重いクラブでスイングしても、スイングスピードは上がりません!

weighted_golf_club

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先日、トレーニングのセッション中にある質問を頂きました。

その質問とは、

『ゴルフのスイングスピードを上げたいんだけど、重いクラブでスイングをしたらいいの?』

というものでした。

これはゴルフに限らず、野球などスイングスポーツをやられている方によく聞かれる質問なのですが、重いクラブやバットで沢山スイング練習をしても、スイングスピードは早くなりません。

それどころかデメリットの方が大きいです。

今日は、この質問の回答をシェアしたいと思います。

重い道具でスイングすれば、スイングスピードが速くなるのは気のせいです

まずはじめに、クラブと同じ形状で、重量だけが重たいクラブでスイング練習をするとスイングスピードが上がるように感じるのは、気のせいです!

もちろん、重いクラブでスイングした後すぐに、軽いクラブにに持ち替えれば、スイングスピードが一時的に速くなることはあるかもしれません。

それは、重たいものを持った直後だから起こる反応で、普段のスイングスピートが速くなるわけではありません。

重いクラブでスイング練習を沢山することで、筋力がついてスイングスピートが速くなる可能性はありますが、そうしたことが起こる前に、肘などに怪我が起こる危険性の方が大きいのです。

そのため、このような質問を頂いたときは、「重たいクラブでスイング練習をするとスイングスピードが上がるように感じるのは、気のせいです!」と伝えることにしています。

スイングスピードを速くするために必要なこと

重たい道具でスイングの練習をしても、スイングスピートが上がるわけではないこと。
怪我のリスクが高まることがおわかり頂けたかと思います。

では、どのようにするとスイングスピードが上がるのでしょうか?

ポイントは2つです。

・正しい身体の使い方を覚える
・筋力アップする

正しい身体の使い方を覚える

身体の使い方とは、『スイングをする』と言うことではなく、基本的な身体の動作に関することを指します。

例えば、

『柔軟性は十分にあるか?』
『動作をするときに安定させておく部分と動かす部分を分けることが出来ているか?』

などが挙げられます。

今回質問頂いたクライアントは、男性なのですが、胸回りが非常に固いです。

胸回りが固いとクラブをトップに持って行く際に、腕が上がりにくいため、腰などを無理に回してクラブをトップに持って行こうとしてしまいます。

これを『代償動作』といいます。

本来使いたいところがうまく使えていないので、代償動作をするわけですが、これを続けているとどこかに異変が起きます。

今回で言えば、いずれ腰が悲鳴を上げるはずです。

そうならないために、胸回りの柔軟性をあげて、身体の正しい使い方を覚えてもらい、代償動作が出ないようにすることが必要になります。

筋力をアップする

正しく身体を使えている、もしくは、使えるようになってもスイングスピードが上がらない場合は、筋力をアップする必要がある場合が多いです。

この場合必要なのは、いわゆる筋トレです。

スイングで必要となる筋力をアップするとお話すると、ある特定の筋肉の筋力を上げるようにイメージしてしまいがちですが、スイングスピードはある特定の筋肉が作り出しているわけではないので、結局全身を鍛えることになる可能性が高いですが。

筋トレで、筋力がアップしたら終わりではありません。

最後は、筋力アップした身体を使いこなす為の練習が必要になります。

あくまでも目的は飛距離をアップすること

ここまでスイングスピードを上げる為のお話をさせて頂きましたが、スイングスピードを上げることは、目的ではなく手段にしか過ぎません。

スイングスピードをアップさせる目的は、飛距離をアップさせるです。

今回ご紹介した

・正しい身体の使い方を覚える
・スイングに必要な筋力をアップする

という2つの方法は、スイングスピードを上げる為の手段にしか過ぎません。

トレーニングを続けているといつの間にか、この2つを達成することが目的になってしまう場合が少なくありません。

そうならないためにも、それぞれのトレーニングがどんな目的につながっているのかを常に意識してトレーニングをしていきたいですね!

LINE@始めました!
友だち追加数

     
weighted_golf_club

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。