結果の出る人と結果が出ない人のたった1つの差とは

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。
昨日、Facebookにこんな書き込みをしました。

遅い時間の書き込みでしたが、かなり反響を頂いて、投稿した本人が1番ビックリしています。(笑)
同業者の方、異業種の方など、様々な方にコメント頂きましたが、全員に共通しているのは、
『素直さが大切!』
ってことです。
今日は、結果の出る人と結果が出ない人のたった1つの差についてお話したいと思います!

目次

人に教えてもらうなら、真っ白になって聞く!

先日もこんな記事を書かせてもらいました。
人に教えてもらって成功をつかむために必要なたった1つのこと
この記事では、自分の体験も含めて、『素直に講師の言ったことを聞いて、言われたまま実行する』ことの重要性をお話しました。
こちらの記事でもお話したように、人に教えを請うのであれば、自分のこれまでの経験や知識は一旦脇において、真っ白になって聞くことが重要です。
つまり、素直に聞く。この1点だけなのです。

真っ白になって素直に聞くことが、なぜ重要なのか?

真っ白になって、聞くことがなぜ重要なのでしょうか?
それは、
真っ白になっていないと、自分の聞きたいことしか聞かないから
です。
人は、見たいものしか見ないし、聞きたいことしか聞かない。
という話はよく言われていますよね?
それがよく分かるのが、こちらの動画です。
こちらの動画で白いチームが何回パスをしているか数えてみてください!

何回ボールをパスしていましたか?
答えは15回です。
その回数に正解したけど、あるものを見落としていたって言う人は多いのではないでしょうか?
これは、人は、見たいものしか見ないし、聞きたいことしか聞かない。ということを証明しているんだと考えています。

全体像を知ってから、細部にこだわる!

僕はセミナーでも何でもそうですが、人に何かをお伝えするときは、まず全体像からお話をするようにしています。
僕もその傾向がありますが、日本人は細部にこだわりすぎてしまいます。
それが高度な技術を生んでいる部分はありますが、それは、あるレベルまで到達してからの話です。
基礎力がない場合は、まず全体像をしっかりと掴むことが重要です!
いま、自分が考えている方法を実行して、結果が出ていないなら、なおさらです。
結果が出ていないのは、全体像が見えていないか、見えているけど、細部にエラーがあるかです。
ただ、全体像が見えている人で、細部のエラーに気がつかない人は少ないです。
多くの場合は、全体像が見えていないのに、細部にこだわりすぎているのです。
これは、料理の下ごしらえばかり一生懸命で、それぞれを組み合わせて、お皿に盛りつけて、食べる人の事は考えていないのと同じです。
細部へのこだわりも大切ですが、まずは食べて美味しい!というのが、料理の基本だと思うのです。

ダイエットでも全く同じです!

これは、ダイエットやボディメイクでも全く同じです。
トレーナーに教えてもらうために、パーソナルトレーニングをお願いしているのなら、食生活も含めたアドバイスを全て実践してみるべきです。
そして、それを1週間実行して、全く効果を感じないなら、自分の意見を言っても良いと思います。
1回のトレーニング、1食で自分の意見を押し通しても、良い結果は生まれません。
最低1周間は言われたことを言われたまま実践してください!
そうすれば、身体の変化を実感するのはもちろん、トレーナーの言っている意味がなんとなく理解できてきますよ!
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]身体作り(ダイエット・ボディメイク・シェイプアップ)に興味ある方向け無料メルマガの登録はこちらから[/btn]
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから[/btn]
[btn class=”big”]安藤が選んだオススメ商品が並ぶネットショップはこちら[/btn]
[colwrap]
[col2]LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数[/col2]
[col2]Push7始めました!Blogの更新が届きます!

[/col2]
[/colwrap]

     
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp

     
目次
閉じる