トレーニングをしているパーソナルトレーナーを選べばいいってもんじゃない!

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

FacebookやTwitterでこちらの記事が多くのトレーナーさんにシェアされていました。

【トレーニングしているトレーナーを選ぼう!】

記事の内容は、テレビに出演されていたあるトレーナーが番組の中で

 

「普段からトレーニングされているんですか?」

という質問に

 

「していません、トレーニングはするものではなく、させるものです」

と答えたというのです。(本当にこんなトレーナーいるんですね。。。)

 

こういうトレーナーではなく、自分でトレーニングを実践しているトレーナーを選びましょう!

という内容の記事です。

 

この記事で伝えている内容は非常に共感したのですが、自らトレーニングをしているトレーナーを選べばいいってもんじゃありません。

なぜなら、トレーナーが自らトレーニングを行っているのは、必要条件で十分条件ではないからです。

今日は、トレーニングをしているパーソナルトレーナーを選ぶだけではトレーナー選びは不十分な理由についてお話したいと思います!

必要条件、十分条件とは?

トレーナー選びの話をする前に、冒頭でお話した

必要条件で十分条件ではない

の『必要条件』と『十分条件』についてお話させて頂きます。

 

すごく簡単に言うと

必要条件とは、『必要だけど、それだけでは不十分な条件』

一方、十分条件とは、『そう言うのに十分な条件』

 

ということです。

今回のケースで言えば、トレーナーが自らトレーニングしているのは、当然必要。

だけど、それだけで良いトレーナーとは、決められない。。。

ということで、トレーナーにとって、自らトレーニングをするのは、必要条件って事になります。

なぜ、トレーニングをしているトレーナーを選ぶだけでは不十分なのか?

必要条件と十分条件がおわかり頂いたところで、自らトレーニングしているという条件だけでトレーナーを選ぶのがなぜ、不十分なのかをお話したいと思います。

仮にそのトレーナーさんがトレーニングをしていたとしても、そのトレーニング内容があなたの身体を変えたり、あなたの問題を解決したりするのに役立たなければ、意味がありません。

 

例えば、しなやかなバレリーナーのような身体になりたいのに、ゴリマッチョになるトレーニングばかりしているトレーナーでは、そのトレーニングが、バレリーナーのようになりたいクライアントには必要条件とは言えないのです。

 

トレーニングをしているから良いというわけではありません。

そのトレーニング内容があなたの目的達成と同じ方向を向いていることが重要なのです!

また、学んだことを自らトレーニングで実践することが、学んだことを自分の中にしっかりと落とし込むためであるというのも、必要条件になると個人的には考えています。

 

今浪トレーナーも書かれているように、トレーニングを実践することで分かることはたくさんあります。

ですが、実践してわかったことを上手くクライアントに伝えられるかは、また別の能力です。

こうした伝える力もトレーナー選びの必要条件であると僕は考えています。

その他にも、自分の経験則だけでなく、しっかりと理論を学んでいるか?など条件を挙げだしたらきりがありません。

また、良いトレーナーの定義は人それぞれ違いますので、盲目的にトレーニングしているから良いとはならないのです。

必要十分条件を満たしたトレーナーを探す方法は?

ここまでお読みいただいて、

『自分にはどんなパーソナルトレーナーが合うんだろう?』

って思われた方は、多いのではないでしょうか?

 

こういうトレーナーが良いトレーナーですよ!

 

とお伝えしたいのですが、良いトレーナーは人によって違います。

トレーニング理論を細かく説明してくれるトレーナーが良いという方もいれば、

説明はほどほどで楽しくトレーニングさせてくれるトレーナーが良いという方もいるでしょう。

また、友達のようにフレンドリーなトレーナーが良いという方もいるかもしれません。

 

全てまとめると、あなたと相性が良いトレーナー=良いトレーナー

という身も蓋もない話になってしまうのですが、最終的にはこういう話になると考えています。

 

自分と相性が良いトレーナーかどうかを正確に知る方法はトレーニングを受ける以外ありません。

ですが、ブログやSNSなどで発信している情報をみるだけでも、ある程度そのトレーナーの人となりを知るだけでも、自分に合うトレーナーに出会える確立を上げることに繋がります。

まとめ

僕自身もトレーニングをしていないトレーナーは論外だと考えています。

トレーニングをしているから良いというわけではありません。

実際に学んだことを自らトレーニングで実践し、自分の中にしっかりと落とし込んでいるトレーナーさんなら、トレーニングしていること

そのトレーニング内容があなたの目的達成と同じ方向を向いていることが重要です!

