健康ってなんだろう?

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。
昨日、健康についてディスカッションをしました。
その際に、『健康』って一言に言っても、色々な捉え方があるなって感じました。
このBlogでは、身体的な部分から色々とお話をさせていただいています。
昨日は、身体的な部分だけでなく、精神的な話から、環境に対することまで色々と話しが出ました。
その後、自分なりにもう一度『健康』について調べてみようと思って、調べました。
今日は、『健康』について、再度調べて感じたことをお話させて頂きたいと思います。

目次

健康とは?

健康とは、『心身がすこやかな状態であること』とWikipediaには書かれています。
病気になってなかったら、健康という考え方もできそうですが、健康な状態を定義するのは、なかなか難しいと思います。
そうなると健康を概念として捉えることになるのですが、WHO(世界保健機関)の憲章前文では以下のように定義されています。

健康とは身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。
Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.(1948年)

そして、1999年健康の定義を以下のように変更しています。

健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。
Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、身体的なものだけでなく、精神的、そして、霊的・社会的にも良い状態であることを指すということです。

良い状態は、人によって違う

健康とは、身体的なものだけでなく、精神的、そして、霊的・社会的にも良い状態であることを指している場合が多いことが分かりました。
ですが、この良い状態(良好な状態)ってどのような状態なのでしょうか?
これは人の価値観によって、かなり変わるのではないかと、昨日のディスカッションを通して感じました。
ある人は、科学的な側面から話をしますし、ある人は価値観の側面から話をします。
その両方を重視する人もいるし、精神的な側面を重視する人もいました。
昨日は全員仕事をしている人だったので、仕事へのモチベーションや仕事の効率、生産性が健康によって上がるのではと考えていました。
これが、子供を持つお母さんであれば、また違うと思います。
価値観は、その人の環境や性別等によっても違ってくるのだと思います。
そう考えると何を重視するかによって、健康的な状態って全く違ってしまうってことです。

ある側面にフォーカスするのが良いのかも

健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であると仮定すると、それらは単独で状態を保つというより、それぞれがなんらかの関り合いをもっていると考えます。
『身体が弱ってくると精神的に弱ってくる』なんかが代表的な例ではないでしょうか?
悪くなることがあるということは、その反対も起こるはずなので、ある側面を良くすると他の側面も良くなることは十分ありえます。
実際に身体を動かすことで、精神的な問題が解決するという人は少なくありません。
そう考えると、『◯◯で健康に!』みたいなフレーズは、身体的・精神的・霊的・社会的な部分のどれかにフォーカスをしていて、それが引き上げられるのであれば、OKなのかもと調べていくうちに感じました。
ある人は、体重を落とすことかもしれませんし、ある人は、運動を始めることかもしれません。
またある人は、食事を改善することかもしれませんし、ある人は瞑想を始めることかもしれません。
どれも否定するものではなく、その人の状態を良い方向に導くものであれば、健康的なのかもしれませんね。
ただ、『健康には◯◯』と謳っているのに、全く真逆のことをしている商品やサービスも少なくないので、そういうものは、淘汰されていくといいなと個人的には思っています。
色々と調べる中で、僕自身が『これは、こう!』という決め付けが結構あったなと感じました。
今日の内容はまとまりない感じになってしまいましたが、『心身がすこやかな状態』に保たれるために、自分に合った健康法を早く見つけられると良いですね!
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]身体作り(ボディメイク・シェイプアップ)に興味ある方向け無料メルマガの登録はこちらから[/btn]
[btn class=”big”]安藤が選んだオススメ商品が並ぶネットショップはこちら[/btn]
[colwrap]
[col2]LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数[/col2]
[col2]Push7始めました!Blogの更新が届きます!

[/col2]
[/colwrap]

     
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp

     
目次
閉じる