美肌を作りたいなら、ブドウ糖とビタミンを摂らないとダメですよ!

imasia_13766626_S

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

昨日も低炭水化物ダイエットをしている方とお話しました。

やはり、炭水化物=悪者!というイメージは根強いようです。。。

前にもお話したように炭水化物にも色々と種類があり、『大量に摂らないほうがいい炭水化物』『絶対に食べないといけない炭水化物』があります。

絶対に食べないといけない炭水化物=ブドウ糖

でした。

低糖質食を始める人必見!炭水化物と糖質は何が違うの?

2016.01.14

ブドウ糖は、身体の様々なものを作るときに必要です。

もちろん、たんぱく質も必要です。

では、たんぱく質とブドウ糖を食べるだけではダメです!

特にたんぱく質を食べることが痩せるためでなく、美容のためならなおさらです!

今日は、美肌を作りるために、摂りたい栄養についてお話したいと思います!

名前は違えど、肌を構成している成分は似ています!

ご存知の方も多いと思いますが、皮膚は、『表皮』『真皮』『皮下組織』など様々な層に分かれています。

300px-Jpn_skin_layers
(Wikipediaより)

様々な層に分かれていますが、構成している成分は割合が違えど似ています。

特に皮膚を作ることを考えると、たんぱく質、ブドウ糖、ビタミンA、ビタミンCが重要です!

皮膚を造る優先順位は低いから、栄養が行き届かない人もいる?

皮膚がどのように出来ていくは長くなってしまうので、割愛しますが、たんぱく質、ブドウ糖、ビタミンA、ビタミンCが重要なことは間違いありません。
ただ、これらの栄養を摂っていれば、美肌が出来るかといえば、そんなことはありません。

なぜなら、これらの栄養は身体の他の事にも使われているからです。

例えば、たんぱく質は

①脳
②酵素
③中枢
④末梢(肌・筋肉・腱・靭帯・骨)

という順番で使われていきます。

身体の大切な部分、重要度の高い部分から使われていき、肌や筋肉の末梢は1番最後です。

そう考えると、それまでにたんぱく質がなくなってしまうと、材料不足によって肌は上手く再生できないのです。

これはたんぱく質だけでなく、ブドウ糖、ビタミンA、ビタミンCにも同様の事が言えます。

つまり、それぞれの栄養素を普段の活動や代謝にも使い、さらにそれぞれの再生のための必要量を確保する事が必要なのです。

必要な量取れている人はほとんどいない。。。

こう考えるとたんぱく質、ブドウ糖、ビタミンA、ビタミンCが1日の必要量しっかりと取れている人はほとんどいないかも知れません。

推奨されている量が取れていても、ストレスが多い生活でビタミンやミネラル不足。。。

なんて人もいるかもしれません。

その人のライフスタイルや取り巻く環境によって必要量は変わってくるので、一概に◯◯グラム摂ればいいですよ!とは言えないのですが、もし、『たんぱく質やブドウ糖をしっかりと摂っているのに肌に変化が。。。』という人は、ビタミン不足を疑ってみてください。

美しい肌を作るには、その材料となる栄養が十分にあることが第一条件です!

炭水化物を控えすぎてる、ビタミンやミネラルをしっかりと補給できていないという方は、ぜひ食生活を見なおしてください!

『忙しくて、そこまで気がまわらない。。。というひとは、サプリメントを飲むことから始めてみてはいかがでしょうか?

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
imasia_13766626_S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。