炭水化物(糖質)を食べているから、太るわけではありません!

この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。
科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー⇒詳しいプロフィールはこちら

安藤ひろゆき


東京でパーソナルトレーナーをしている安藤ひろゆきです。

糖質制限をされて、リバウンドしてしまったという方から、最近よくご相談を頂きます。

その質問のほとんどが

 

『炭水化物(糖質)を食べると太る気がします。。。』

 

というものです。

このような質問を頂いた方の太っている原因は、炭水化物(糖質)の摂り過ぎではありません!

体重が増えているのは、食べ過ぎが原因です。。。

 

炭水化物以外のモノでも、沢山食べれば、太ります。

炭水化物を気にする前に、見るべきポイントは、

 

【食事の量】

 

です!

今日は、炭水化物(糖質)を食べているのが、太る原因ではない理由についてお話したいと思います!

はじめに改善するべきポイントは、食事の量!

『太る』ということが、体重の増加を指しているなら、まずはじめに確認し、改善すべきポイントは

【食事の量】

です!

こちらの記事でも書きましたが、見るべきポイントの優先順位は、

  1. 食事の量(どのくらい食べているのか?)
  2. 食事の質(何を食べているのか?)
  3. 食事のタイミング(いつ食べているのか?)

の順番です。
体重を落としたいなら、まずこれをチェック!

どれだけ食べているモノの質を気にしても、食べ過ぎていれば、それは全く意味がありません!

炭水化物のことを気にする前に、食べる量をチェックする必要があります。

ほとんどの人が食べすぎている。。。

今回、ご相談いただいた方々に食事の写真を送って頂いたら、ほとんどの方が食べ過ぎでした。。。

話を聞くと

『たんぱく質なら、どれだけ食べてもいいって言われていたので。。。』

という回答が。

スゴい方だと、女性で200〜300g、男性で500gもお肉を食べている方もいらっしゃいました。

その方々が100gのライスを気にしていたので、思わず

 

「気にするの、そこじゃないっす!!」

 

って突っ込んでしまいました。(笑)

これだけ食べていれば、炭水化物の量に関わらず、体重を減らすことは難しいです。。。

体重が減らないのは、低糖質ダイエッター思考が原因です!

こんな話を聞くと『そんなの無いでしょ?』って思うかもしれませんが、低糖質ダイエットをされているかたの多くが、たんぱく質はどれだけ食べても良いと盲目的に思っています。

そうなると、たんぱく質の食べ過ぎに原因があるという思考にはならないので、量のことに目が向かないのです。。。

 

確かに、たんぱく質は身体にとって、大切な栄養素です。

現代人にはもっと食べてほしいと僕も考えています。

それと同じくらい、糖質(特にぶどう糖)は大切だと考えています。

ぶどう糖は脳の栄養になるだけでなく、痩せるためにも必要ですし、身体のあらゆるものの代謝に関わっていると言っても過言ではありません。

それを過度にカットする今の低糖質ダイエットの風潮には、危機感を感じています。

 

炭水化物(糖質)のことを正しく理解して、適量を摂取すれば、太ることはありません。

むしろ痩せる人も出てくるくらいです。

炭水化物の過剰カットの危険性については、また別の機会に書きたい思います。

まとめ

低糖質ダイエットをしてから、炭水化物を食べて太るような気がするのは、気のせいです。

炭水化物を気にする前に、食事の全体量が多くないかをチェックしてみてください!

食事の全体量が多い場合は、炭水化物の量を気にしても、体重は減りません。

もし、炭水化物を食べないで、体重が落ちているとしたら、それは体水分量が減っているだけです。

体重計の数値だけにとらわれずに、健康的に痩せるために、食事の量が多くないかをまずはチェックしましょう!

糖質について詳しく知りたい方は、こちらがおすすめです!

また、LINE友だちも同時に募集しております↓
⇒ 安藤ひろゆきとLINE友達になる

LINE@にお気軽にご質問ください!
友だち追加数

     

2 件のコメント

  • 妊娠を機に、勝手に過食脳と成ってしまい、18年が経過します。一口では語り尽くせない歴史を辿り、発芽させた玄米を中心食を改めて開始し、1年程になりました。
    兎に角お米だけを過食したくなります。もう美味しくて美味しくて、胃はパンパンなのに、止めるのに必死な日々を送っています。
    肉は嫌いで、レバーを少しが関の山です。魚は安いアラを、高圧をかけて骨ごと頂けます。
    不思議なのは、標準とされるお米の量×5倍くらいは食べても、太らないのです。先日病院に行き、10年ぶりに測定をしたら、155センチの36キロでした。運動はしません。人を搬送する仕事なので、ほぼ運転です。

    お米の過食が無い日は無いのに、どうして未だに過食脳が消えないのかと悲しくはなりますが、、、未だに納得がいかないのは、“お米は食べ過ぎれば太る”と表されて居る事。

    実際に、お米だけを3合〜7合食べても食べてもこの状態なのです。ただし、味噌汁と、発芽させた雑穀米➕少量の魚アラや、納豆、豆腐くらいです。

    角砂糖に換算して居る医師が、自信たっぷりに米は悪だと言って居ました。
    でも私はそのお米だけを食べる人ですが、真逆です。ちなみに何故か勝手に筋肉質で、44歳と成りましたが、恥ずかしいくらいにムキっとしています。もう何も怖く無い歳と言われても、恥ずかしくて夏でも長袖です。

    満腹感どころか満足感が無く、食べ続けたくなる事が恐怖なので、何故こうなのかを知りたいです。

    • 小雪さん
      妊娠で体質が変わられたんですね!

      お米は美味しいので、僕も結構食べすぎてしまいます。。。
      それで太らないのは、かなりスゴいですね!

      これは可能性の話ですが、太らないのではなく、太れない体質かもしれません。
      まれにそういう体質の方がいらっしゃるので。

      お米というか糖質を食べ過ぎれば太るというのは、本当なので、それ自体を否定は出来ないと考えています。
      ただ、角砂糖に換算したりして、過度にお米に対して悪だという印象をもたせることには僕は反対ですね。

      小雪さんは体質的には特殊なケースだと思います。
      どうして、そうなったのかは分かりませんので、それを知るのは、細かな検査が必要かなと思います。

      満腹感が無いことについてですが、もう少し油(脂質)を摂られてみていかがでしょうか?
      コメントいただいた食事内容ですと、たんぱく質と炭水化物は問題ありませんが、脂質が少し少なく感じました。
      脂質を加えることで、満足感を得られるかと思います。

      一度お試しください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筋トレで理想の身体に導く肉体改造のプロ。 科学的根拠に裏付けられたトレーニング理論を論理的かつ分かりやすく説明する指導法には定評があり、多くのクライアントから指名されるパーソナルトレーナー。 これまでに手がけたクライアントは1,200名以上。196名のアスリート、俳優、女優、アーティストの肉体改造に携わる。 パーソナルトレーニング・講演活動に加え、トレーナーの育成や支援を行う傍ら、フィットネスとITデジタルやソーシャルメディアを融合させることで新しいトレーニングの形を創造している。 メディア出演,お仕事依頼 → info@lifetime-athlete.co.jp