体に良い油オメガ3を加熱して食べたら身体に良くないです。。。

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

糖質やたんぱく質に比べて、大勢の人がまだ油に対して誤解をしている部分がある昨今ですが、そんな中でも

『オメガ3系の油は体にいい!』

というのが言われていて、「お魚を食べた方が良い!」と知っている人は多いと思います。

それ自体は間違いありませんが、

『オメガ3は体に良い!』というイメージだけで食べ物を選んでいる人も少なくありません。

そのイメージを利用した商品がこちらです。

オメガ3を意識的に摂取したほうが良いことは間違いありませんが、食べ方を間違えると良い油ではなくなってしまします。

良くない方法とは、オメガ3系の油を加熱することです。

ご紹介した写真はしっかりと加熱されています。。。(苦笑)

加熱をするとオメガ3系の油は、良い油から身体に良くない油へと変化します。

油はデリケートなので、調理方法や食べ方も気をつけないといけないのです。

今日は、体に良い油オメガ3を加熱して食べてはいけない理由をお話したいと思います!

オメガ3の油が大切な理由

油(脂質)は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸というのに分類されます。

不飽和脂肪酸は更に、オメガ3、オメガ6、オメガ9などに分類されます。

この不飽和脂肪酸の中で、身体の中で作ることが出来ない必須脂肪酸がオメガ3とオメガ6です。

オメガ3とオメガ6の中で、現代人が不足してるといわれているのは、オメガ3。

オメガ3に様々な身体に良い効果があることが分かってきていて、今オメガ3が注目されているんです。

ちなみに、オメガ9は、他の脂肪酸から体内で作ることが出来ますし、オメガ6は普段の食事をするだけで摂りすぎている場合が多いので、あえて意識して取る必要はありません。

食べ方次第でオメガ3の良さが台無しに。。。

油の基礎講座で地曳先生が言われていたのは、

『油は光と熱に弱い』

ということです。

瓶詰めされて、密閉されている油でも、日光が当たることで便の中で酸化してしまう油もあるのです。

その代表がオメガ3なのです。

オメガ3系の油は、最も酸化しやすい油なので、加熱調理には向いていません。

オメガ3系の油はドレッシングなど、冷たいまま使うことで、その効果を得ることが出来ます。

フライパンに直接ひくとか、今回のように揚げ物に使うと、自ら酸化させているようなものです。

揚げ物をする際は、酸化しにくい油(飽和脂肪酸のラードかヘッドなど)を使うほうが良いでしょう。

ちなみに、油臭いと感じる原因は、油の酸化臭が原因です。

魚を焼いたときにキッチンが魚臭くなるのは、油の酸化によるものなんです。

【質問があったので、追記】
焼魚や煮魚などは表面の油は酸化してしまうかもしれませんが、魚の中まではそんなに高温にならないので、酸化していないオメガ3系の油をしっかりと摂取することが出来るので、どんどん食べてください!

イメージで食べ物を食べないで!

これは油に限った話ではありませんが、イメージで食事をしている人が非常に多いです。

「ヘルシーなお弁当」って本当にヘルシーなの?

そのイメージを利用して商売をしている部分があります。

今回の例は、体に良さそう泣きがするけど、ものすごく身体に悪い典型的な例です。

まずは食べ物をイメージだけで食べないようにしてください。

そのためには、栄養についての知識をつけることです。

難しく考えないでください。

今、目の前にある食べ物は、

  • 身体のエネルギーになるものか?
  • 身体を作ってくれるものか?
  • 身体の調子を整えてくれるものか?

という3つに分類するのです。

これをしっているだけでもかなり食事に関しての考え方が変わると思います。

食事はイメージで食べないでください。

20代の方などは結構この傾向が強いように感じます。

前にあるタレントさんがトレーニング中に『ポテトチップスの方が軽いからおにぎり食べるより太らないと思うんですよねー』って言っているのを聞いて、驚いたことを覚えています。。。

食べ物は、その食べ物自体の重さ(質量)よりも、中の栄養成分がどうなっているかのほうが大切です!

先ほどお話した菓子パンやジャンクフード、お菓子などをやめて、和食を中心に3食食べるようにしただけで痩せる人は大勢います。

まとめ

身体に良いと言われているオメガ3系の油も加熱調理をしてしまうと、期待している効果、効能を得ることは難しいです。

身体に良いものも調理方法や食べ方で、身体に悪いものに変わってしまう可能性がある。

イメージで食事をするのではなく、栄養のことを考えて食事をすることを心がけてください。

油について、詳しく知りたい方は、2月19日(日)の油の基礎講座にぜひいらしてください!

この話の続きを地曳先生がしっかりとお話してくださるはずです。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。
これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。
パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。
メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp