ご飯(お米)の糖質を角砂糖に換算するのは、間違いです!

rice-suger-cube 2

東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

皆さんは、このような写真を見たことがありますか?

rice-suger-cube
これは、糖質を控えたほうが良いという例によく使われる

『茶碗1杯分のご飯には、角砂糖◯◯個分の糖質が入っている』

という例の写真です。

これを見るとお米を控えた方が良いなと思ってしまうのですが、ご飯(お米)の糖質を角砂糖に換算するのは間違いです!

今日は、ご飯(お米)の糖質を角砂糖に換算してはいけない理由をお話したい思います!

炭水化物と糖質と糖類の違いをおさらい

ご飯(お米)の糖質を角砂糖に換算してはいけない理由をお話する前に、炭水化物、糖質、糖類の違いを再度おさらいしたいと思います。

炭水化物:糖質+食物繊維

糖質:多糖類+糖アルコール+その他

糖類:二糖類+単糖類

このような分類になります。

ご飯(お米)の主な糖質は、『デンプン』

ご飯(お米)は、糖質と食物繊維で構成されたもので、主な糖質は、でんぷんになります。

スクリーンショット 2016-01-14 11.24.46

低糖質食を始める人必見!炭水化物と糖質は何が違うの?

2016.01.14

でんぷんの消化・吸収はこうして行われる

ご飯(お米)の主な糖質がでんぷんということを理解していただいたところで、でんぷんがどのように消化・吸収されていくかをご説明したいと思います。

でんぷんから麦芽糖へ

でんぷんは、だ液に含まれている消化酵素(アミラーゼ)によって、麦芽糖に分解されます。

だ液で麦芽糖になりきれなかったでんぷんは、十二指腸ですい液の働きによって、完全に麦芽糖になります。

麦芽糖からブドウ糖へ

麦芽糖が小腸にたどりつくと、小腸から出ている消化酵素(マルターゼ)によって、ブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖になってようやく、体に吸収できるようになります。

ブドウ糖の吸収

ブドウ糖は、小腸にある毛細血管から吸収されて肝臓に運ばれます。

ブドウ糖の一部は、肝臓でグリコーゲンに形をかえてたくわえられます。

残りは体全体に送られて、体を動かすためのエネルギーになったり、余れば脂肪になるのです。

分解されると糖類の種類が違います。

でんぷんは分解されると麦芽糖になります。

麦芽糖は以下の2つの単糖類がくっついた二糖類になります。

麦芽糖(マルトース)=ブドウ糖(グルコース)+ブドウ糖(グルコース)

一方、角砂糖は以下の2つの単糖類がくっついた二糖類になります。

砂糖・ショ糖(スクロース)=ブドウ糖(グルコース)+果糖(フルクトース)

この時点で、構成している糖類の種類が違います。

ブドウ糖と果糖では、身体の中での働きが違いますし、「ブドウ糖を摂った人に比べて、果糖を摂った人は太りやすい」というデータもあります。

1日に200kcalを『ブドウ糖と『果糖で、それぞれ余剰に摂取して10週間生活したら、果糖のグループは内臓脂肪が3倍増えた。
(Stanhope. J Clin Invest. 2009)

消化吸収の時間や血糖値の上昇も違います。

またご飯(お米)は消化吸収に時間がかかるので、血糖値の上がりは緩やかです。

一方、角砂糖は、消化吸収の時間が早く、血糖値が急上昇します。

このことからもご飯(お米)と角砂糖は単純比較出来ないのです。

ご飯(お米)を1杯食べると角砂糖〇〇個食べることは同じではないのです。

糖質だからと言って、全てをまとめて考えてはいけません!

糖質の量が同じだからと言って、ご飯(お米)と角砂糖は単純比較できないことがお分かり頂けましたか?

糖質は1gで4kcalなので、どれも同じように感じてしまいますが、細かく見ると結構違いがあります。

多量の砂糖などが入っているジュースやお菓子は、糖質を角砂糖で換算することが出来るのですが、ご飯(お米)の糖質を単純に角砂糖に換算する事は出来ないのです。

現代の食生活で炭水化物を控えめにした方が良いことは間違いありません。

それは、先ほどご紹介した多量の砂糖などが入っているジュースやお菓子など、知らず知らずのうちに大量の糖質を摂取しているからです。

ご紹介した写真を見て、ご飯(お米)が悪い!と控えて、ジュースやお菓子を食べているなら、もう一度食生活を見なおしてみてください。

お米を食べ始めるだけで、体重が落ち始める人もいると思います。

主食類をしっかりと食べて、余分な糖質はカットする事が、ダイエットでは重要ですね!

