【報告】第31回スポーツトレーナー英語勉強会「Every Day Is Game Day②」を開催しました!

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

『第31回スポーツトレーナー英語勉強会』を開催しました!

今回は前回に引き続き、Athletes’ Performance(現EXOS)Mark Verstegenの『EVERY DAY IS GAME DAY』を課題図書としました。

前回は「MINDSET」で終わってしまったので、

【報告】第30回スポーツトレーナー英語勉強会「Every Day Is Game Day①」を開催しました!

今回は「NUTRITION」「MOVEMENT」読んできて頂き、ディスカッションをしました。

今日は、第31回スポーツトレーナー英語勉強会「Every Day Is Game Day②」についてお話したいと思います!

スポーツトレーナー英語勉強会とは

『スポーツトレーナー英語勉強会ってなに?』という方のために簡単にスポーツトレーナー英語勉強会のご説明をさせていただきます。

その名の通り、英語を勉強したいスポーツトレーナーさん向けの勉強会です!

もともとは僕が英語を勉強したいと思っていて、でも、自分1人ではなかなか続かないことに悩んでいました。

そんな時に「同じように英語を勉強したいトレーナーさんと一緒に勉強すれば、長続きするのでは?」という考えが生まれ、英語勉強会を開催するアイディア浮かびました。

1年半ほど前までは定期的に行っていたのですが、講師をお願いしていた先生のお仕事が忙しくなり、中断をしていました。

新しく講師を務めてくださるトレーナーさん(ATCの陣内さん)が見つかり、2016年10月から再開することが出来ました。

英語勉強会って、具体的にはどんなことするの?

英語勉強会は、課題になっている本を事前に読んできて頂き、勉強会当日は、書籍の内容で分からないところや疑問点を講師の方に質問し、英語を学びます。

その後は、読んできた内容を踏まえて、トレーニングについてディスカッションする形で勉強会を進めています。

英語の勉強だけでなく、トレーニングの勉強も出来るという一石二鳥の内容になっています!

今回は、Mark Verstegenの書籍!

今回は、日本でもメンターシップなどが開催されているAthletes’ Performance(現EXOS)Mark Verstegenの書籍「EVERY DAY IS GAME DAY」を題材にしました。

EXOSは、トレーニングシステムがしっかりとしていて、日本でも参考にしている施設は結構あると思います。

今回の書籍は、以下の4つのカテゴリーに分かれています。

  • MINDSET
  • NUTRITION
  • MOVEMENT
  • RECOVERY

これが4つの柱だとこの本には書かれています。(少し古い本なので、今はシステムが変わっているかもしれませんが。。。)

今回は、「NUTRITION」「MOVEMENT」を読んで、ディスカッションをしました!

NUTRITIONもマインドセットが大切!

1章がマインドセットの話で、2章が「NUTRITION(栄養)」なのですが、こちらでも栄養に関するマインドセットが重要であることが書かれていました。

どれだけマインドセット好きやねん!って感じです。

それ以外に15個にものぼるポイントがあり、「システムとして確立しているなー」というのが読んでみての感想でした。

システム化されていますが、内容は基本的なもので、特別新しいとか、見たことが無い!って感じのものはありませんでした。

4つの柱とも新しいことはあまりない

今回は、「NUTRITION」「MOVEMENT」の2つを読む予定でしたが、時間があったので、「RECOVERY」まで全て読んだ感想等をシェアしました。

その中で感じたことは、「新しいことはあまりない」ということです。

すでに日本でも一般的に知られていることが書かれています。

日本との違いは、システム化されており、再現性が高められているということです。

いかにもアメリカらしいという感じですが、この著書に書かれていることだけを、クライアントや選手に徹底させるだけで、かなりの結果が出ると感じています。

「NUTRITION」に関しては、2ヶ月集中食生活改善プログラムにも通ずる部分が多くあり、プログラムの更なるシステム化へのヒントを貰うことが出来ました!

次回の課題図書は文献です!

次回の課題図書はアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)が2016年に発表した文献になります。

2016年に発表した早期のスポーツ特化に関する見解が書かれている文献

『AOSSM Early Sport Specialization Consensus Statement』

を題材に勉強会を開催します!

勉強会当日は、

  • 英語文献の読み方のポイント解説
  • 書籍の内容で分からないところや疑問点を質問
  • その後トレーニングのディスカッション

という形で進めていく予定です!

第32回スポーツトレーナー英語勉強会『AOSSM Early Sport Specialization Consensus Statement』の日程はこちらです。

日時:2017年2月16日(木)19:00〜21:00
料金:3,240円(税込)
会場:恵比寿近郊(参加者の方に追ってご連絡致します)
定員:10名
申込方法:こちらから申込みをお願いします!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp