【食事】と【運動】どっちを頑張ったほうが良いの?

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

7月になりましたね。

ジメジメした日がまだありますが、夏が確実に近づいているなって感じています。

ジムも夏までにイイ身体になりたいと思っている方が多いのか、

この時期はかなりトレーニングをしている方が多い印象があります。

夏までに身体を何とかしたいと思っている方のために、

これまで

 

まず、何からしたらいいの?

 

トレーニングと食事の関係(ボディメイク編)

 

夏までに理想の身体にするために今すべきこと

 

の記事でお話をさせて頂きました。

 

夏までに理想の体にするために今すべきことは、

メルマガでお話したので、ブログでは詳しいことは書いていませんが。。。

 

ここまでブログやメルマガを読んで頂いて、

 

『トレーニングと食事どちらも大切なのは分かったけど、 頑張るならどっちを頑張ったほうが良いの?』

 

と思った方も少なくないのではないかと思います。

結論から言うと

 

『食事』

 

です。

 

なぜなら、トレーニングを一生懸命やったとしても、週に2〜3回が限度だと思います。

でも、食事は3食食べたとすると週に21回あるのです。

塵も積もれば。。。ではないですが、

やはり回数の多い食事を疎かにすると身体への変化が出にくくなります。

 

ただ、トレーニングと食事をどのくらいの割り合いで頑張った方が良いかは人それぞれです。

シェイプアップが目的なのか、
筋肉をつけてラインをキレイにしたいのか、
はたまた筋肉をつけてがっしりして貫禄を出したいのか、

など目的によって食事が大切なことに変わりはありませんが、多少比重が変わってきます。

 

その割合を知るためにも、まずは自分がどうなりたいのかを明確にする事が第1歩になります。

 

なりたい姿が決まったら、

いつまでに目標を達成したいか?を決めて、

食事をどう改善するか?

トレーニングをどう進めるか?

が決まっていくという流れです。

 

もし、いつまでにどうなりたいかが決まっているのなら、食事の改善に今すぐ取り掛かる事をオススメします。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

購読する

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp