30日スクワットチャレンジの質問にお答えします!

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆき(@PThiroando)です。

前回のBlogで、30日スクワットチャレンジの結果を報告させてもらいました。

結果の写真について、様々な意見があると思いますが、閲覧注意なのはお伝えしたので、ご了承ください。(笑)

結果報告のBlogを公開させてもらった後、様々な質問を頂いたので、今回は頂いた質問にお答えしたいと思います!

目次

30日スクワットチャレンジの結果写真はいつ撮ったの?

前回のBlogでもご紹介したこちらの before afterの写真ですが、

30days_squat_after-min

before:30日スクワットチャレンジを行う前日の朝
after:30日スクワットチャレンジが終了した次の日の朝

に撮影をしています。

写真が微妙に左右で違うのは、太陽光の入り方が違うからで、同じiPhone6で撮影をしました。

afterの写真を30日スクワットチャレンジが終了した次の日の朝に撮影したのは、スクワットを行った後ですと、筋肉がパンプアップして、結果が変わってしまうのを防ぐためです。

30日間チャレンジを続ける際の注意点

FacebookにこちらのBlogのリンクを投稿させてもらった際に

『特別な運動習慣がないと、初日から筋肉痛になりますよね?それでも継続していいのでしょうか?』

という質問を頂きました。

この質問の答えは、問題無いと思います。
多少筋肉痛があっても、4日目にはお休みの日があるので、ケガのようになるのは考えにくいからです。
先日の記事でもご紹介したように、こちらのチャレンジは以下のように回数が決められています。

30 Day Squat Challenge

筋肉痛があまりにもヒドイという方は、30Day Easy Squat Challengeという簡易版があるので、そちらの回数でチャレンジを続けてみるのが良いと思います。

フォームに注意が必要です!

僕が30日間チャレンジをする中で、これは注意をしたほうが良いなと感じたのは、トレーニングのフォームです。

今回はヒップにより刺激を入れるため『相撲スクワット』を採用しました。
フォームはこちらの動画をご覧ください。(個人的には足幅はもう少し広めが良いと思います。)

トレーニング経験の無い方は、フォームを固めるのにそれなりに時間がかかります。
今回のチャレンジは毎日回数が増えていくので、回数をこなすのが大変なので、フォームが雑になることが考えられます。
もちろん、慣れが出てくるのもありますが。。。

そうなってくると、毎日やる際にフォームにあまり意識がいかず、回数をこなすようになってしまいます。
そうなると股関節を痛める危険性があるので、注意が必要です!

スクワット行う際は、お尻を下ろす時にゆっくりと行い、しっかりとももの内側やお尻の筋肉が伸びているのを感じるように行いましょう!

他の人達の結果はどうだったの?

前回のBlogで、人を巻き込む話をさせてもらいました。

他の挑戦者達の結果がどのようなものだったかをお伝えしたいと思います。

Aさん(男性21歳):開始前 100cm 終了時 98.0cm
Bさん(男性20歳):開始前 100cm 終了時 99.0cm
Cさん(女性22歳):開始前 86.2cm 終了時 88.0cm
Dさん(女性23歳):開始前 88.0cm 終了時 91.0cm

となっています。

男性陣は数字上はサイズダウンしていますが、実感はあまり無いようです。
逆に女性は数字がアップしているので、ヒップアップしたと言えるでしょう。

どの方も20代なので、30代、40代のサンプルが欲しかったなと個人的には思いました。
30代は僕がサンプルですが。(笑)

今回頂いた30日スクワットチャレンジの質問にお答えしました!

身体作り(ダイエット・ボディメイク・シェイプアップ)に興味ある方向け無料メルマガの登録はこちらから

また、LINE友だちも同時に募集しております↓

⇒ 安藤ひろゆきとLINE友達になる

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから

     
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp

     
目次
閉じる