独立・開業したいと思ったら、ホームページはいつ作るのがいいの?

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。
金曜日に、デジトレ勉強会に参加してきました!
今回のテーマは『スタジオ開業する前に手をつけておきたいデジタルツール』でした。
独立・開業したいと思ったら、準備をすることは沢山あると思います。
ジムをオープンするのであれば、内装、器具の設置、電話を引くなどの事務処理など様々な事をやる必要があります。
それに加えて、ジムをオープンするという告知もしていかなければなりません。
その時に24時間稼働してくれる営業マンとして、『ホームページ』があります。
最近はどのジムでもHPを開設しているのがほとんどです。
独立・開業したいと思ったら、ホームページはいつ作るのがいいのか?
金曜日のディスカッションの結果は、「独立・開業する前」です。
僕もこの意見と同じです。
今日は、「独立・開業する前」にホームページを作ったほうが良い理由をお話します!

目次

独立・開業する前にホームページを作ったほうが良い理由

「ホームページは独立・開業したら作ろう!」と思っているかたもいらっしゃるかもしれません。
しかし、ホームページは独立・開業する前から作っておくべきです!
ジムなどの内装が出来てから写真を店内写真を載せたりすることはあると思いますが、独立・開業する前から公開できる内容は公開しておく方が良いです。
その理由は以下の2つです。

1.すぐに検索にかかるわけではない

HPを作成すると分かりますが、作ったHPはすぐにGoogleなどの検索エンジンに表示はされません。
Googleに『お、新しいHPが出来ている。どんな内容かな?』と見てもらうまでには、結構な時間がかかります。
早く見てもらえるように対策をしても、2週間くらいはかかりますし、長いと1ヵ月以上かかる場合もあります。
HP作成が遅れれば遅れるほど、『ジムの名前を検索したけど、見つけることが出来ない。。。』という状況が続いてしまいます。
これによって、来てもらえたはずのクライアントを逃してしまうかもしれません。
早く検索にかかるようにするためにも独立・開業前に公開をしたいのです。

2.そんなに時間が無い

独立・開業当初は、クライアントも少ない、問い合わせも少ないという状況です。
こうした状況を想像して、『ヒマだから、HPの事を考える時間が出来るだろう』と思われている方も少なくありません。
今回のデジトレで、題材にしたケースはまさにこんな感じでした。
起業してみると分かりますが、独立・開業当初はそんなにヒマではありません。
クライアントも少ない、問い合わせも少ない状況だったら、どんな事をするでしょう?
おそらく、『営業活動』をするのではないでしょうか?
『チラシを近隣に配る』
『自分の知り合い誰か紹介してもらえないか?を聞く』
『交流会などに出て自分の事を知ってもらう事をする』
など様々な営業活動をすると思います。
それに加えて、日々のパーソナルセッションをこなさなければなりません。
そうすると、なかなかじっくりホームページの内容を考える時間を取ることが出来ないのです。
複数の人数がいて、マンパワーがあるなら良いですが、これを1人でこなすとなると時間がいくらあっても足りません。
そのため、独立・開業前にある程度の内容を決めて、公開できるようにしておきたいのです。

ホームページを公開する前にやっておきたいこと

独立・開業する前にホームページ作ったほうが良いことがお分かりいただいたところで、HPを公開するためにやっておかなければならないことがいくつかあります。
それは、ホームページのコンテンツです
HPを作成するときに、大事なのはデザインよりもコンテンツです!
見た目のカッコよさも重要ですが、それよりも分かりやすさが重要です。
コンテンツを作ろうと考えると

  • どんな人に自分の事を届けたいのか?
  • その人のどんな悩みや欲求を解決できるのか?(その悩みや欲求を解決できる理由)
  • どんな商品・サービスがあり、その内容は?
  • 商品・サービスの価格はいくらなのか?
  • どこでサービスを受けることが出来るのか?

など、相手が疑問に思う部分のコンテンツを考えないといけません。
そのためには、まずはじめに『どんな人に自分の事を届けたいのか?』を考えなければなりません。
男性と女性でも内容は違いますし、年齢によっても文章の書き方などが変わってくると思います。
これらのことを考えるのは、自分のビジネスやサービスを考える良い機会なのですが、意外とおろそかになりがちです。
特に時間が無いとこちらが相手に伝えたい内容だけを掲載することになり、検索にかかるようになったとしても、『問い合わせが全く来ない。。。』なんてことにもなりかねません。
そうならないために、様々なことを事前に考えておく必要があるのです。

まとめ

これから独立・開業を考えているなら、ホームページを作るのは、「独立・開業する前」
そのために、ホームページを作る前にコンテンツをしっかりと考える必要がある
その第1歩は、『どんな人に自分の事を届けたいのか?』を考えること
ホームページは作れば、人を呼んできてくれるわけではありません。
届けたい人事を考えて、しっかりとメッセージ性をもったホームページが人を呼んできてくれるのです。
フリーランスパーソナルトレーナー向けビジネス塾にでは、こうした内容も色々とお話していきます!
ご興味のある方は、僕に直接メッセージを頂ければと思います。(Eメール、Facebook、twitter、LINE@なんでもOKです)
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]再現性の高い成功する戦略を学ぶビジネス塾の申し込みはこちら[/btn]
[btn class=”simple”]今後のセミナー予定はこちら[/btn]
[btn class=”rich_pink”]トレーナー業界のぶっちゃけ話を読みたい方はこちら[/btn]
[colwrap]
[col2][btn class=”big”]トレーナー向け無料メルマガの登録はこちらから[/btn][/col2]
[col2][btn class=”simple”]トレーナー向けブログはこちら[/btn][/col2]
[/colwrap]
[colwrap]
[col2]LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数[/col2]
[col2]Push7始めました!Blogの更新が届きます!

[/col2]
[/colwrap]

     
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp

     
目次
閉じる