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     
rice-suger-cube 2

12 件のコメント

    • HHHさん
      コメントありがとうございます!
      ご飯でなくても、何かを食べれば、血糖値はあがります。
      ご飯だけが砂糖と同じで悪の食べ物とはいえないかなと僕は考えています。

    • 程糖質さん
      糖質を取らなければ血糖値はあがらないという説と、あがるという説は諸説ありまよね。
      ただ、食事をする際に完全に糖質をカットすることは出来ないので、
      「糖質を食べない限りは、インシュリンは分泌しません」
      とは断定できないかなと僕は考えています。

  • >多量の砂糖などが入っているジュースやお菓子は、糖質を角砂糖で換算
    >することが出来るのですが、ご飯(お米)の糖質を単純に角砂糖に換算
    >する事は出来ないのです。

    ジュースやお菓子も砂糖以外にいろいろな甘味料入ってますよね。
    なんで米だけ特別扱いなのかわからない記事ですね。

    んー、脂質とたんぱく質は血糖値あげませんよね。
    (たんぱく質は少々あげるらしいですが影響がない程度とか。
     10年程前までの知識ではたんぱく質は糖質の半分程度血糖値を上げると する常識があったらしいですね。←いまでもこれが常識だとする医師も 多数らしいですね。)

    わんだふる。

    • ososさん
      コメントありがとうございます!
      確かに、ジュースやお菓子も砂糖以外にいろいろな甘味料入ってますよね。
      そもそも、この記事は、テレビなどで放送されているお米を角砂糖で換算する内容が誤解を招くので、書きました。
      米だけを特別扱いしているわけではありません。
      その辺りがブログ記事で伝わっていないので、まだまだ僕の文章力を上げないと思いました。

      脂質とたんぱく質は血糖値あがらないという意見もありますし、上がるという意見もあります。
      この点については、僕もまだリサーチをしてる段階なので、明確におお答えするのは避けますが、
      食事をする際に完全に糖質をカットすることは出来ないので、
      「糖質を食べない限りは、インシュリンは分泌しません」
      とは断定できないかなと僕は考えています。

  • 分かりやすくて参考になります。

    でんぷんを細かく分解する(消化)ためにで、
    体が様々な酵素(消化液)を精製する。
    消化液と食べ物を攪拌するために胃腸が蠕動・伸縮運動を活性化させる。

    単糖類・二糖類に比べて、でんぷんにはこういった「手間」がかかり
    「カロリーを消費しながら吸収していく」事になるので
    砂糖とでんぷんを比べるのは間違い。

    なんて話も大学で聞きましたね。栄養学やってました。

    平滑筋の運動をカロリー消費にカウントしない人多いですよね。

    みんな健康になぁーれ( ’ω’)ノ☆

    • ぬーさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      ぬーさんの解説されているように、色々な事が身体の中では起こっているのですが、
      それは、ほとんど無視されていますからね。。。
      そういう知識をみなさんにつけていただきたいですね!
      本当にみんな健康になって欲しいですね!

  • 今まで日本人の主食はお米です
    実は糖質は主食のお米やパン、パスタをたべなくても
    日本人の好きなカボチャやサツマイモ、里芋、人参
    他に玉ねぎ、トマト、牛乳、ヨーグルトなど様々な食べ物に含まれていますよね、、、、だからごはんを食べなくても血糖値は上がります
    それにごはんを食べなくても糖質をこれだけとれるのなら
    運動量の少ない現代人にちょうどいいのでは
    糖質は余ると脂肪として蓄えられるんですよね
    現代人のメタボの原因は糖質の摂り過ぎ意外考えられません
    お米をたべなくてもいいというと農家の方が困るとか、、、
    糖尿病がなくなると製薬会社が困るとか、、、、じゃないですよね

    • ゆんゆんさん
      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      現代は、糖質をいたるところから摂取していますよね。
      糖質と聞くと炭水化物のイメージが強いので、ごはん=血糖値が上がるみたいな感じなのかもしれませんね。

      おっしゃる通りで現代は現代の食事のとり方を模索していくのが良いと僕も考えています。

      僕は、お米を控えるというよりは、それ以外の糖質(砂糖など)を控える方が良いなと思っています。
      そうですね。
      利権とかよりも、人々の健康ですよね。

  • 「全然違う、間違い」ではなく、同じ糖類なので「基本的に同じ」というほうが良いでしょう。表現を歪曲してはいけません。

    • jetさん
      コメントありがとうございます!
      記事本文ご覧になりましたか?
      ブドウ糖と果糖では身体に入ってくる過程がまったく違います。
      基本的に同じなら、ブドウ糖と果糖を分ける必要は無いのではないでしょうか?
      本文を再度読んで頂けるとうれしいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。193名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。