これからも炭水化物を抜く生活を続けますか?

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

先日、募集した2ヶ月集中食生活改善プログラムの応募者の方々の中で、半数近い方が

『以前、糖質制限とトレーニングで減量したのですが、だんだんと月日が経つにつれて元の体重に近づいてきています。』

というようなメッセージを添えて、応募してくださいました。

炭水化物を控えるダイエットがかなり浸透しているのだと改めて感じました。

それと同時に、見よう見まねで低炭水化物ダイエットをしているのではないかと心配になってしまいました。

だんだん元の体重に戻ってきているということは、落とした体重を維持する食生活が身についていないということです。

だからといって、また糖質制限をするのは、結構危険です。

なぜなら、身体は少しずつダメージを負っているからです。

ぜひ、来年は栄養のことを正しく知ってもらい、過度な炭水化物を抜く生活をするのをやめて頂ければなと思っています。

今日は、炭水化物を抜く生活を続けることについてお話したいと思います!

炭水化物(糖質)は人間に取って大切なもの!

炭水化物を食べないダイエットが定着していて、インターネット上に色々な情報が溢れているので、

炭水化物は悪者!

と思っている人も少なくないと思います。

炭水化物そのものは悪いものではなく、人間にとって大切なものです。

特に、ぶどう糖は人間にとって、必須の栄養素です。

これは、ブログでも何度もお話させていただいています。

とはいえ、何でも摂りすぎれば害が出るもので、炭水化物も例外ではなく、摂りすぎれば、身体に悪影響が出てきます。

その1つの例が肥満です。

現代人の肥満の原因は、脂質の摂りすぎというよりは、炭水化物(糖質)の摂りすぎが原因なのは、有名な話です。

特に、砂糖や液状の糖(果糖ぶどう糖液糖など)がその原因です。

こちらのブログでも書きましたが、炭水化物も様々な種類があるので、正しい知識を持って、必要な糖とあまり摂りたくない糖をしっかりと分ける必要があるのです。

ご飯(お米)の糖質を角砂糖に換算するのは、間違いです!

炭水化物(糖質)は人間に取って大切なものなので、必要な糖の過度な制限は危険です!

糖質制限するとなぜ痩せるのか?

先ほどお話したようなことは、最近色々なところで言われるようになってきて、徐々にですが、

『過度な糖質制限は危険なのでは?』

と思う人が増えてきています。

それでも糖質制限を推奨する人が多いのは、糖質制限をすると身体(特に体重)に変化が出やすいからです。

糖質制限を始めるとすぐに体重が落ちるのは、なぜ?

これは、身体の中の水分量が減ったり、ぶどう糖不足によって身体が飢餓状態になっているために、体重が落ちたり、体脂肪が落ちたりしているのです。

ぶどう糖不足が長期間続けば、身体の機能は確実に低下します。

人によっては、身体が冷えやすくなったり、内臓機能に不具合が出たりします。

ただ、こうした症状は短期的には自覚症状が出にくいので、あまりクローズアップされないのです。

あなたの身体はあなたが一生付き合っていくものです。

短期的な結果だけを求めて、糖質制限をすることで、長期的なダメージを身体に残すのはあまり良いことではないのでは?と僕は考えています。

来年も炭水化物を抜く生活を続けますか?

おそらく、今回のプログラム応募者のみなさんは、糖質制限から脱却して、ある程度自由に食事をしたいと思っているのだと、頂いたメッセージから推測しています。

僕も会社員時代は、2週間、お米もパンも麺類も野菜も食べないという過酷な糖質制限をしたことがあります。

その時の身体の機能の衰えっぷりと言ったら、相当なものでした。

それ以来色々と自分身体を実験台にして、炭水化物を適量摂っていくにはどうしたら良いかを探してきました。

そして、自分の炭水化物の適量がどのくらいで、今の身体を維持していくにはどうすればよいかが、分かってきました。

そうなるとこんなモノを食べても大丈夫です!

はい、つけ麺です。(笑)

この写真を見て、多くの人が『安藤さんもつけ麺とか食べるんですね!』というリアクションをくれました。

どうやら、僕は相当ストイックに食事をしているように見えているみたいですね。。。

僕のInstagramを見て頂くと分かりますが、食べ物の写真ばっかりです。(笑)

これだけ普段好きなモノを食べていても、ポイントを押さえていれば、身体を維持することは十分に可能なのです!

そのポイントはこちらでもお話しましたが、

ダイエットで体重を落とすために最低限守るべきたった1つのこと

口に入れたものがどんな栄養素で出来ているかを知る

ということが重要です!

「2ヶ月集中食生活改善プログラム」でも「たんぱく質講座」でもこの部分に重点を置いてお話をさせていただいています。

口に入れたものがどんな栄養素で出来ているかを知るだけで、低炭水化物ダイエットしなくても、体重を落とすことは可能です!

もし、来年は炭水化物を抜き続ける生活をやめたいのなら、ぜひ、たんぱく質講座にいらしてください!

2月3日(金)10:00〜の講座が追加になりました。

ぜひ、お申込みください。

お申込みはこちらから。

LINE@にお気軽にご質問ください!

友だち追加数

Push7始めました!Blogの更新が届きます!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp