骨盤は歪みません!!

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

皆さんは、「骨盤ゆがんでますね。」って言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これを聞いて、僕はいつも違和感を覚えます。

なぜなら、骨盤は歪まないからです!

もし、骨盤が歪んでいたら「姉さん、事件です!」並みの事件です。(笑)

骨盤とはどこを指すのでしょうか?

まず骨盤はどこを指すのかをおさらいしたいのですが、こちらが骨盤になります。

   

こちらは女性の骨盤で左が前から、右が後ろから見た骨になります。

真ん中に「仙骨」という骨があり、左右に「寛骨」という腸骨、坐骨、恥骨からなる骨がくっついています。

こちらが骨盤になります。

歪むってどういうこと?

骨盤の位置がわかったところで、「骨盤がゆがむ」という言葉についてご説明したいと思います。

読者のみなさんは、「骨盤がゆがむ」と聞いてどんな事を想像されますか?

多くの方がこんな風に骨盤がなる状態をイメージしているのではないでしょうか?

左のイラストのイメージです。

右のイラストが正常な状態なのですが、それと見比べると左のイラストの骨盤は骨がかなり変形していますね。

もし、これが本当に起こっていたら、先程もお話したように大事件です!

なぜ、骨盤は歪まないと言えるのか?

骨だけを見ると確かに歪んでしまいそうな気がしますが、骨盤はかなり強力な靭帯で固定されています。

それがこちら。

    

白い部分が靭帯です。

骨だけのものと見比べてみると

   

 

   

靭帯の図には腰の骨(腰椎)も登場していますが、無数の靭帯がくっついて、骨盤を形作る骨をしっかりと固めています。

これがズレて歪みが起こるとなると、かなりの力が骨盤にかかっていることになります。

骨盤の歪みってどういうこと?

ここまで記事を読んで頂いて、骨盤の骨がゆがまないことが分かって頂けたかと思います。

 

『でも、骨盤って左右の高さが違ったりしますよね?』

 

とお思いの読者さんもいらっしゃいますよね?

それがなぜ起こるかは、僕のイメージでは以下の図のような感じです。

横から見た時に前後に傾いている。

後ろから見た時に左右に傾いている。

という状態のイメージです。

こちらのイラストの後ろから見た図(1番右の図)の骨盤は歪んでいません。

右から2番目の図と比べると左に傾いているだけです。

これを一般的には「骨盤のゆがみ」と呼んでいるのです。

ゆがんでいるというよりはバランスが崩れていると表現するほうが適切なように感じます。

なぜこんなことが起こるのか?

上の図でお見せしたように、骨盤が正常の位置からどちらかに傾いているだけで、骨盤自体はゆがみません。

ではなぜ、骨盤の傾きが起こってしまうのでしょうか?

 

それは、筋肉による影響が大きいと考えられます。

骨盤は身体の中心にある部分なので、たくさんの筋肉がくっついています。

それらが絶妙なバランスを保つことで、骨盤を正常な位置に維持しています。

 

それが、座り方や歩き方などの普段のクセや過度な使いすぎによって、

バランスを崩してしまうとこのようになります。

左の図が正常な骨盤の位置

真ん中と右の図は骨盤の位置が前後に傾いています。

その原因となっているのは、図だと赤く濃くなっている筋肉たちなのです。

赤く濃くなっている筋肉が硬くなったり、過度に縮んでいたりすると骨盤は図のように傾くのです。

 

つまり、筋肉のアンバランスが骨盤のアンバランスに繋がっているのです。

それによって、前後に傾いたり、左右の高さが違ったりしているのです。

どうしたら、骨盤のアンバランスを治せるのか?

骨盤はゆがみませんが、筋肉によって、アンバランスになることは十分考えられます。

その対処法としては、まずは骨盤のアンバランスを引き起こしている原因を特定する必要があります。

 

先程の図のように腹筋やももの裏側の筋肉が固いのか?

それともももの前や腰の筋肉が固いのか?

それともそれらと反対側にある筋肉が弱いのか?

などなど色々な事が考えられます。

 

固いのであれば、それらの筋肉を緩める必要がありますし、弱いのであれば、それらの筋肉を鍛えなくてはいけません。

僕がセッションでクライアントに対応させて貰う場合には、それぞれに対処するためのエクササイズをしてもらい、筋肉のアンバランスを取り除いていきます。

そうするとそれと同時に骨盤のアンバランスが取れるので、これで第1段階が終わりです。

そしたら、次の段階に入るのですが、続きを書くと長くなってしまうので、今日はここまでにしますね。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     

14 件のコメント

  • こんにちは、カイロをやっているものです。
    少しカイロの立場でコメントを残させてください。
    安藤先生は、筋肉のことを言われていますが、カイロではそれ以外に結合組織の異常を考慮しています。
    たとえば、靱帯や筋膜の硬縮によって生じた骨格のゆがみ。
    何センチも、とかいうより、1ミリとかのわずかなものを多くの場合想定しています。