 

また、人によって良いトレーナーの定義は変わります。

それを知るためには、まずは、トレーナーが発信している情報を見てください。

そして、そのトレーナーに習いたい!と思ったら、1度体験トレーニングを申し込んでみてください!

 

体験でも失敗したくない!というあなたは、LINE@にご質問ください。

あなたに合うトレーナーを探すお手伝いをさせて頂きます!

LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数

     

5 件のコメント

  • 以前から「トレーニングしないトレーナーなんて」という話題は多くあります。
    当然、トレーニングを普段からしているトレーナーの発する言葉ですが、都合の良い意見だと常々感じていました。
    では女性の身体を感覚的に熟知していない男性トレーナーが女性を指導するなんて、という考え方も出てくるのではないでしょうか。
    バレリーナはバレリーナにしか結局は教えられないことになるし、各種スポーツについてもその競技経験者それも一流になれたか方しか指導できなくなってきます。
    まず絶対的に必要なのは指導するための圧倒的な学力的な知識であって、自らのトレーニング経験なんてそんなに重要ではありません。だって安藤さんだって生理前、生理中、生理後の女性の身体の変化に応じてのトレーニングの細かい指導の変化なんて難しいでしょ。
    「やはり女性へのトレーニング指導は女性の身体を熟知している女性トレーナーからが必要条件になります!!」といわれたら世の中の男性パーソナルトレーナーはみんな困っちゃいますよね。
    私はトレーニングも日々行っているパーソナルトレーナーですが、「トレーナーのトレーニング必須理論」みたいなものは違和感を感じます。
    ちょっと私見を言ってみたくなりました。

    • 運動 好男さん
      コメントありがとうございます!

      パーソナルトレーナーをされているのですね。
      確かにこの話題は、昔からよくありますよね。

      トレーニングを普段からしているのと、女性の身体を感覚的に熟知していないことは同じでないように感じます。

      また、バレリーナや各種スポーツについても何を教えてるかで、競技経験者や一流になれたか方しか指導できない可能性はあります。
      スキルを教えるのなら、その競技に精通している方がトレーナーの方が良いですから。
      そうなると僕の介入する領域ではないので、適切なスキルコーチやトレーナーにそのクライアントをお願いします。

      僕が、パーソナルトレーニングで介入できる領域は、どんな方にも共通な基本的な筋力アップ、身体の使い方、栄養学についてだと考えています。
      これらについては、理論を学ぶとともに、自分でもしっかりと実践してからトレーニング指導に導入しています。

      指導するための圧倒的な学力的な知識が必要なことは、間違いないと思います。
      僕自身もその部分は重要だと思っているので、セミナーなどに参加してブラッシュアップしています。
      だからといって、自らのトレーニング経験なんてそんなに重要ではないというのは、少し違うかなと思います。

      例に出されている
      「生理前、生理中、生理後の女性の身体の変化に応じてのトレーニングの細かい指導の変化なんて難しいでしょ。」
      という部分ですが、僕自身そんなに難しいとは感じていないからです。

      もちろん、僕は女性ではありませんが、周りに女性の身体に詳しい女医さんや女性トレーナーがいるので、
      自分がわからない部分はその方々にアドバイスを頂ける体制を作っています。
      そもそもの話をすると、僕のクライアントには、運動 好男さんが言われているような
      「生理前、生理中、生理後の女性の身体の変化に応じてのトレーニングの細かい指導の変化」のトレーニングメニューを求めてこられないので、
      そのような必要が本当に必要なのか、疑問です。

      また、「やはり女性へのトレーニング指導は女性の身体を熟知している女性トレーナーからが必要条件になります!!」
      といわれても、世の中の男性パーソナルトレーナーはそんなに困らないと思います。
      現に言葉は違いますが、そのようなことを謳っている女性パーソナルトレーナーさんがいらっしゃいますが、
      男性パーソナルトレーナーは困っているという話を聞いたことがないので。

      運動 好男さんのパーソナルトレーニングを受けられるクライアントは、「トレーナーのトレーニング必須理論」みたいなものに違和感を感じる方々なのですね。
      それであれば、その方々には、運動 好男さんを選んで頂けるので、それはそれで良いのではないでしょうか?

      記事中にも書きましたが、僕はそう考えていますし、僕と同じようにトレーナーにトレーニングをしていることを求めている人がクライアントになってくださっています。
      そう考えない方は、僕と一緒にトレーニングをされることは無いかなと思っています。
      それこそが、トレーナーとの相性ではないでしょうか?

      最後に、同じパーソナルトレーナーとして、私見を述べられるのでしたら、ペンネームではなく本名でコメントを書かれる方が良いかなと考えています。
      僕は、自分の名前も顔も全てオープンにしていますので。
      しっかりとした意見をお持ちなのに、ペンネームにされているのがすごく残念でした。。。

  • 私の私見に対してのご丁寧な回答ありがとうございました。

    ただ、「あなたと相性が良いトレーナー=良いトレーナー」と書いていながら、
    「僕自身もトレーニングをしていないトレーナーは論外だと考えています」とも書いていることに違和感を感じています。
    TVで「「していません、トレーニングはするものではなく、させるものです」と言っていたトレーナーも顧客とは良い関係が結ばれているだろうし、そのため、プロサッカー選手にも指導されているわけなのだから、簡単に否定するのはどうかなと感じたわけです。

    様々なトレーナーがいれば指導する形も多くあるはずです。
    自らトレーニングを経験しながら、よりよいトレーニング指導を心がける方もいれば、様々な海外の研究や新しいトレーニング技術を勉強してトレーニング指導にあたっているトレーナーもいます。

    また、安藤様が某トレーナーとメルマガで言い争っているのも存じ上げています。
    自分の教える技術がすばらしいと勘違いすることによって、他者の行っていることを否定するのがその言い争いの発端だと思います。

    まあ、私の言いたいことは「簡単に他人のことや行動(今回の場合はトレーニングの指導方法)を非難しない」といったことで、もっと前向きに、みんなで仲良くこの業界を発展させましょうってことです。

    ペンネームについては様々な考え方があるので、本名は内緒でお願いします。

    • 運動 好男さん

      人は色々な感じ方がありますね。
      僕は、様々なトレーナーがいることも理解していますし、指導の形も色々とあると考えています。

      僕のスタイルはトレーニングをして指導をすると言うだけです。
      言い争いの発端はそこではないので、関係ないことをそれっぽくお話されるのは、どうかと思います。
      そう思われているなら、構いませんが、名前を出さずに推測をオープンな場でお話されるのは、控えて頂ければと思います。

      「簡単に他人のことや行動を非難」なんてしてませんよ。
      こうして運動 好男さんのコメントにもしっかりとお答えしていますし、覚悟を持って情報発信していますが。。。

      仲良く、業界発展させてましょう!と提案されるなら、自分の物差しで全て判断されて書き込まれるのは、矛盾されているような気がしますが。。。
      実名でない方に、これ以上お話してもと思うので、このあたりで止めておきます。

  • すみません。

    私の文章の書き方が間違っていたみたいです。

    「自分の教える技術がすばらしいと勘違いすることによって、他者の行っていることを否定するのがその言い争いの発端だと思います。」この文章は安藤様でなく某トレーナーを非難した意味で書かせていただきました。(web製作の件は本当のweb製作のことを知らないいいがかりだと思っています。)

    しかし、
    ・・・「していません、トレーニングはするものではなく、させるものです」
    と答えたというのです。(本当にこんなトレーナーいるんですね。。。)
    こういうトレーナーではなく、自分でトレーニングを実践しているトレーナーを選びましょう!
    という内容の記事です。

    この文章は「こういうトレーナー」とそのトレーナーを信用しているお客様にとって不愉快な文章なのではないでしょうか。

    このような書き方だと某トレーナーと同じように見られますよ。

    (匿名なのでこのコメントはアップしていただなくても結構です。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp