糖質OFFのダイエットをするなら、必見の1冊です!

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。
糖質OFFのダイエットが1つの方法として定着してきていますが、意外と糖質って何かを理解している人は少なかったりします。
『とりあえず、炭水化物(お米)控えたら良いんでしょ?』と思っているなら、それは勘違いと言っていいでしょう。
低糖質食を始める人必見!炭水化物と糖質は何が違うの?
また食品の糖質を、見た目のイメージだけで判断している人も少なくありません。
①アイスクリーム(100g)
②冷やし中華(中華めん120g)
③うな重(蒲焼き160g、ご飯250g)
④スイカ(400g)
⑤ビール中ジョッキ(300ml)
⑥カレーライス(豚肩肉60g、ご飯200g)
⑦かき氷(シロップ30ml、練乳25ml)
⑧そうめん(2束:100g)
8つの食品の糖質の量が多い順位に並べてみてください。
意外と正解できる人、少ないと思います。(ちなみに僕は6番めと7番目が反対でした。。。)
答えはこちらに詳しく書かれています。
Tarzan(ターザン) 2016年 6月23日号
今回のターザンは糖質OFF特集なのですが、糖質について知るには、非常に良い内容になっています!

目次

糖質OFFにすると痩せるメカニズムが書かれています。

僕は、糖質を完全カットするのには、反対ですが、必要以上に摂取している糖質を適切な量にするのは、賛成です。
現代人が糖質を摂取しすぎているのは、このBlogで何度もお話しています。
糖質OFFのメカニズムを前にこちらの著書で紹介した山田悟さんが記事を監修されています。
[amazonjs asin=”4344983971″ locale=”JP” title=”糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)”]
山田さんが言われているロカボの考え方の要点がコンパクトにまとめられています!

食品を敵、味方、中立に分ける特集も必見です!

糖質OFFのダイエットをする際に、食品をどのように考えるかを敵・味方・中立に分けて説明していて、非常に分かりやすいです。
カロリー計算のダイエットでは嫌われる油の重要性にも書かれていて、これを読んで糖質OFFのダイエットをすれば、何も知らないで、糖質OFFダイエットをするより成功率がグッと上がると思います。

糖質が多い食材にはびっくりするかも?

3つ目の項目の「忍び糖質」には驚く方も多いかもしれません。
食事の指導をさせて頂くクライアントが『これって、そんなに糖質あるの?』と驚かれる食品が結構紹介されています。
その反対に糖質控え目の間食や夜食の食材も写真がふんだんに使われて紹介されています。
糖質OFFを始めると『何食べればいいんだ。。。』と食事ができなくなる人にもオススメです!

これ一冊で十分な内容です!

その他にも、糖質OFFの素朴な疑問に答える記事があったり、腸内フローラの記事があったりと、この一冊で糖質OFFについての事がある程度網羅できる内容になっています。
記事の中には、賛否両論ありそうなネタもありますが、まずはこの一冊を押えておけば十分だという内容です。
こちらから少しだけ、今回の特集の立ち読みができますので、ぜひご覧ください!
[amazonjs asin=”B01FWHCSYG” locale=”JP” title=”Tarzan(ターザン) 2016年 6月23日号”]
[amazonjs asin=”4344029550″ locale=”JP” title=”緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく”]
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]身体作り(ダイエット・ボディメイク・シェイプアップ)に興味ある方向け無料メルマガの登録はこちらから[/btn]
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらから[/btn]
[btn class=”big”]安藤が選んだオススメ商品が並ぶネットショップはこちら[/btn]
[colwrap]
[col2]LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数[/col2]
[col2]Push7始めました!Blogの更新が届きます!

[/col2]
[/colwrap]

     
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp

     
目次
閉じる