    発生の順番としては、筋性の問題が出て来て、靱帯など結合組織の問題が出てくるのかと思います。
    数日から1か月ぐらいでそういったことが起こるようです。
    ともかく、結合組織の「脱水」が起こるようです。

    安藤先生の言われるとおりだとすると、筋肉を完全にトリートメントすると見かけのゆがみはきれいに直るという事だと思いますが、そうはならないと思います。
    靭帯性の問題が残るからです。
    また、筋肉をトリートメントする過程で筋膜のトリートメントをしていることになると思われます。
    靭帯性の関節の可動性制限といっても、見た目は「わずか」かもしれません。
    (今のアメリカのカイロの大学でも、ズレというよりモーション(可動域)ベースで授業されていると聞きました・・・たとえば、腰痛のひどい人の仙骨を左右から押すと柔らかさ・硬さの違いが出る。硬いほうを後ろにずれている、柔らかいほうを前にずれている表現したりしますが、単に可動性だけで言った方がよいのかどうか・・)
    しかし、多くの慢性痛の痛みはそういった部分が原因になっていると臨床的には実感しています。
    筋肉だけにアプローチしても、あまり痛みが取れないからです。
    (それでとれる人は軽症で、そういった人はあまりカイロには来られません)

    まとめると、靱帯などの結合組織の脱水がおきて、骨格のゆがみが生じ、さらに筋肉が(姿勢を支えるために)代償的に過緊張を強いられ・・・といった悪循環が起きて、慢性の痛みが生じる。
    なので、慢性の痛みをとるためやアスリートのパフォーマンスをアップさせるためには、靱帯や筋膜などの結合組織の伸縮性や弾力性の低下といった問題をトリートメントしなければならない。と思っています。

    • mozartoさん
      はじめまして。
      カイロをやられているのですね。

      カイロでも色々な考え方があるのですね。
      1ミリとかのわずかなものをズレと想定されているのに驚きました。

      今回の記事に書かせていただいたのは、多くの方がイメージされている骨盤のズレについて、お話しています。

      一般の方が『骨盤ゆがんでますね。』と言われて、想像するのは、1ミリのズレという細かなものではないと考えてます。
      なので、今回のコメントの論点が記事内容とは少し違うのかなと感じています。

      とはいえ、まだまだ知識不足だと感じました。

      そこで、mozartoさんに教えていただきたいことがあります。

      mozartoさんの言われる靱帯や筋膜の硬縮によって生じた骨格のゆがみとはどのようなものでしょうか?
      靭帯の拘縮と骨格の歪み、筋膜の拘縮と骨盤の歪みに関して、mozartoさんが参考にされた文献を教えていただけませんか?
      何かの記事ではなく、研究における国際的な文献を教えて頂けると嬉しいです!

      よろしくお願いします!

      • 1㎝以上も骨がずれていると、それは脱臼ですので、普通に考えて、数ミリとかコンマ数ミリと考えるのが妥当かと思います。
        でも一般の方は「ずれ=数センチのゆがみ」と考えてしまうかもしれませんので、「ずれていると言っても○ミリぐらいのものですよ」と説明することも多いです。
        そこは一般の方の認識を変えてもらわなければ、本当のところが分からなくなってしまうと思います。

        でも、実際には動き(可動域)ベースで考えた方がよいかと思います。
        筋肉で可動域が制限されている場合は、最終可動域で筋肉性の柔らかさが感じますが、靱帯性であればやや硬さが。骨性であれば、カツッとした硬さが。そこらあたりで、手技療法家は可動域制限の種類を判断しています。

        参考にした文献というか、そういったことをカイロの学校で教わるので当り前のことと思っていました。
        一応、次のようなものが世界的に評価されているのかと思います。
        「アクティベータ メソッド」産学社エンタプライズ
        「アプライドキネシオロジー シノプシス」科学新聞社

        その他で手元にあるもので言うと、次のようなものです。
        「カイロプラクティック動態学」科学新聞社
        「統合的徒手療法 生体力学編」科学新聞社
        「オステオパシーアトラス マニュアルセラピーの理論と実践」医道の日本社
        「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜 最新知見と治療アプローチ」医歯薬出版株式会社
        「頭蓋仙骨治療」日本オステオパシー学会
        「カイロプラクティクテクニック教本」ガイアブックス
        「最新徒手医学 痛みの診察法」新興医学出版社

        サイトでは・・
        http://www.chiro-journal.com/2011/02/778/

        まだまだいいものありますが、パッと思いつくのはこれぐらいです。
        参考になるかどうかわかりませんが。

  • はじめまして、MUNEといいます。

    普段はコメントとか残さないのですが
    あまりにも一方的な見方をされてますので

    訂正させてください

    骨盤は歪みます。

    僕はリラクゼーション業や治療を目的とした国家資格をもった鍼灸など、考え方は全て間違ってはいないと思っていますし上も下もないと思っています。

    ただ勉強不足や片寄った知識で、固定観念に偏って他を否定したり、説明がうまくできず誤解されているものもあるかと思います。

    僕も文章でうまく伝えれるか分かりませんが、少しコメント残させてもらいます。

    とりあえず、色々な症状もありますのでいちがいにはいえませんが、一般的な症状と考え方で答えます。

    このブログの考え方でいいますと、ヘルニアは起こらないことになります。
    あと、図で説明されてますが2Dの見方しかされてなく3Dで身体を見てみてください。

    腸骨(骨盤の一部)って動くのですよ!
    それが、リンパの流れが悪い等の原因により大腰筋が横に膨張し筋肉が縦に縮みます。
    リンパの流れも、左右によって違いますから、否定していた最初の図のようにねじれをうみ歪んでしまいます。

    筋肉は色々な動きを可能にするため、ねじれてくっついています。
    その中の一つが疲労などで動きが悪くなると、ゆがみます。

    代表例でいうと猫背もその仲間ですね。

    軽いものでしたら、運動療法や寝返り入浴などで緊張はとれるとおもいます。

    関節で言うと、その筋肉が関節を圧迫して潰れるまた引き伸ばされて気泡が溜まるなどで歪みが生じます。
    ひどくなれば圧迫骨折、ヘルニア等の症状になります。

    整体やカイロプラクティック技術の矯正は関節にたまった気泡を取り除いて筋肉の緊張を取る技法だと思います。
    ※筋肉.リンパに対しての知識が少ない方が、筋肉の引っ張りで悪化させるケースはあります、また好転反応という言葉を使っています

    また、リンパマッサージやストレッチ、運動療法は滞ってる老廃物を取り除いて筋肉の緊張を取る技法ですね。
    ※この技術もまた、好転反応とごまかして効果のない技術を行っていたり筋肉を痛める技術を繰り返してたりします。

    それこそ、キャッチーな言葉を使って他の技術を否定する方はいらっしゃいますが、それぞれに特徴はあり患者さんによっては効果は様々です。
    僕はそれこそ、国家試験を要する接骨院と整形外科には苦手意識があります
    それは何年も小さいときから通っていたのですが痛みが軽減されず、意を決して相談したのですが話をちゃんと聞いてくれるスタンスはとっていたのですが、診察時に左を向くと痛みが和らぎますと言ったら、じゃあそれでいいねと、左を向いて生きていけばいいと言われて愕然としました。
    本人的には、MRIの設備がある病院紹介されるとか、もう少し原因を説明されるとかしてほしかったのですが…
    まぁ出会いが悪かったと思いますが残念でしかたありません。

    歴史と一緒で身体はこれからも解明されて状況や認識がどんどん変わると思いますが今の技術に満足せず
    困っている人を助けるよう頑張りましょう

    • MUNEさん

      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      骨盤が歪むことを僕も理解はしています。
      ただ、そのケースが世の中の多くの人が思っているほど多くないということを伝えたくてこの記事を書きました。

      僕のもとには、恐怖心を与えられて、治療を受けていて、改善が見られないという悩みを持たれた人が多くいらっしゃいます。
      そういう方たちを救いたいと思って書いた記事なので、その点はご理解ください。

      腸骨が動くことは僕も知っています。
      ただ、通常の動く範囲を逸脱して、動くことがそれほど多くは起こっていないと考えています。

      この記事をきっかけにコンタクトを取ってくださったり、お問い合わせを頂いた方には、より詳しい説明をさせていただいております。
      ブログだと全てをお見せ出来なくて、申し訳ありません。

      たしかに技術の進歩とともにどんどんいろんなことが分かってきますので、これからも学ぶことをやめず、困っている人を救っていきたいと思います!

      お互いに頑張りましょう!

  • はじめまして。柔整師です。
    安藤さんのおっしゃるとおりです。
    骨盤は、歪まないし開くと重症です。(リラキシン等により微妙に柔軟にはなるはずです。圧の吸収のため)
    骨が歪まないのは当たり前、仙腸関節や恥骨結合の靱帯や包、膜、ちぎれちゃいます。そしたらもちろん出血があります。骨盤骨折のopenbook型は大変です。
    hiroさんのいうロボットのような動き、、、なりません。
    平面関節や不動関節と可動域のある関節はそもそも違うじゃないですか。こんな基本的な事、、、疲れます。
    靱帯は曲がっちゃいけない方向へ動かないように固定しているはずです。

    骨盤矯正や骨盤の歪み、、、
    意味がわからないので、そういう関係者に質問をたくさんしてみたいものです。そしてたのむから怒らないで、根拠を丁寧に説明してほしいものです。

    そもそも骨の成長は人それぞれ背景により違うのですから、きれいに解剖学にでてくるような骨があるほうが珍しいです。
    骨盤の傾きなんて、全体的な脊柱の湾曲、大腿骨頚部の角度、
    膝、足、、いろんな要素の代償作用ですから、逆に気にしするぎるほうが体に悪いです。

    義足の方や先天的な身体障害者はバランスが悪いから体の調子がわるいでしょうか?違います。元気です。
    内臓も血管も全然左右違います。
    体の調子が悪いなら、バランスじゃなく、ちゃんと根拠のある理由を考えていきたいですね。

    いろいろ話がずれてすみませんでした。

    • ichiさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      おっしゃる通りで、特別な場合を除いて、基本的には骨が歪むことはありませんよね。

      そうなんですよ。
      靱帯は曲がっちゃいけない方向へ動かないように固定するのが役割ですからね。
      その方向に動いたら、それはきっとケガしてますよね。(笑)

      骨盤矯正や骨盤の歪みはあくまでも消費者のイメージをうまく利用したものですよね。
      ビジネスなので、キャッチャーな言葉を使いたいのは分かりますが、現場では正しい知識を伝えて欲しいですね。
      今後も正しい情報発信をしていきたいと思います!

  • はじめまして!
    「骨盤の歪み」・「ウソ」で検索して、こちらにたどり着きました。
    なるほど!と思いながら、記事を読ませて頂きました。
    整体院とかリラクゼーションサロンに行くと、「骨盤が歪んでる」とか「左右の足の長さが違う」など、如何にも尤もらしい事を言われた事があります。
    それらを聞くたびに「⁇」と思っていて、「そんな事があったら大変だ!」と思っていました。
    なるほど。それらはリピーターを掴むためのセールストークだった訳ですね。
    身体の不調が深刻な時は、やはり病院へ行くのが一番ですね。
    これこらもセールストークを鵜呑みにしない様にします(笑)

    • クロネコさん
      はじめまして!
      検索からたどり着いて下さって、ありがとうございます!
      そうなんですよね。
      そんな事があったら本当に大変です!
      そうですね。
      診断が出来るのは、医師だけなので、整形外科に行かれるのが良いと思います。
      なぞに思われたら、まずブログを見に来てください!(笑)

  • 初めまして。骨盤の歪みで検索してこちらにたどり付きました!骨盤は歪まないというのは、なるほどと思いました。何かの記事に、横になった状態でレントゲンを撮ると左右対象なのに、立った状態でレントゲンを撮るとどちらかの骨盤が上がっているというのを見たことがあります。どちらかの筋肉が緩くて、反対が引っ張っている状態ならバランスを取れるようにすれば良いんですね。私は右のお尻の方が小さく、階段を上る時は右の太ももが疲れます。多分、左側が弱いのかなぁと判断してるんですが(この判断は正解ですかね…?)改善せず!!

    面白い記事だったので、他も見てみます!

    • ずんだもちさん
      はじめまして。

      検索からたどり着いて頂き、ありがとうございます!
      おっしゃる通りで、レントゲンをどんな状態で撮るかにもよります。
      横になっている状態と立っている状態で、緊張している筋肉が違えば、骨盤の形に何らかの影響が出るのは、自然なことですからね。

      身体を見せていただいていないので、筋肉の使い方にアンバランスがあると断定は出来ませんが、間隔的に左側が弱いのかなぁと感じていらっしゃるようでしたら、身体の使い方を変えることで、改善される可能性はあります。
      ここからは自己判断せず、専門家に任せるのが良いかと思います。

      ありがとうございます!
      その他の記事でも楽しんで頂ければ嬉しいです!
      引き続き、よろしくお願いします!

  • 骨盤には強力な靭帯が多数ついてて骨盤は歪まないと言いますが、それなら関節は完全に固定されていて人間はロボットのような動きしかできないはずですよね。
    人体には伸縮性があって関節にも微小な可動域があってそれが人の多様で複雑かつスムースな動きを可能にしているのではないですか??
    何らかの原因で正常な可動域の一部が制限されているのが、俗に言うズレているという表現だと推測されます。
    「骨盤は歪まない」あああああああ笑っちゃいます。

    • hiroさん
      コメントありがとうございます!
      確かに、骨盤が完全に固定されていると、人間はロボットのような動きしかできないですね。
      骨盤も車のハンドルと同じように「あそび」があり、数ミリは動くと僕も考えています。
      ですが、これを「ズレ」と表現するかどうかがhiroさんと僕とで意見が分かれているのだと思います。
      ブログにも書かせていただきましたが、一般的に「骨盤がズレている」という表現で想像されていることは、この「あそび」を指していません。
      なので、「骨盤は歪まない」と僕は、表現させていただいています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp