、大勢では聞けない。。。質問できない。。。という気持ちがあるからかもしれません。

丁寧に指導を受けたい!と思っているからかもしれません。

そうやって、トレーニングを申込んだけど、トレーナーさんに会うと緊張してしまって、質問できない。。。ってクライアントは結構いらっしゃいます。

実際、僕のクライアントにもそういう方は結構いらっしゃいます。

そこを、トレーナー側が突き放すのではなく、こちらから歩み寄って、聞く姿勢は必要なのではないでしょうか?

こうした姿勢がホスピタリティになるクライアントもいるのです。

もちろん、ずっとそういう関係で良いということではなく、トレーニングを進めて行く内に、自然と質問が出来るようになる関係性を作っていくことが必要になります。

ただ、最初のキッカケはクライアントではなく、トレーナー側が作る方がスムーズにいくと考えています。

自分の知りたいことはいつでも質問できる!って人はもしかしたら、パーソナルトレーナーをあまり必要としていないのかもしれません。(笑)

こんな偉そうに言っている僕自身もトレーナー1〜3年目くらいは同じことを思っていました。

そこで数々の失敗をして、

「指導する立場だからって、上から目線でいてはダメなんだ。」

という事に気がつき、そこから徐々に指導スタイルも変わりました。

指導スタイルが変わってから、自分を指名してくれるクライアントが増えたことは言うまでもありません。

運動指導はもちろんですが、それ以外にも

クライアントが求めていることを提供する

これがパーソナルトレーナーに必要なことなのではないでしょうか?

既存のクライアントを大切にする方法についてお話します!

11月のフリーランストレーナー向けビジネス塾では、既存のクライアントを大切にする方法を学びます。

このように書くとテクニック論ぽくなってしまうのですが、お話するよう内容は先程お話したような本質的な内容です。

フリーランスパーソナルトレーナー向けビジネス塾は、毎月第2・4日曜日18:00から開催(変更あり)しています。

ただ、第4日曜日は塾生限定のコンテンツになるため、お試しでこられるパーソナルトレーナーさんには、第2日曜の講義にご参加いただいております。

次回のビジネス塾は、11月13日(日)『クチコミ・ファン化』を予定しております。

10年後も活躍し続けるパーソナルトレーナーになるために、『長時間働かなくても、お客様が増え、売り上げアップする7つのステップ』を通して、ビジネスの本質を学びませんか?

フリーランスパーソナルトレーナー向けビジネス塾は、大々的に募集はしていません。

ご興味のある方は、以下のフォームからお申し込みいただくか、僕に直接メッセージを頂ければと思います。(Eメール、Facebook、twitter、LINE@なんでもOKです)

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     

5 件のコメント

  • あくまで私事ですが、トレーナーさんとの信頼関係が出来るまでは なかなか質問する事も出来なかったし 思い切って質問しても欲しい答えも返ってこなくて悲しい思いもしたし なんで?どうして?と 悶々としていました。
    トレーナーさんは沢山のクライアントがいるので仕方ないと自分に思い込ませていましたが、私からするとそのトレーナーさんだけなのです。その方に自分の身体を預けてる訳なのです。でも トレーナーさんの態度や言葉を悪く考えるとそう思えてくるので、あまり悪く取らないようにしてました。自分がその方にお願いしたのだから信じようと気持ちを切り替えながらトレーニングをこなしていくと 違う側面が見えてくるのです。
    私はダイエットが目的だったので 始めは太った身体で、トレーナーさんと近くでトレーニングするだけでも恥ずかしかったです。でも、痩せたい気持ちが強かったので恥ずかしい気持ちも捨てて お任せしました。 でも 最初からそんな事も言えないものですよね。

    それでも頑張ってトレーニングを続けるうちに、私はトレーナーさんを信頼出来るように、と いうか居て頂かないと困ります(笑)
    なぜ、そうなったかは簡単な事なのです。
    トレーニングをした時に 私の身体の変化に気付いて、痩せましたね‼︎とか褒めて下さるのです。それが励みになるし 嬉しいのです。油断して太ったら叱って欲しいのです。日常会話から私がやりたい筋トレを覚えていて やってもらえると嬉しいのです。今のトレーナーさんはそんな事をさらっとしてくれます。
    でも 大切にされていない気持ちばかりだと そこを見落としてしまうと思います。トレーナーさんに何かを求めるなら クライアントの方も 信頼関係を作る努力はいるんじゃないかなぁ と私は思っています。

