ポカリ×レッドブルは混ぜるな危険!

ポカリとレッドブル

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

今、このドリンクが密かなブームだってご存知でした?

ポカリ×レッドブル。

混ぜるとこんな感じになるそうです。

このドリンクが最強のエナジードリンクだということなんです。

このドリンクを1日かけて、ちびちび飲むとエネルギーが切れないで持続するというものです。

急成長のエナジードリンクと伝統的な水分補給ドリンクを混ぜると危険なワケを今回お話したいと思います。

なぜ、エナジードリンクは飲むと元気になるのか?

エナジードリンクは、その多くがカフェインやアルギニンを含んでいて、それらの効果によって、エネルギーが出るというものです。

カフェインの効果は皆さんご存知だと思いますが、『アルギニン』は聞き慣れない成分ですよね?

『アルギニン』には色々な作用があるのですが、エナジードリンクの場合は、アルギニンが血管を拡張することで血流が一時的に増し、元気が出ると考えています。

それと水分補給ドリンクの王道『ポカリスエット』

これを組み合わせたらいいのではないかと言う発想はスゴイですね!

初めて聞いた時は、「そうきたか〜!」って感心しちゃいました。(笑)

でも、この2つのドリンクは混ぜるな危険です!

ポカリ×レッドブルは混ぜるな危険!の理由

というのも、この2つのドリンクはどちらも大量の砂糖を含んでいるからです。

2つの原材料名の表示はこのようになっています。

cfe990f312d1ce130356cc2f74c2eff1-min RedBull

どちらも一番初めに砂糖が来ていますよね?

そして、2番めがぶどう糖

果糖ぶどう糖液糖とはトウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどのでんぷんが原料のコストが安い糖です。

つまり、糖が1位、2位になっています。

『だから?』と思った方もいるかもしれませんが、原材料名は多く入っているものの順番に書かれています。

このブログの読者さんは、結構知っていらっしゃるのかなと思っています。

 

何が言いたいかと言うと、

この2つのドリンクには大量の糖分が入っているということです。

砂糖で換算すると

ポカリスエット 500mlは砂糖が約31g

レッドブル 185mlは砂糖が約19g

2つ合わせると50gの砂糖を摂取することになります。

写真で見せるとこんな感じです。

こちらは350mlの場合です。

こちらは、角砂糖は1個4gです。

こちらは、250mlの場合です。

カロリーにすると大したこと無いのですが、最も気をつけないといけないのは、

砂糖を摂取することによって、血糖値が急上昇するということです。

物事は何でもそうですが、急上昇すると必ず急降下します。

血糖値も同じで上がるのが早いと落ちるのも早いです。

血糖値が急激に落ちると集中力が切れたり、イライラしたりします。

それが起こりやすくなるのです。

先程もお話した1日にちびちび飲むというのは、血糖値が落ちてきた時に再び飲むことで血糖値を上げ、エネルギーがあると身体が思う状態を長く続けるために必要なのではないかと推測されます。

初めのうちはいいかもしれませんが、常用してくるとこれがないと集中できない。。。

なんて事が起こるかもしれません。

また、アルギニンなどの作用で血管が拡張しているのは、自分の力ではないので、身体に負担が蓄積していることは間違いありません。

しっかりと栄養と睡眠を取って、身体をいい状態に保つことが、ドリンクに頼らないで身体をいい状態に保つ唯一の方法です!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
ポカリとレッドブル

3 件のコメント

  • それは2本いっぺんに飲むと糖分多いよという内容ですよね。
    混ぜたら危険な理由はまた何かあるんでしょうか。

    • しーさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      2本を1度に飲むのは薦めないという内容です。
      糖分を大量に取ると危険なので、それを「混ぜるな危険」と表現しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。