    • 葉っぱさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      葉っぱさんもトレーナーさんとの間で色々と葛藤があったのですね。
      クライアント側から考えると、心の持ちようというのは、重要な要素かもしれません。

      ダイエット目的のクライアントで、太った身体を見られるのが恥ずかしいという人は結構多いようです。
      痩せていかれるとそれもなくなるので、僕はあまり気にしていませんが。(笑)

      トレーナーとクライアントの信頼関係はクライアントの努力も必要という考えをクライアントが持ってくださるとトレーナーはだいぶラクですね。(笑)
      もちろん、その気持ちに甘えてはいけませんが。。。

      • 返信ありがとうございます。

        心の持ちようは 本当に大事だと思います。
        私は1度信じたらブレません。
        そこは心が強くてよかったと思ってます。
        その気持ちがあれば 少々大切にされてないかな?と思っても 気のせいだと思えるし、え?どうして?という事があっても 良い方に考えられるし。たいてい後々になれば こういう事だったのか。信じてよかったとなるので。
        単純なんでしょうね(笑)

        太った身体を見られて恥ずかしいのは女心ですね…

  • はじめまして。拝読させていただきました。

    私は女性ですが、私も、トレーナーに大切にされてないと思ったことは、何度もあります。
    スクワットが1回100KGまで伸びた時、トレーニングのやり過ぎで、ジャンパーズニーになってしまってから、モチベーションが上がらず、「せっかく筋肉をつけたのだから、辞めるのは、もったいないから・・・」という理由だけで、パーソナルトレーニングを受けていた時期があります。

    ここまで成績が伸びたのは、トレーナーのおかげなんだけど、
    食事内容をメールしても、返事が来なかったり、トレーニング中も、しら~っと、冷たい顔をされたりして、辛かったです。
    極めつけは、「どうして先生は、KKさんのときだけ、厳しい顔になるのかね?」というジム友(男)からの何気ない言葉です。
    あまりにも、悲しいので、週1回を、月1回に減らそうかとも思いました。
    1年ほどずっと、全く変わらないメニュー構成。
    自分のやる気もだけど、トレーナーのやる気も感じられない。
    お互いに、やる気が感じられないので、ずっと悪循環でした。
     
    だけど、ちょうどのその頃から、かなり追い込んでウエイトトレーニングをやっているジム友が沢山できて、ジム友に励まされて、ジム友に新しいメニューをどんどん教えてもらっている中で、いつの間にか、体力が格段に上がっていて、扱える重量も増えました。
     
    最近ジム友に、高いお金払ってパーソナルやってもらってるのに、食事内容もトレーニング内容も、見てもらわないともったいない!と背中を押されて、写真を送るようにしました。
     
    それから、トレーナーもやっとやる気になってくれたようです。
     
    だけど、私をサポートしてくれたのが、トレーナーじゃなくて、ジム友ってところが、なんか、トレーナーとしてどうなのかなと思ってしまうところです。
     
    まだ、こういうことが、2年づついてるので、まだ、わだかまりは取れません。
    かなり、気を使ってます。
     
    トレーナー個人のアスリート経歴は、素晴らしいのですが・・・。
    トレーナー本人は、なかなか固定客がつかないと、ぼやいてましたが、
    私のトレーナーのクライアントが、長続きしないのは、こういう性格的なところかなと思ったりします。
     
    私は、一日でも早く目標を達成して、週1のパーソナルトレーニングを、月1程度に減らせるように頑張ってます。
    あの冷たい表情を見たくないから。
    パーソナルトレーニングを卒業するのが一番の目標なんて、なんか悲しいですよね。
     
    トレーニングはものすごく楽しいし、大会にも出るつもりなので、ずっと続けるつもりです。

    • KKさん

      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      結構こういう体験をされているトレーニーさんがいらっしゃるんですね。。。

      トレーナーのやる気が無いのは個人的にはなしだと考えています。
      クライアントの問題や課題を解決したり、目標達成をするお手伝いをするのが、仕事だと僕は考えているので。

      周りのジム友さんに恵まれて、良かったですね!
      たしかにその部分をトレーナーがやるべきだと僕も考えています。

      KKさんがトレーニングを自分でできるように自立するのは、素敵なことですが、なんか複雑ですね。。。
       
      トレーニングは、スゴく良いものなので、ぜひ続けてください!
      大会も楽しみですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp